mixiユーザー(id:2463327)

2021年07月11日14:54

23 view

宇宙のランデヴー2

A.C.クラーク、ジェントリー・リー

正統的なものも再読してみようということで手にとった。2017年に太陽系に接近したオウムアムアは恒星間天体とされているが、宇宙人が送り出した説も唱えられた。だがクラークのこの作品は話題に上がらなかったと記憶している。世間はクラークを忘れてしまったか。むしろ私も忘れていた、内容を覚えていない。だから割と新鮮な気分で読めた。文庫の出版は94年で、この辺りから仕事が忙しくてSF読書どころではなくなったのだ。"ランデヴー3"は買ってもいない。ラーマ人はなんでも三つ組にするんじゃなかったのかと"ランデヴー4"も読んでいない。

登場人物が多いのでとっつきにくいし、ジェントリー・リーの趣味とされるシェイクスピアからの引用が多く、教養を持ち合わせていない私にはさっぱり判らないのだが、最初のラーマ出現の影響を受けた未来世界の構築が具体的で、これが共作の妙なのかと思わされる。ラーマの内部環境、ラーマ内の住人はもちろん、ラーマは神の遣いなのか、ラーマ人にもキリストはいるのかという宗教観、陰謀による乗組員の駆け引き、日本人隊員の内面描写、などなど要素が盛り沢山。フォーマットが自由な小説ならではで、これはいいものだ。

続編はkindleで買えるだろう、と思ったら売ってない。クラークは忘れられてしまったか。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年07月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の日記

もっと見る