mixiユーザー(id:2463327)

日記一覧

薔薇の荘園
2021年07月25日08:49

トマス ・バーネット・スワンずいぶん前に古本で入手したもの。あまりにもガーリーなファンタジーで、これがなんでSF文庫なのかわからずついていけなかったものだ(それは出版された昭和52年にはまだFT文庫が存在しなかったからということを今回知った)。表紙

続きを読む

スターシップと俳句
2021年07月18日14:31

ソムトウ・スチャリトクルたしか馬鹿馬鹿しいSFだったよなと記憶している。再読してその印象は間違っていなかったのだけど、深みが見えてきた。外交官の父を持ったため日本にも'74,75年に滞在したそうだが、それにしては俳句、禅、日本の捕鯨、自殺の美化、日

続きを読む

宇宙のランデヴー2
2021年07月11日14:54

A.C.クラーク、ジェントリー・リー正統的なものも再読してみようということで手にとった。2017年に太陽系に接近したオウムアムアは恒星間天体とされているが、宇宙人が送り出した説も唱えられた。だがクラークのこの作品は話題に上がらなかったと記憶している

続きを読む

アインシュタイン交点
2021年07月04日09:23

サミュエル・R・ディレイニー'67年発表、ネビュラ賞作品。ニュー・ウェイブSFとされるもとても理解できたとは思えない。ストーリーは追えるがその含意を理解できない。訳者の伊藤典夫氏があとがきで言うには物語の多義性。理解するには伊藤氏並みの英文学の素

続きを読む

異邦人
2021年06月27日08:52

カミュいわゆる不条理文学。第一部は母の死に始まり主人公が人を殺してしまうまで。第二部は逮捕から収監、裁判と処刑の前日まで。主人公の主観の形態で描かれる。第一部では主人公は思考が浅く行動の一貫性がない人物として描かれる。不条理文学というよりも

続きを読む

進化した猿たち
2021年06月20日09:17

星新一悪徳なんかこわくないを読んでいる間に文字通り本棚から降ってきたので、矢野徹が星新一を呼んだのかと久しぶりに再読することにした。本書は星氏の趣味であるアメリカの一コマ漫画の収集、分類を雑誌連載したもので短編集ではない。連載開始は昭和40年

続きを読む

悪徳なんかこわくない
2021年06月13日09:12

R.A.ハインラインハインラインをわずかしか読んでこなかった。「夏への扉」はともかく「宇宙の戦士」を持っていない(借りて読んだ)。[愛に時間を]は読んだ気がする。「異星の客」は読んでもいない。手元にあるのは本作と夏への扉、矢野徹訳でない「未知の地平

続きを読む

ボヘミアンラプソディ
2021年06月06日18:45

2018年 米地上波で短縮版を見た。なるほどねえ。フレディ・マーキュリーのブレブレな生き方と苦悩、エイズ感染の告白があるからこそ最後のライブ・エイドの歌が染みる、そういうように作られている。しかもフレディはパフォーマーとしては稀代の人で、演じる

続きを読む

サカサマのパテマ
2021年05月30日18:34

2013年 吉浦康裕地上に暮らす現代人の少年と、重力のみ逆方向に働くサカサマ人の少女が出会う。サカサマ人とはかつて行われた重力をエネルギーに変える研究の失敗のため地底で暮らすことを余儀なくされた人々だった。キャラクター、背景とも絵柄は普通、シナ

続きを読む

凶獣リヴァイアサン
2021年05月23日07:37

ジェイムズ・バイロン・ハギンズ目についたので再読。内容は生物兵器とすべくコモドオオトカゲを遺伝子操作したら火を吐く怪獣になって制御できなくなりましたというB級怪獣アクション映画。03年に読んだときはなんでこんなものわざわざ翻訳したんだろと疑問

続きを読む

神々は繋がれてはいない
2021年05月16日08:57

ケン・リュウ文庫版短編集の6巻め。表題作の三部作はシンギュラリティに移行する前後の世界。こんなemoji文学は見たことがない。このイマジネーションはテッド・チャンやグレッグ・イーガンに並ぶのではないかと思わせる。前巻と代わって著者のプログラマーの

続きを読む

生まれ変わり
2021年05月09日08:51

ケン・リュウ文庫版短編集の5巻め。読後感はこれまでと同じだが飽きたということはない。この味はいいものだ。ケン・リュウはハードSFでない。剣と魔法もサイエンスも新しい視座を提供するわけでもない。ちょっとしたアイディア、ユーモアとペーソス、西洋と

続きを読む

夜の大海の中で
2021年05月02日09:38

グレゴリー・ベンフォードベンフォードを読めと言われたのでハヤカワと創元のHPで探したらすべて絶版のよう。wikiにある著作リストを眺めていたら見た覚えのある表題がある、それが本書。ずいぶん前に古本屋から引き取ってきたものだ。内容の記憶はないので読

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。