ホーム > mixiユーザー(id:2512672) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2512672)

日記一覧

読書日記「二十六人の男と一人の女」ゴーリキー 作ゴーリキー初期・中期の中編集。さすがにインテリや貴族は出てこない。農村を捨てて都市部の底辺を彷徨うしかなかった、先の見えない人生を往く人々の物語。かなりアクの強い個性的な人物を描いて、リアリズ

続きを読む

「そら」
2019年02月18日21:20

読書日記「そら」吉田知子選集3土俗的というほどでもない、ちょっと古びた地方都市の日常ではあるものの、知らないうちにズルズルとシュールレアリスムが進行していく。自分にとって吉田知子の楽しみはその辺りなのだが、この短編集を見るとかなり器用にいろ

続きを読む

「リチャード三世」
2019年02月11日20:18

読書日記「リチャード三世」シェイクスピア 作若きシェークスピアの出世作。権謀術数を労して次々と親族を殺害し、ついには国王にまで昇りつめたリチャード三世の破滅へ至る物語。15年間をひとつの舞台に凝縮し、あれよあれよという間に事態が動いてゆくおも

続きを読む

「狂気の巡礼」
2019年02月07日20:10

読書日記「狂気の巡礼」ステファン・グラビンスキ 作自分にとって怪奇を意図して書かれた怪奇小説というものは、ややもすれば単純なものとなってしまうか、無害すぎてしらけてしまう可能性がある。そこを救ってくれるのが華麗に彫琢された文体とその美意識で

続きを読む

「真昼の悪魔」
2019年02月04日12:42

読書日記「真昼の悪魔」遠藤周作 作サイコパスという存在がまだあまり知られていない時代にかかれた作品。他者への同情心をまったく持たない乾いた心の持ち主である女医。彼女がひそかに巻き起こす病院内での奇怪な事件。非情な実験台とされる患者。近づいて

続きを読む

「武蔵野」
2019年02月02日12:48

読書日記「武蔵野」国木田独歩 作再読。文庫本巻末にモーパッサンの短編を重訳した作品が掲載されているが、独歩こそ日本のモーパッサンとも呼べる作家ではなかろうか。私小説が発達する以前の、豊かな着想と人間観察によって市井のひとびとを描いて人生の悲

続きを読む