mixiユーザー(id:25116933)

2020年04月29日13:32

69 view

エッセイ集580:「移動平均による感染者数分析」

<移動平均による感染者数分析>
******************************
東京の感染確認者数の推移に一喜一憂する昨今です。

日々の感染確認者数は事実ですが、それにはPCR試験数やPCR試験に至るまでの日数が一種の「雑音」として含まれています。

この「雑音」を除去(軽減)する一番簡単な方法は感染確認者数の「移動平均」を用いることです。

「移動平均」とは、各日から一定の期間(例えば10日)遡った日からのその日までの平均値です。

下記はその移動平均による分析結果です。

<過去1か月の東京の各日の感染確認者数とその移動平均>
------------------------------------------
日付---感染確認者数---移動平均(10日間)
3/29--------68-----------31
3/30--------13-----------31
3/31--------78-----------39
4/1---------66-----------45
4/2---------97-----------53
4/3---------89-----------60
4/4---------116----------68
4/5---------143----------77
4/6---------83-----------82
4/7---------79-----------83
4/8---------144----------91
4/9---------178----------107*
4/10--------187----------118
4/11--------197----------131
4/12--------166----------138
4/13--------91-----------138
4/14--------161----------143
4/15--------126----------141
4/16--------148----------148
4/17--------201----------160
4/18--------181----------164**
4/19--------107----------157
4/20--------102----------148
4/21--------123----------141
4/22--------132----------137
4/23--------134----------142
4/24--------161----------142
4/25--------103----------139
4/26--------72-----------132
4/27--------39-----------115
4/28--------112----------109*

<移動平均による分析結果>
------------------------------------------
この過去1か月の移動平均見ると、各日の実際の感染確認者数の凸凹が解消され、
(1)4/9の107人から9日間はコンスタントに増加しています。
(2)そして4/18にピークの164人に達しています。
(3)以降の10日間はコンスタントに減少して4/28には109人となっています。
(4)さらに各日の移動平均値はて4/18を中心にきれいに対称形となっています。

<まとめ:事実と真実の違い>
------------------------------------------
科学(とりわけ論理物理学や数学)は、「事実」から「雑音」を取り除いて「真実」を探求するというアプローチを基礎に進展してきました。

上記の例は極めて単純な例ですが、移動平均を見ると、
4月9日頃に100名を超えた感染確認者数がコンスタントに増加し、4月18日にピーク(164人)に達し、それと同じペースでコンスタントに4/28には100人近くまで減少したという「真実」が浮かび上がって来るように思います。

新型コロナに関する議論が百家争鳴の中で、「正しく怖れ、正しく希望を持つ」ためには、もっと正しくかつ冷静な科学的アプローチが重要ではないでしょうか。


(おわり)
******************************

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する