ホーム > mixiユーザー(id:24934926) > mixiユーザーの日記一覧 > グッド・シェパード

mixiユーザー(id:24934926)

2019年12月08日08:21

30 view

グッド・シェパード

■デモのグレタさん「権力者はついてこなければならない」
(朝日新聞デジタル - 12月07日 11:20)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5893082

一人暮らしをしていた頃
「暇で仕方がない」というときに 近隣のシネコン(?)にふらりと足を運ぶことがありました。

「グッド・シェパード」という映画をそこで観た記憶があります。

CIAだかなんだか 諜報機関がらみの話だったような気がしています。

ストーリーは全く覚えていないのですが 鮮明に覚えているのは準・ヒロインが飛行機から突き落とされるシーン。

この女性は主人公の男性と交際していたものの、ストーリーの進行とともに主人公&主人公の雇い主にとって都合の悪い存在になった…もしかしたら「知ってはいけないことを知ってしまった」くらいのことはしていたのかも知れません。

主人公の男性に促されて飛行機(ジャンボジェットではない)の乗客となったけれども、とある地点にさしかかったときに この飛行機に「見ず知らずの客」として同乗していた諜報機関の「職員」に突然抱えられ(或いは押し出され、だったかも)、機外に「たたき落とされ」てしまいました。

閑話休題
グレタさんの行く末をなんとなく想像しています。

ボートなりヨットなりで「毒を吐くために」「会場に向かっている」さなか、同乗している「協力者」が突如海の中に飛び込む(グレタさんをたたき落とすわけではない)。
「協力者」は伴走乃至後続の「文明の利器」に乗り移り、グレタさんだけを残したボート乃至ヨットは支援者のないまま海を彷徨い…大自然の驚異(天候であるのか海の生き物であるのかはしったこっちゃない)に翻弄されて「巨大な海の生き物のエサ」…

綺麗な言葉で締めくくれませんが「そんな感じの終わり方」をするのではないかと ぼんやり思っています。

支援者に「飽きられる」前に本業に戻った方が良いと思いますけれどもね。
1 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月08日 16:23
    泥船にひとり残された…みたいな?!。最後は、船首でひとりタイタニックごっこ\(^o^)/
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月08日 16:37
    > mixiユーザー 

    この少女はアプローチを間違えましたね。
    気持ちは分かりますが誰に頼まれたわけでもないのに学業を放棄して「(悪い意味での)プロ」の大人に喧嘩を売っている。
    「もと・フットボールのクォーターバック」や「ジョージと云う名の気骨のある若者」に擬態した諜報員や特殊部隊員が突如ボート乃至ヨットから大海に飛び込み「不慮の事故死」を装って彼女の「協力者」としての任務から離脱。
    置き土産に船底に弾丸の一つでも打ち込んでおけば あとはサメやシャチにおまかせでしょう。

    数日後には大国の政治家が涙滂沱の表情で「弔意」を述べて幕…

    映画「ジャンヌ・ダルク」を想起しました(動画サイトでのダイジェストしか見ていませんが)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月08日 16:45
    > mixiユーザー ふふふふふ(^-^)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する