mixiユーザー(id:25251822)

2016年02月24日08:27

144 view

小説「創神と喪神のマギウス」三田誠

フォト

あらすじ
創神。
それは、自分だけの「神」を使役する新世代の魔術。
〈管理軍〉が秘匿し、16歳を過ぎれば失われる限定の契約。
彼らが引き起こした「戦争」から生還し、18歳を迎えた破城蒼士郎はねんがんの学生生活を始めるはずだった。初めての友人・朱桐ひいろともいい雰囲気で、希望に胸を躍らせて・・・。
だが、青年を迎えたのは、思いも寄らない教師という立場と、終結したはずの「戦争」だった。〈管理軍〉に襲われた少女・七星悠香を救うため、蒼士郎は喪われた神の名を呼ぶ!

ストーリーに惹かれて。
自分だけの神を使役すると言う設定が非常に面白く、興味津々に思いながら読んでいました。
16歳限定と言うのも、非常にいい設定だと思います。
イラストも美麗で、眼福だなぁわーい(嬉しい顔)
夢憧れていた学生のはずが、教師として教壇に立たなければいけない、と言うのが味噌だと思います。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する