mixiユーザー(id:249949)

2020年06月18日12:20

9 view

6月15日 「ターミネーター4」見る

この日は久しぶりに、家で映画を見ました。
妹の子供が話題にしていた映画だったので、気になって、もう一回、見てしまいました。
ターミネーターと言えば、ヒットコンテンツなので、この映画もシリーズは合計6本、作られたのですが。
驚くことに、前作2本が興行的に成功しただけで、残りの4本はアメリカ国内だけでは興行的に失敗するという珍しいヒットコンテンツです。
ターミネーター好きなら、誰もが「2」が傑作と言うのですが。
「3」は悪くは無かったのですが、製作費が映画史上最高額に達してしまい、アメリカだけでは回収できない事態に。
「4」を今回、久しぶりに見て、ハリウッド映画として楽しめるのですが。これから新たな新3部作とする予定だったのが、同じく製作費を掛けすぎて回収できず、制作会社は倒産する事態に。
「5・新起動/ジェニシス」も世界的には売れても、アメリカではヒットしませんで、また新3部作の予定は破綻。
「6・ニューフェイト」は、アメリカでも世界でもヒットせず、また再び3部作の予定だったのが、続編の予定すら経たないぐらいに破綻。
世界的に有名なシリーズの割には、実は興行的には決して成功とは言えない、珍しいコンテンツです。
確かに何回か見ると物語の辻褄が合ってないことに気付くのですが。
「4」では、スカイネットは未来を知っていて、ジョン・コナーやカイル・リースがやがて危険人物になる、という事は知っていることになってますが。その割にはスカイネットは作戦ミスしていることが不自然です。
「1」と「2」が成功したのは、ジェームズ・キャメロン監督が、いかに才能があったのか、ということなのかもしれませんね。
ハリウッド映画が見たい、という人にはお勧めかもです。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年06月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930