ホーム > mixiユーザー(id:25088175) > mixiユーザーの日記一覧 > ちはやふる3

mixiユーザー(id:25088175)

2019年10月22日12:25

60 view

ちはやふる3

今日は、即位礼正殿の儀が執り行われます。伝統的な装束、調度品、古式に則った儀式等を通じて、長い宮廷の歴史を垣間見ることができるでしょう。

さて、
本日深夜より、百人一首の競技かるたを題材としたアニメ「ちはやふる3」が、順次放送、配信されます。

日テレ公式サイト
https://www.ntv.co.jp/chihayafuru/
フォト

百人一首は、藤原定家が選んだ歌集で、天皇の他、宮廷人の作品が多く選ばれ、いにしえの優美で繊細な情景、心情が描かれます。

アニメ1期「ちはやふる」は、2011〜2012年、2期「ちはやふる2」は、2013年に放送されました。今回、待望の3期「ちはやふる3」がスタートします。
原作漫画の作者は、末次由紀。某事情で2005年から2007年にかけて漫画家活動を停止していた後の、連載作品としては復帰第1作目なので、末次自身の熱い思いが感じられる、非常に評価が高い作品となっています。

舞台は、東京都府中市、滋賀県の近江神宮等、実在の場所が、かなり忠実に描かれています。

1期は、高校に入学した綾瀬千早が、幼なじみの真島太一と出会い、かるた部を創設し、部員を集め、競技かるた団体戦の東京地区予選に出場して優勝し、全国大会へ進みます。
2期は、2年生に進級し、新入部員が2人入部し、東京地区予選で優勝は逃したものの、出場枠が増えたため、再び全国大会に進み、ついには決勝戦まで上り詰めます。
その他、1期1話途中から4話冒頭までは、小学校の時のエピソード、その後、各種個人戦や、昇級をかけて仲間どうしが戦うシーンなど、見どころ満載です。

1期「ちはやふる」
フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

2期「ちはやふる2」
フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

少女漫画の範疇でありながら、熱いストーリーが次々と展開し、見応え十分の誰もが楽しめる作品に仕上がっていると思います。
3期の内容は定かではありませんが、かなり期待できそうです。
興味がある方は、ぜひ!


(GYAO!では、1期、2期共、10月28日まで全話見られます)
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00592/v12010/v1000000000000002509/
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00592/v12055/v1000000000000001189/

(参考;「ちはやふる」のラッピング電車を見に行った時のmixi日記です)
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1926558555&owner_id=25088175
1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 21:54
    ちはやぶるは面白そうですね。実写では広瀬すずが主演を勤めていましたよね。東京都府中市と滋賀県って、実のところ私とすごく縁があるんですよ。私は府中市の隣に住んでいますし、滋賀県は今は亡き祖父と祖母の実家があったのです。リンクの過去の日記の内容も非常に興味深いものでしたので、コメントのあとじっくり読ませていただきます。昼間に一度目を通していて、リアルな写真にひきつけられました。

     関係ない話になりますけれど、アニメは期間限定公開なんですね。もちろんリンクを見てみますが、速見再生が出来るとありがたいです。私はアニメだと1,6倍速で見る習慣があるのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 22:27
    > mixiユーザー 
    百人一首は、ある程度知っているので「ちはやふる」が気になっていましたが、2013年に2期が放送される前に1期の再放送があり、試しに見たら面白くてハマってしまいました!
    実写版は、「上の句」「下の句」の2本を劇場で見ましたが、アニメを見慣れているためか、今一つという感じがしました。
    アニメの中では、府中市の片町文化センターや分倍河原駅などが、バッチリ出てきます。その他、調べてはいませんが、府中市の町並みなどが出てきていると思います。また、滋賀県の近江神宮では、近江勧学館の内部まで、しっかり描かれています。滋賀県は魅力あるスポットが多いですねぴかぴか(新しい)
    3期が始まるのに向けてなのか、1期、2期は、この間まで少しずつ配信されていましたが、ここへきて、再度一気に配信されました。話数が多いので、もう少し期間が長かったらよかったのですが・・・

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する