mixiユーザー(id:24934926)

2018年01月29日12:44

85 view

「扉などというものは、開けたいと思う者がいれば、いずれ開かれるものです」(クエント人代表の言葉)

■ドラム式洗濯機の事故どう防ぐ? 男児閉じ込められ死亡
(朝日新聞デジタル - 01月28日 21:34)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4962755

こういうのはきりがない。
「あれもだめ、これもだめ」
命を守るためなら ときには「だめだめ」もありでしょうね。

私が幼稚園児だったころ、我が家では冷蔵庫のフリーザーに液体を入れて凍らせ、試食するという遊びが流行っていました。

カルピス
ファンタグレープあたりまではよかったのですが

私が「プリンの抜き型」に水とママレモン(当時流通していた食器用洗剤)の溶液を入れて凍らせ…

幸い、母に発見され、半殺しの目に遭い、未遂に終わりましたので現在も生きています。

さて 本件で取り上げられている洗濯機の件ですが、対策などいくら施しても子供はトラップをかいくぐって遊んでしまうでしょう。

「扉などというものは、開けたいと思う者がいれば、いずれ開かれるものです」

親御さんが各々のメソッドで、子供を諭していくしかないでしょうね。
それが講じてDVになろうと、それはそれで別のテーマとして論じるしかないでしょう。



2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する