ホーム > mixiユーザー(id:25109385) > mixiユーザーの日記一覧 > 『空』と『無』に就いて

mixiユーザー(id:25109385)

2009年11月21日07:05

107 view

『空』と『無』に就いて

韓徳爾(ヘンデル・1685-1759)の有名な、

『ORUGAN CONCERTO Op.4 No.6-2 Larghetto』

といふ作品で、別に

『HARP CONCERTO (ハアプ協奏曲)』

としても知られてゐます。

音源は「YAMAHA QY100」で打込みました。

映像は・

『京都/亀岡 夢コスモス園』

で撮影しました。

お聞き下さい。


亀岡夢コスモス園HANDEL HARP CONCERTO Op.4 No.6-2 Larghetto



     『空』と『無』に就いて


 いきなりですが、『空』と『無』に就いて、私見を述べたいのですが、このふたつの違ひは、『文化』と『文明』の差異を説明するよりも、簡單ではないやうに思はれます。


 『空』と『無』はどう違ふのでせうか。
 どちらも同じやうに見えますし、「広辞苑(廣辭苑)」によれば、『空』の反對(はんたい)語は『有』となつてゐましたので、これでは益々『無』の場合と同じになつてしまつて、『空』と『無』の違ひが、うまく説明出來ません。

 般若心經(岩波文庫)によりますと、

 『空』と『無』は、

 『(色性是空 空性是色) 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色』

 や、

 『無色・無明』

 のやうに、使ひ分けてをりますから、これら二つの言葉が、全く別のものである事は想像に難くありません。
 

「空あります」

 私の店の近くの駐車場に、こんな看板がありまして、

 「空(そら)あります」

 つて、私は思はず、
 
「ソラ下さい」

 と電話しさうになりました(笑)。


 これで解るやうに、駐車場の『有無』ではなく、『空(あき)』が有るか無いか、を問うてゐる事が理解出來ます。
 さうすると、『空』といふのは容器(ようき)若しくは『形式』で、『有無』が内容といふ事になる譯ですが、『空』といふのは「空氣」といふ言葉でも解るやうに、見えないから無いといふものではありません。
 何より其處には「空氣」を留めて置く可き、容器(いれもの)が有るのです。


 印度(インド)で『空』といふ概念が生まれたのと、「零」といふ數字が發明されたのは、偶然ではありません。
 「零」はその儘(まま)だと何もない事になりますが、他の數字をその前に置くと、忽(たちま)ち單位としてその機能を發揮するのです。


 『空車』とは車を駐車出來る空間がある事であり、『空室』とは人が入る可き空間がある事であります。
 『有』の反對が『無』なら、
 『空』の反對は『滿』である可きではないでせうか。
 『滿車・滿室』といふ風に…。


 處で『文化』と『文明』の違ひは何かといふと、『精神的なもの(文化)』と『物質的なもの(文明)』といふ事が言へるのではなからうかと考へるのですが…。

解析魔 kentaurosでした。




0 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年11月21日 07:43
    私見ですと、「空」とは間の“有る”状態のこと、「無」とは間すら“無い”、即ち存在そのものが“無い”状態のこと。「空」ですが、時“間”、世“間”、人“間”と、何かと何かの關係を結ぶ眼には見えないですが確かに有るといふことがございますからね。近い考へかと感じます。
    「文化」とは、人の精神活動が生み出したもの、「文明」とは、さうした、人の精神活動から生み出された文化が、高度に發展したものだと考へてゐます。どちらも人の顕在意識(精神活動)が生み出した“かたち”であることには違ひはないと考へてをりまして、文化が折り合つて發展して文明になるのではないか、と。
    浅い思慮ですみません。

    少なくとも、かうして、正假名遣ひの方とコミュニケイションがとれるとは、誠に愉しいものであることは、私には眞實のやうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年11月21日 07:56
    歴史的假名遣で文書の遣り取りが出來るなんて、全くその通りです。
    私は「正字」と「字音假名遣」もと心がけてをりますが、日々、勉強だと思つてゐます。
    「正字」の場合、環境依存文字も使用したいのですが、「文字化け」を懸念して利用してゐません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年11月21日 08:01
    なるほど、さうでした。私も、慥かに「正字」を遣へてゐるとはいへません。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する