mixiユーザー(id:24597580)

2021年08月04日00:31

30 view

力こそ全て

■発端は些細な事「水風船遊び」 小学校6年生の「クラスLINE」で、ある女児が集中攻撃を受けて傷つくまで
(まいどなニュース - 08月03日 17:30)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=262&from=diary&id=6616104
イジメた側は、幼稚園じゃイジメられた側だったのだ。
だから、小学校でイジメをしている自覚すらない、報復なのだから加熱する。

そして中学校に上がれば、小学校ではイジメられた側はイジメる側になる。
イジメる自覚も無く、正義の制裁のつもり、だからイジメとまで発展する。

ちょっと自慢っぽくなるが、圧倒的な腕力があったからこそ、
その立場から、そんなバカげた報復の連鎖を冷ややかに見ていた。

小学校など、ボール遊びと走る速さがヒーローの条件。
クラスの最底辺で、喧嘩なら誰にも負けないと鬱々としていた。
だからこそ、クラスの「外側」から、一般人を冷ややかに見ていた。

イジメをする連中も、される連中も、それを批判する連中も!!!みんな同族。

世は弱肉強食、ドヤ顔で「死刑」を言う連中も、イジメのする側かされる側。

小学生なら、人の尊厳は腕力!!
少なくとも、中学生までは、それが真実。

社会に出ては、知力と権力。
そう思います、実体験と事実があるので、揺ぎ無く思います。

真実とか愛とか、どうでもいい。
ひたすらに、力こそすべて。
そういうのが嫌いとか、許せないとか、虫けらの鳴き声のように無価値。

尊厳が欲しければ、知力!権力!財力!!
屁理屈も泣き言も蹴り倒し、人の尊厳とは知力と権力と財力。

それが嫌ならば、己の知力か権力か財力の及ぶ範囲で、自己満足をするしか無い。

小6だろうが、大人だろうが、それしか無い。

それが良いとか思ってはいない、しかしそれで世界は出来てしまっている。

ならば、どんな理由があれ、どんな事情があり、どんな信条であろうとも。。。




年老いた母の前に札束2つを置き、インプラントをしてあげた。
世話になった母は、今日も好きなものを笑顔で食っている。

力こそ全て、真偽はドブに捨てて、力こそが全て、それこそ人の尊厳だと思う。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する