ホーム > mixiユーザー(id:25040919) > mixiユーザーの日記一覧 > 谷津干潟 見えたのは人だった

mixiユーザー(id:25040919)

2014年12月14日15:31

22 view

谷津干潟 見えたのは人だった

 久しぶりに訪れた谷津干潟、きっと渡り鳥たちが群れているのだろうと、
 でも最初に目に入ったのは人間だった!!!

イメージ 1

 干潟の底に繁茂したアオサを除去しているのだろう。
 今日は特に寒いので大変な作業だと思う。
 でも、こういう手入れをしないと干潟の機能が失われていってしまうし、夏場の臭い対策にもなるし、
 よって、鳥の姿は見渡す限りナシ!

イメージ 2

干潟東端に来て、やっと幾羽かのカモを発見、ただこの程度の数なら年中いるので、冬の谷津干潟らしさは見られない。


 そこで、今日は少し足を延ばして村上春樹もよく訪れたというカフェ”螢明舎”に行って見ることに、
         (”螢明舎”については後日のブログで)


”螢明舎”を出て、すぐ近くのパティシエ・ヨコヤマのお店を探しに行ったが、店の外まで行列が出来ていたのでパス!
 再び谷津干潟一周コースに戻る。

 今度は西端から戻るコースだ。

イメージ 3

 居た居た、コチラに避難していたようだ。水辺の葦のところで日向ぼっこしたり、水面に集ったりと、結構な数になる。

ひっそりと目立たないように集まっている一団も、

 干潟の水は冬のせいで底まで見えるほど澄み切っていた。
 干潟の周回コースは散歩やランニングをする人も多く賑わってはいるものの、弱い日差しと冷たい北風は海水の冷たさを一層際立たせていた。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する