mixiユーザー(id:24997260)

2018年07月29日07:42

58 view

村上春樹「高くて、固い壁があり、それにぶつかって壊れる卵があるとしたら、私は常に卵側に立つ」

■ウーマン村本、剛力彩芽に皮肉の明石家さんま、岡村隆史らに「だせぇな」と批判
(しらべぇ - 07月24日 12:41)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=202&from=diary&id=5213617

壁とは権力、卵は民衆弱者を指す。これを村上はイスラエルで講演したのだからハザールマフィアの影響下にあるノーベル文学賞を逃したわけだ。しかし彼は正しい選択だったと思う。


1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する