ホーム > mixiユーザー(id:25251822) > mixiユーザーの日記一覧 > 映画「メン・イン・ブラック」

mixiユーザー(id:25251822)

2016年01月31日13:49

164 view

映画「メン・イン・ブラック」

ストーリー
NY。刑事のジェームズ・エドワーズ(ウィル・スミス)は逃走中の犯人を追跡中、男が二枚のまぶたで瞬きをするのを目撃した。やがて彼の前に現れた黒いスーツに黒いサングラスの男、K(トミー・リー・ジョーンズ)は地球上のエイリアンを監視する機密機関の者だと名乗った。彼を伴ってKは質屋に向かい、いきなり主人のジープス(トニー・シャロウブ)の頭を銃でぶっ飛ばすが、その体は瞬く間に再生してしまう。驚くジェームズに、Kはペン型ライトを見せ、ライトが光った瞬間、ジェームズの今夜の記憶は消えていた。翌朝、ジェームズはKの残していった名刺の住所を訪れる。そこはMIB、宇宙人との接触を目的に設立された、政府の最高機密機関だった。Kとその上司Z(リップ・トーン)の説明によると、その任務はエイリアン受け入れのための移民局を運営し、地球上での彼らの行動を監視し、その存在を世間から隠すこと。地球には現在1500ものエイリアンがいるという。見ると局内には人間に混じって幾人ものエイリアンが働いていた。ジェームズは刑事を辞め、MIBに入ることを決意。彼の存在を証明するデータは全て抹消されMIBの新人エージェント、Jが誕生した。

監督バリー・ソネンフルド

エイリアンを監視するMIB。
なんだか実際にありそうな設定ですよね。
実は密かに存在しているのでは?と思わなくも。
しかも、都合のいいことに記憶を消す装置があるから、より説得力を持っていますね。
夢があるシリーズで、大好きです。
JとKのコンビも中々様になっていますし。
夢がある作品ですね。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する