mixiユーザー(id:24934926)

2015年07月02日19:16

521 view

寄り道!脇道!回り道!しかしそれらもすべて道!

■結果より中身が重要!?アニメファンが選ぶ「もっとも印象に残るアニメキャラによる名勝負」TOP20!
(キャラペディア - 07月02日 15:30)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=208&from=diary&id=3496308

あまり毒舌的なことばかり書いてバッドエナジーが発生するとまずいのですが、相変わらずですね。
「孫悟空 VS フリーザ/ベジータ」とか、男性20位とはいえ「ケンシロウ VS ラオウ」とか…

勿論見応えのあるバトルもあるのでしょうが、私の世代(北斗をリアルタイムで読んだ上でなお)では
「ケン高岡 VS タイガー・ザ・グレイト」
「タイガーマスク VS タイガー・ザ・グレイト」
を挙げます。

後者は好く語り継がれていると思います。この戦いに比べたら、その戦いの重さ、凄惨さの両面で「北斗属性」の格闘は児戯に等しい。
マスクを剥がされた伊達直人、タイガーの正体を知り愕然とする健太少年、直人兄ちゃんの悲劇を目の当たりにして泣き崩れるルリコ姉ちゃん…

悪人の誹りを受ける覚悟で(嵐虎之助・談)最後の邪悪を葬るための反則技の洪水…

アニメ史上まれにみる凄惨且つ悲しい戦いだったと思います。

前者はその前哨戦ともいえる「公開処刑」。直人の懐刀、ケン高岡に加えた反則マッチ…とくに「お前の目を潰してやるっ!」と宣言し、ロープにケンの瞼を押し付けて縦横に走り回る姿は文字通り「手に汗握る」というか「足裏にも汗をかく」恐ろしいファイトでした。

三つ目に挙げたのは
「キュアビューティ VS ジョーカー」

フォト


「プリキュアの頭脳」である青木れいか。留学を取るかプリキュアを取るかで揺れる心に付け入ったジョーカー。
意外と気づかれていませんが、れいかはジョーカーに襲われた時「弓道着→制服」に服装が変わっています。
今のように「うるさい声」を気にしないご時世ならば、きっとれいかは一糸纏わぬ姿でジョーカーと対峙するような描写をされていたでしょう。
それほどにジョーカーの「精神攻撃」は見事でした。

しかしながらジョーカーの「過度の挑発行為」が返って仇となり、キュアビューティ無双状態を呼び込んでしまった。
少々おとぼけ成分も含んでいたれいか嬢の無双っぷりは凡百の「名勝負」が霞んで見えてしまう程でした。

以上三件、ランキングなど歯牙にかける必要はない。私のベストバウトです。

フォト





0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する