mixiユーザー(id:2463327)

日記一覧

マロナの幻想的な物語り
2022年05月15日09:56

2019年 ルーマニア/フランス/ベルギークルマに跳ねられた犬の死ぬ間際の回想。手書き2Dのキャラクターが水彩画風3Dの背景のなかを動き回る、芸術性の高いアニメーション。お話としてはヒトの都合に振り回される仔犬マロナのストーリーなのだが、監督は何がし

続きを読む

火星へ
2022年05月01日16:03

メアリ・ロビネット・コワル先の[宇宙(そら)へ]の続編、歴史改変から離れていく。その地球には住めなくなるので移民しなければならない。月面に恒久的な基地はできたが規模はまだ小さい。そこで火星へとなる。だが1960年代の技術なので冷凍睡眠は存在しない。

続きを読む

赤い惑星への航海
2022年04月24日14:04

テリー・ビッスン前回取り上げたコワル[宇宙(そら)へ]の続編が[火星へ]であることを知ったので、それを入手する間にひとつ火星SFを読んでおこうと選んだのがこれ。NASAも米国海軍が大手資本に買収されたような近未来世界で、B級映画プロデューサーが人類初の

続きを読む

宇宙(そら)へ
2022年04月10日15:30

メアリ・ロビネット・コワルamazon氏がわたしに薦めてくれたのが本書。ベタすぎるタイトルだが良作なのだろうヒューゴー、ネビュラ、ローカスのトリプルクラウン。それでも聞いたことのない作家だしなーとためらっていた。ところで先日クオカードという商品券

続きを読む

ダロウェイ夫人
2022年04月03日13:50

ヴァージニア・ウルフ誰かの何かの評論で作家名と作品名を同時に知ったのだとは思うが、確かなことはわからない。本書は98年にこの作品を原作とする映画が公開されており、それにあわせる形で新訳されたもの。その映画は見ていないし、関係ないが「ヴァージニ

続きを読む

通いの軍隊
2022年03月27日10:49

筒井康隆「おれに関する噂」のついでにその文庫本を読んでいた。スワンウィック[大潮の道]に比べて筒井はわかりやすいが毒気も多い。一度に読むにはしんどいから一編づつ。読み進めて思い出した。映画[となり町戦争]を見たときに、なんだかこんな話読んだこと

続きを読む

大潮の道
2022年03月20日10:17

マイクル・スワンウィック大きなサイクルの大年に一度、極間の氷が溶けて大陸のほとんどが水没する惑星。テクノロジーの暴走によってすでに地球は滅びており、星間政府はテクノロジーの無制限な伝播を禁じている。そんな水没寸前の惑星に禁止テクノロジーが持

続きを読む

トゥルーマン・ショー
2022年03月13日15:24

98年 米一人の男トゥルーマンを主人公にした24時間生放送のリアリティ・ドラマ。それが虚構だと気付いていないのは主人公トゥルーマンただひとり。だがある日、小さな疑いが芽生え、最終的にトゥルーマンは自分の世界であるハリウッドに作られた巨大ドーム内

続きを読む

魔女見習いをさがして
2022年03月06日16:19

2020年[おジャ魔女どれみ]シリーズ20周年記念の劇場版アニメ。そのアニメを見て育った現実世界の大人の女性らの物語で、TVアニメの主人公どれみ達がほとんど現れない。アニメゆかりの地で偶然出会った3人が、聖地巡礼しながら衝突したり心情を吐き出したり、

続きを読む

銀河の間隙より
2022年02月20日15:11

ランドル・ギャレット40年も前に出版された文庫。帯にハヤカワ文庫創刊10周年で1000点突破とある。半世紀以上もむかしにSFマガジンで伊藤典夫が褒めていたそうだ。再読した。ムカデ型宇宙人を迎え撃つ改造人間。その改造人間は実は一卵性双生児で、弟は放射線

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。