mixiユーザー(id:25190442)

2020年03月24日18:21

40 view

【機動戦士ガンダム】 ガンダムファンってガキンチョだっかだよなぁ〜(笑)

カズレーザー、『ガンダム』を国民的アニメにした4つの“しくじり”を解説
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&from=diary&id=6020094



ガンダムファンなんて、みんな精神年齢が未熟なガキンチョばっか! 
(俺も含めてな!)

ガンダムはアニメにしては難しい作品です。
練り込まれた時代設定・・・・
複雑なストーリー・・・・・
作品中・ストーリーの中には紹介されていない設定が複雑に盛り込まれている。
本当に楽しむにはかなりの予備知識が必要な作品である。
只の単純な一アニメではなく、本当に難しい作品なのである。

しかし、ガンダムの予備知識を予め知っておく事で、ガンダムと言うアニメは本当に楽しめる。
言わば、しゃぶりつくす事が可能である。
いわゆる、ガンダムファンと言われる層の人間、多分、私もかなりなガンダムファンです。

で、こんな難しい作品を見ている・しゃぶりつくす人間を私も含めてですが・・・・
何故『みんな精神年齢の未熟なガキンチョ!』だと・・・・?
(俺も精神は大人になり切れない子供なんよなぁ〜!)

ガンダムの世界の肝は・・・・・・・まぁ言わば・・・・・
ニュータイプ・モビルスーツ・ビームライフル・・・・・・などなど・・・・
まぁ他にも肝の部分はあるんですけどね。

一番はやはり・・・・「かっこいい」っと言う感情が持てる事です。
ガンダムファンが良く持つ感情として・・・・『ニュータイプ』
「あぁ俺はニュータイプ」とか「俺、ちょっと他と違うかも?」とかね。
まぁ自分自身で『まぁ自分は普通人であんなのはムリ』っと一番分かってるんだけどね、
でもね『あんなんになりたい』って言う願望がやっぱ心のどこかにあるんやね。

他にもね、モビルスーツ・ビームライフル・・・とかね。
『闘い』やね。
それも、本当の戦争じゃなくね、『カッコいい闘い』
この『カッコいい闘い』がガンダムって作品にはあるんだわ。
本当の戦争だと、戦いは汚くて苦しい物だろうな、それは戦争を知らない私でも想像する事が出来る。
しかし、ガンダムの闘いは本当の戦争じゃなく空想の世界の『カッコいい闘い』
これを自分の身に置き換えて楽しむ事が出来る。

F91がビームライフルを撃つ。ベルガのビームシールドに弾かれる。
ベルガがショットランサーで応戦。F91が身をひるがえして避ける。
支援のGキャノンがマシンキャノンでベルガを攻撃。
ベルガも避ける。そして逆にベルガのヘビーマシンガンにより一撃でGキャノンは撃ち抜かれる。
勿論、このGキャノンが撃ち抜かれる場面はコマ送りのスローモーションになる。
そして、次の瞬間にはこのベルガも一緒に支援していたデナンと共に一瞬で・・・・・・
F91の放った可変速ビームライフルV.S.B.R(ヴァリアブル・スピード・ビームライフル)で
一瞬にして二機同時に撃破されるのである。
そして、この撃破の瞬間も又コマ送りのスローモーションが入る。

ガンダム作品の『カッコいい闘い』であります。

まぁガンダムは他にも色々とあるんだけどね・・・・・。

ガンダムを好きになる人間の一番最初は・・・・・・このニュータイプと、そして、モビルスーツの闘い。
このカッコよさに・・・・・アニメ・映画の作品を見るだけじゃ満足出来なくなる。
そして、作品内では紹介されていない、時代設定などの隠されたガンダムの歴史の部分を他の小説や雑誌関連で知識を仕入れて行く。
「只のガンダムって面白いなぁ〜」って人間が段々とガンダムファンに成って行く瞬間であります。

そして、ガンダム関係の色々な資料に目を通すようになる。
作品中には出てこない様々なモビルスーツ・作品設定を知る。膨大な知識を有するガンダムファンが誕生します。
(私が実際に辿ってきた道・・・・です。)(反対意見のある方、すまん)

そして、膨大なガンダムの知識を仕入れた上で又、F91なり逆シャアなりユニコーンなりを楽しむ。
当然、最初見た時とは違う楽しみ方をする。
この場面には、予め設定してある裏ルートの感情が盛り込まれているんやな!っとか・・・・
このシーンは、みんなが知らない設定があったんやな!っとか・・・・・

しかし・・・・・・・・
ガンダムの一番の楽しみは、ファンになり、予備知識を膨大に持つようになっても・・・・・
ニュータイプであり、モビルスーツの闘いであります。

まぁ、どんだけコアになろうが・・・・・
どんだけ深いファンになろうが・・・・・
究極の求めている所は・・・・・・ガキンチョが求める・・・・・『かっちょエエ!』である。



で、何故、外国にガンダムがあまり受けないか・・・・・?
(イヤ、ガンダムは外国でも結構受けてるよ、でも、他の人気アニメは日本でバカ受けしたアニメは外国でも必ず大人気になるのにガンダムは日本で受けているわりに外国では他のアニメみたいにバカうけしてない、って意味ね)

当たり前やん、ガンダムって純日本的なシナリオやん。
平成ガンダムになってからその日本的なストーリーがより強くなった。

例えば、平成ガンダムの代表作のSEEDとSEEDディスティニー。
これらは、完全に日本人にしか受け入れられないストーリーに仕上がっている。

戦場に行って・・・・「僕らは何と戦えば良かったんだ!』っとか言っている
アホか! 戦場でそんな事言っている人間はみんな死んでるぜ。
戦争を知らない俺でも想像出来る。
狂った戦場の最前線に居ると、親兄弟でも殺し合う人間も出て来る。
狂った最前線では、殺される前に殺す事でしか生き残れないと思う。
米兵が中東での捕虜や市民に対して狂った様な行いの映像が少なからず出て来る。
死体に小便っをかけている、っとか、ヘリから子供や非戦闘市民にむけての無差別虐殺とかね。
多分、それが、戦場の最前線での普通の行い・普通の戦争なんだろう、っと。

他にも、SEEDの作品中に「どこで終わらせる戦争を、相手が居なくなるまで戦ってか?」っとね。
戦争にルールなど存在しない、っとの意味を日本人にぶつけたい意図があるんだろうな、作者や作り手はね。
しかしね、戦争にも、最前線以外の後方ではルールがあるんよ。
戦争の目的は、『相手の指令・政権を打倒して、それ以降の和平』と言う明確な目的があります。

SEEDディスティニーの中では・・・・『軍産複合体を叩け』と明確な目標が設定されたけどね。
これこそが純日本的だわ。
「軍産複合体ってなんや?」「ようわからんわ」「これらの正体ってなんやねん」「軍産複合体って死の商人やろ」
「こんな戦争で金儲けしている企業や人間は排除してまえや」「戦争させて金儲けしよんが軍産複合体や、コイツラが一番の悪や」
アホか!
イヤ、ホンマ、日本人、アホか。
イヤ、作り手が日本人をアホにしているのか?

日本にも軍産複合体はあるぞ。
でも作品中で語られる様な死の商人じゃない。
軍産複合体って死の商人なんかとは全然違うぞ。

三菱・住友・川崎・こんなのは全部軍産複合体だぞ。
原発のストレステストをしているのが軍産複合体。
飛行機のタイヤをカーボンで試作しているのは軍産複合体。
GPSの精度を高めているのも軍産複合体。
今、一般の電子レンジを作ったのも軍産複合体。
日本の基幹産業を担っている企業は殆ど軍産複合体だぞ。
決して、死の商人なんかでは無いんだわ。

こんな作品を米国で大きな顔して、シネマで放映していたら、国家反逆罪や国家転覆罪で死刑になるぞ(笑)
まぁこれは冗談やけどね。

反対にこんなガンダムの作品を中東へ持って行ったら・・・・・・
中東ではね・・・・・
アメリカやイスラエルの戦闘機の爆撃に対して、中東の人達は自分の身を的にさせて、
自分の身一つで米やイスラエルの戦闘機にロケットランチャーとかで応戦している。
そんな地域の人間がガンダムを見たらどう思う?

ガンダムこそがアメリカ・イスラエルの戦闘機だと映るだろう。
そんな人達を前にして「俺はニュータイプや」だの「俺はアムロレイや」「俺はキラヤマトや」などと言ってみろ・・・・
多分、八つ裂きにされるわ。




おわり
1 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月29日 17:24
    確かに!! 半世紀過ぎても俺はがきんちょ。。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する