mixiユーザー(id:24484217)

2021年09月23日22:17

36 view

(9月23日)出演レビュー:ペトリューシカと巨人

MM21響に出演し、ミューザ川崎でペトリューシカ(1911年版)と「巨人(花の章付き)」を弾いた。ペトリューシカは何か所か物凄くリズムが難しい箇所があり、とても難儀した。5連符が出て来るとどうしても「い、け、ぶ、く、ろ!」と口ずさむのだが、時折「水道橋」になりそうになった。本番だけ出来た処も多々あった。課題を残った訳だが来春に別オケで1947年版をやるので、その備えには十分なったと思う。ようやくこれでストラビンスキーの三大バレエ曲をコンプリート!心地良い疲労感に浸った。

「巨人」は通常の2楽章の前に「花の章」を差し込んだが、この方が、曲に起伏が出来て良い様に思った。金管楽器の出番増にもなるしね。マイmixi:takeさんのCbーsoloはお見事!美音が空間に漂っておりました。聴衆も市松模様でなかったので拍手に厚みがあって感激しした。拍手はアマオケ奏者にとっては森林浴でのマイナスイオンに相当すると思うからだ。

そうそう、、pultの相方の楽器に何故かシンパシーを感じて作者をたずねた所、アレッサンドロ・メンタ氏の楽器と判明。何と私の楽器の製作者の愛弟子ではないか!生まれ替われたら楽器商にでもなるかなぁ。
1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月23日 22:41
    今日はお疲れ様でした。お互い夜も練習とは!!ようやく家で打ち上がってます!大いに褒めて頂き嬉しいです。メロディを弾き慣れてないのが、こういう所で出てしまうと思いましたよ。一人で受ける拍手が一番オロオロしてました(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月24日 07:43
    ふふふ。照れて可愛かったですよ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する