ホーム > mixiユーザー(id:24566070) > mixiユーザーの日記一覧 > 驚異のオーセンティック・ボイス!

mixiユーザー(id:24566070)

2019年09月27日23:30

4245 view

驚異のオーセンティック・ボイス!

ある女性が、こう言ったのですよ。

「私はいつも、人を怒らせてしまいます。何気なく言った言葉でも、相手のために言った言葉でも、いつも裏目に出て、相手を怒らせてしまうのです。
私は、相手を不快にさせてしまうに違いないです。人に接するのが怖いです」

「なるほど、あなたは超能力者なのだよ」

「えっ?」

「ウルフ・メシングという男がいてね。彼は、強い思念を相手に伝える能力があったというのですな。
たとえば、キップなしで汽車に乗った時、ただの紙切れを車掌に渡して、キップと思い込ませることができたというのだ。
スターリン政権時に、銀行の出納係に、ただの紙切れを小切手と思い込ませて、大金を引き出させたという、有名な実験記録があるよ」

「そんなこと、できるんですか?」

「うむ、ヒトラーの宣伝担当だったゲッペルスという男は、非常に良い声をしてたらしいのですよ。彼がラジオでヒトラーを称えたら、国民は熱狂したというのだ。ある研究者によれば、ゲッペルスの声紋とジョン・レノンの声紋は、同じだったらしい。
人の心に影響を与える声というのがあるのだ!
そしてやはり、ヒトラーの演説も、人に影響を与えたのだよ!」

「ええっ!では、私の声も相手に影響を与えてるんですか?」

「うむ、もはやそれは、超能力というべき現象なのだ。名優ジャック・ニコルソンは、レストランのメニューを朗読しただけで、レストランの客全員を感動させたらしい!
オーセンティック・ボイスとも呼ばれているらしいのだがね。
君にも、その力はあるのだ!」

「ええっ!じゃあ、どうしたらいいんですか?」

「使い方次第ですな!
ウルフ・メシングやゲッペルス、ヒトラーは、人の心に影響を与える力を持っていたのだよ。
最近の例では、ベストセラー作家の青いターミネーターが、人を癒すオーセンティック・ボイスを持っているという都市伝説がある」

「青いターミネーターが、オーセンティック・ボイスですか!」

「うむ、多胡 肇さんも、オーセンティック・ボイスの持ち主だ!」

「それ、誰ですか?」

「知らないのかねっ!多胡 肇さんは、ラジオ体操の体操指導者だ!彼のオーセンティック・ボイスは、日本の朝を引っ張るのだよ!多胡 肇さんが昨夜、どんなに飲み過ぎていたとしても、どんなに体調が良くなくても、朝は必ず元気一杯だっ!」

「オーセンティック・ボイス。ぜひ知りたいです!」

「ふむ、オーセンティック・ボイスを獲得するさまざまなテクニックがあるのだよ。
そのひとつは、詩の朗読。
そしてもうひとつは、怪談だ!」

「か、怪談ですか!」

「そう!『快』を語るためには、対極にある『怪』も語る必要があるのだ!
怪談は、強烈に人の心に影響を与えるテクニックなのだよ。内容が怖くなくても、オーセンティック・ボイスによってめちゃくちゃ怖くなるのだ!
まずは、稲川ボイスをマスターするのだっ!」

ちょっと、微妙なオーセンティック・ボイスマスターたちです。(  ̄▽ ̄)






98 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月28日 00:35
    ある女性さんの怒らせてしまうパターン僕、よくあります。怪談をすればいいのですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月28日 07:41
    自分の声が他者に影響を与えるという認識が、重要なのだよ(  ̄▽ ̄)

    『怪』を伝えることができるなら、『快』も伝えることができるのだ!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月28日 11:20
    あの…私自身も、まるで彼女の様です…もはや存在自体が浮くというのか…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月30日 19:06
    声がいいねーとよく言われるのですが、オーセンティック・ボイスだったらいいなと笑思いました

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する