ホーム > mixiユーザー(id:24575266) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:24575266)

日記一覧

歪み通信
2020年04月05日00:15

自分の歪みを感じながら、日々を送っている。しかし・・・・・・「上には上がいる」と言うのは合わないかも知れないが、もっとダイナミックに、思いっきり歪んだ人を、現実に生々しく目の前にすると、その歪みの歴史及びその歴史の中で巻き込まれて来たであろ

続きを読む

一杯のモリ
2020年04月04日23:53

例えば真っ黄色みたいな、あっけらかんとした、鮮やかな明るさに惹かれたりもする。自分には無い・・・・・・という感じもして、だからこそ、魅力をおぼえたりする。背中を押してくれる、強制「明ルクナル・システム」ミタイナ。デ、イッぽうで、暗い心地良さ

続きを読む

あの喫茶
2020年04月03日00:03

自他の感情に疲れ、それを宥めようと思考や言葉を使う事にも疲れると、一人「無感情、無思考、沈黙」のゾーンに入りたくなる。そんな時、あの喫茶は良かった。特に平日の午後などに過ごせたりすると、最高だった。陽光が眩しい位に卓上を照らす窓際で微睡む。

続きを読む

波の生き物
2020年03月27日00:27

家族であっても、所詮他人。血は繋がっていても、別の人間。そして夫婦も恋人も友人も、仕事仲間も、勿論他人。生まれてから死ぬまで、他人同士の中を行きて行く。そんな中、何の気も遣わないで、あるがままで安らぎ意気投合出来る関係があったなら、それは奇

続きを読む

チータと獅子
2020年03月22日13:51

旧車を2台、某所ディーラー、もとい、文教堂ホビーで購入した。前回日記https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1975059897&owner_id=24575266ランボルギーニチータ。1977年頃に開発された、ミッドシップのオフローダー。クライスラーV8を載せて軍用に開発された

続きを読む

タロウからレオへ
2020年03月16日01:53

昭和ウルトラの話。ふと何故か、タロウの最終回の事がアタマに浮かんだ。いつもの主題歌で始まる。がしかし、レギュラーメンバーに希望を打ち砕く試練が。そして登場するバルキー星人は次作の主人公レオそのものとして採用されなかった、ボツデザインの流用で

続きを読む

浮有隣堂
2020年03月12日01:45

帰り道、次のバスの時刻までの空白潰しに、地下街の有隣堂に寄る。いつもはまず「心理」の前に行くのだが、今夜は「歴史・時代小説」の前に立っていた。書棚に並ぶ、装丁の美しいハードカバーたち。厚み、匂い、そして重さが心地良い。「つまりは、この重さな

続きを読む

ごみやしき
2020年03月07日23:54

循環の中人は生まれた時代を流れて 死んで行く時代の中どう抗っても流れて やがて死んでしまう消えてしまう流れの中その流れを少しでも止めたいという思いからダムの様に積み重ねる思い出だの執着だの宿る ごみの山でも ごみはごみ主もごみも流れてやっぱ

続きを読む

どっちつかず
2020年03月07日23:39

どっちつかずはあっちについたり こっちについたり・・・のフリして日々をやり過ごしている惜しいのは何処かで見た画風のまじっている点だけども自身の画力やセンスに無駄な才能の煌めきを感じる事もある画力を磨く道を歩けば良かったのかナでも もしそうだ

続きを読む

海辺の信長
2020年03月04日00:00

若き光秀立つ、夜明けの海辺。薄明かり、煙る水平線。海の向こうから、一艘の小舟。その揺れる上に立つ、若者の人影。ぼんやりと見えて来る、顔。その顔はぼんやりとして、何処か得体が知れない。まだ誰も知らない。のちの信長という男に、これから成る若者・

続きを読む

老人とコンテンツ
2020年03月01日16:29

老人は思い出す。少年の頃の横浜駅西口、相鉄ムービルと言う映画館。車道を挟んだ正面には三越の獅子がいて、並びには今で言う、オープンカフェみたいな感じでマクドナルドがあった。三越帰りのファミリーも、マックシェイクやチーズバーガーで過ごす時間のリ

続きを読む

老人の部屋
2020年02月26日01:07

一人暮らしの老人の部屋。季節外れの団扇が、部屋の一等地に転がっている。商店街か何処かで貰ったのだろうか。老人の知らないタレントが印刷されていて、埃をかぶっている。インスタントコーヒーをいれて、夜のテレビでニュースを眺めても、老人の分からない

続きを読む

叙情的雨夜
2020年02月17日00:28

『ジョジョ・ラビット』が近所のシネコンでもうすぐ上映期間終了、との事だったので、ほぼ一日中横たわっていたカラダを「笑点」眺めながら起こし、クルマ流して観に行った。何と言うか状態的に、映画のネタもネタなので、先週の『ジョーカー』観た時みたいに

続きを読む

nantoka yatte ikitai
2020年02月16日00:15

深夜1時近くの暗い部屋で1人、同い年から届いたメールに返信を打つ。「なんとか、やっていきたいですね」文字を打ち込みながら、この人は私にとって、数少ない友人だったのだなと気付く。若い頃の記憶を共有し、その記憶の先である、現在の闇も共有し合える。

続きを読む

奥歯噛みしめ
2020年02月13日21:49

最近、奥歯2カ所の詰め物が続けて取れて、馴染みの歯医者へ2度行った。1カ所の詰め物は何年か前にその歯医者に詰めて貰った物だったが、もう1カ所、後から取れた詰め物は、10代の頃に住んでいた街の歯科で詰めて貰って以来、長持ちしていた物だった。馴染みの

続きを読む