mixiユーザー(id:25190442)

2020年03月11日09:29

16 view

【3・11】震災を忘れてはいけない、でも忘れられる人は幸せだ

■【速報中】各地で黙禱、追悼式中止も 東日本大震災9年
(朝日新聞デジタル - 03月11日 06:08)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6004292


多くの人は『震災を忘れてはいけない』と言う。
それはきっと正しい。
今後の犠牲者を少しでも減らす為には絶対に忘れてはいけない。
そんな事は誰でも分かっているんだ、私だって。

しかし震災を忘れて暮らせる人はきっと幸せだ。




震災で亡くなった多くの方々の鎮魂を心から願います。

私の震災は1月17日の阪神大震災だ。
1月17日が近づいてくるといまだに眠れない日が続く。
思い出すと言い様の無い恐怖を感じる。
なんだか言いようのない焦りというか、何に対して焦っているのか分からないが、そう、焦っている自分が居る。

地震が起きた時、何も出来なかった。
そして祖父母の家が全部潰れていたのを見たのは憶えている。
私は泣いた、母が叫んだから。この瓦礫になった家の下に祖父母が居ると分かったから。

その後、「もうここ(祖父母の家)に来てはいけない」と言われて母にどこかに連れて行かれた。どこに行ったのか憶えていない、記憶がいまだに曖昧なままだ。
母もどこに私を連れて行ったのか憶えていなかった、母も私同様に混乱していたのだろう。
1月17日の記憶はそこで途切れている、と言うか混乱してよく思い出せない。
正確に言うと、他にも憶えている事はある、しかし記憶の時間の前後が混乱して文章にならない。

大好きだった祖父母が亡くなってから荼毘に付されるまで一切会わせて貰えなかった。
当時小学生だった私には、祖父母の遺体を見せられなかったんだろう。

祖父母の、そして同じく亡くなられた方々の鎮魂を心から願っています。

しかし、もう一方で1月17日なんか無くなってしまえと思う自分も居る。
時間は戻せないが、あの日さえ無ければ、と。


多くの人は『震災を忘れてはいけない』と言うけれど、私はもう忘れてしまいたい。


0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する