ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2399973)

日記一覧

先週末、出前講座のあとはすぐ近くの「まいどおおきに針中野食堂」に流れた。いまどこの街角にもある一膳飯屋風のチェーン系定食屋。もちろんかってこんなお店はなく、たしかここは婦人用品店だったか。とにかく空腹だった我々はいきなり定食をオーダーした。

続きを読む

最強馬、天まで駆ける
2019年07月30日16:15

ディープインパクト死す!頸椎に骨折みつかり安楽死https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=5727981競馬に興味のないひとでも、この馬の名前は知っているはず。歴代名馬の知名度でいえばオグリキャップ、ハイセイコーの次ぐらいかな。享

続きを読む

夏巡業に来ております。ほぼ地元にもかかわらず、はびきのコロセアムは初めて。けっこう不便な場所だと思ってたらきょうは河内松原の駅からシャトルバスが出ると。そしてバスを待つ行列はすべて若い女性。朝も早かったし、近辺の女子大か工場にでも向かうバス

続きを読む

いまでもまだ信じられないのでしつこくまた書くけど、このトシになってふたたび自分が生まれ育った場所にもどってくることになるとは。いまではすっかりきれいに舗装されている「本のお店スタントン」前の小径も、かってはホコリっぽい砂利道、そこはキャッチ

続きを読む

入団会見のときにメジャー時代のニックネームを聞かれた彼は「セクシータイム」と答えていた。なんのことやらサッパリわからず、ひょっとしたら通訳ミス、これぞ"ロスト・イン・トランスレーション”かななんて思っていた。でもきのうの試合での彼を見ると、

続きを読む

2年前の傑作「淵に立つ」の監督・深田晃司と主演女優・筒井真理子がふたたびタッグ。不条理な現実に巻き込まれ、平穏な日常が崩壊する善良な市民。訪問看護師としての信頼厚い市子(筒井真理子)は訪問先である大石家の長女・基子(市川実日子)からも慕われ

続きを読む

天神祭の夜は…
2019年07月25日17:30

大阪のひとって「天神祭のころの暑さ」という表現をけっこう使う。夏以外の季節に、夏の暑さを想像して口にすることが多い。京都のひとだったら「祇園祭のころ」かも。ことしはぐずついた低温の日が続き、いつもの夏とは違うなあと思っていたけど、きのうしっ

続きを読む

…といっても吉野家の鰻重・一枚盛、税込850円。ことしの土用の丑の日はまさに土曜日、この週末27日。ボジョレー・ヌーヴォ―みたいにこの日から新物の鰻が解禁されるってわけでもないだろうし、混みあう丑の日にいただくというのも何だかせわしない。ようや

続きを読む

「君の名は。」新海誠監督最新作。異常気象が続く時代に翻弄される少年少女。家出少年16歳高校生帆高は、都会の片隅で陽菜という18歳の少女に出会う。彼女には祈ることによって雨空を一気に晴天にできるという超能力が備わっていた。陽菜の弟・凪を加え、3人

続きを読む

ことしの夏もパッピンス
2019年07月22日18:45

国民の半分以上が投票しなかった参院選の結果も、ただただ歯切れが悪いだけだった吉本興業社長の記者会見も、阪神新外国人ソラーテの入団会見も、すべて気にはなるけどこのムシムシには勝てない。ことしの夏はさほど高温でないぶん、湿度がいつになく高いよう

続きを読む

綱が締めた尾張の終わり
2019年07月21日18:00

鶴竜7場所ぶり6回目の優勝。横綱同士の対決で賜杯のゆくえがきまるという、なんだかひさびさそして本来こうあるべき展開で名古屋場所も千秋楽。今場所は十五日間がそっくり選挙期間中と重なったり、世間ではいろいろ大きな事件が多かったから、ふだんの場所ほ

続きを読む

個性派俳優ポール・ダノ初監督作品。1960年代初め、米モンタナ州に暮らす親子3人の物語。職を失ったあげく家を出た父親(ジェイク・ギレンホール)、彼の不在のあいだ浮気に走る母親(キャリー・マリガン)、そして家族の崩壊に心が揺れる14歳の息子ジョー。

続きを読む

ロバート・ゼメキス監督最新作。暴行を受けた末に昏睡状態となり後遺症に苦しむ日々、社会からはひきこもったまま架空世界"マーウェン”で1/6フィギュアの写真撮影にはげむ男。やがてはその写真は世間の注目を集めることになり、ニューヨークで個展が開かれる

続きを読む

ノンアルにも夏は来る
2019年07月18日17:30

ふつうのビールにくらべると、ノンアルコールビールの種類はそれほど多くない。そして前にも書いたとおり、ノンアル市場の定着とともに、各社各種それぞれの味がだんだん似かよってきたのはあまり面白くない。まあどんな商品でもそんなもの、それって商品開発

続きを読む

奈良・桜井は懐かしの味
2019年07月17日16:45

吉本新喜劇を観たのは奈良・桜井市民会館。クルマでやってくるイトコたちとは現地集合、なのでその前に桜井の町をちょっとだけぶらぶら。とりあえずは昼食、ここまで来たらもう少し足を延ばして本場の三輪そうめんといきたかったけど、そこまでの時間はなし。

続きを読む

117場所目、不惑の決断
2019年07月16日15:30

ご本人にとっては不本意な話かもしれないけど、このひとの相撲っぷりは幕内上位にいたときより、十両に落ちてからのほうがずっと面白かった。勝ったときには「ふん、こんなところで若造相手にやってられるかい!」と言いたげ、ややふてくされ気味に勝ち名乗り

続きを読む

奈良在住のイトコとその娘さんふたり(中2&小4)を誘って、というか一昨年秋の母入院以来、看護士をしている彼(母の実妹の長男)とその一家にはいろいろお世話になったのでお礼がわり。本当なら娘さんの好きなBTSかTWICEのライブを一緒に体験したかったけどチケ

続きを読む

昼すぎから降り続く雨、これは中止もアリかなと思いしばらく難波で様子見、結局5時すぎに甲子園へ。三塁側アルプススタンドに腰かけ、最初のうちは降りしきる雨にずっと耐えていたけど、やがては雨ガッパに袖をとおすことに。それでもはいていたチノパンは次

続きを読む

ロバート・レッドフォード俳優引退作品。彼が最後に演じるのは1980年代初頭に実在した銀行強盗フォレスト・タッカー。銃を手にしても放つことはなく暴力もいっさいなし、微笑みを浮かべながら大金を手にする紳士的な強盗という、いかにも彼のフィナーレにふさ

続きを読む

【東住吉 ● 1-3 堺東】ことしはずっと涼しい日々が続き、なかなか本格的な夏がやって来ないと思っているうち、彼らの夏はひと足先に終わってしまった。接戦むなしく初戦敗退、相手の堺東高校はほとんど大阪狭山市寄り、ウチの父親宅からもけっこう近い

続きを読む

愛されるより 愛したい
2019年07月11日16:00

「どのジャニーズタレントが好きだったかでトシが判ってしまう…」、これは今回の訃報にさいしてあちこちから聞こえてきたフレーズ、この事務所がいかに途切れることなく男性アイドルを輩出してきたかを物語る言いまわし。たしかにいままでいろんな世代の女性

続きを読む

大阪出身5人組。名前だけはあちこちで目にしつつも肝心の音には未だふれたことなし。ただずっと気にはなっていた存在。今回ラッキーにも招待券をいただき、まずはYouTubeでちょっとだけ予習。思っていたよりずっとメロディアスでポップ。その見てくれ、とりわ

続きを読む

そして誰もが優勝候補
2019年07月09日17:45

御嶽海・貴景勝・玉鷲・朝乃山…この1年になんと4人が初優勝。ただ、こんな現象はまったく初めてというわけでもなく、千代の富士や貴乃花の晩年をはじめ過去にも何度か、つまりふたたび時代の節目がやってきたということ。ただ今回にかぎっては、残りの2場所

続きを読む

世界遺産はお隣さん
2019年07月08日16:45

私が卒業した府立高校の学区は、近鉄南大阪線沿線すなわち南河内。必然的に友人は松原・藤井寺・羽曳野・富田林といった町の住民が多い。そう、当時の友人たちの住まいは、まさに古市古墳群と同じように南河内各地に点在していた。なので彼らにとって古墳の存

続きを読む

ライトスタンド点描
2019年07月07日15:00

きのうの座席周辺はいつもよりずっと穏やかだった。毎回ちょっと騒ぎすぎでいささか閉口気味となる連中が不在だったから。そのぶんなぜかカップルがやたらと多く、とりわけすぐ目の前に座るふたり、その女性のほうは目鼻立ちのはっきりした清楚な美人、ただ船

続きを読む

雑誌「文學界」8月号掲載の新作短編2作。ふだんは文芸雑誌などスルーしているけど、両編そろって魅惑的なタイトルを放っていたので思わず立ち読み、というか最近の大型書店はたいがい快適な空間を用意してくれるので前者34ページ、後者17ページをササッと座り

続きを読む

一風変わった西部劇であるということは、過去の名作もふくめふだんその手の作品をほとんど観ないこちらでもよくわかった。ドンパチあってもアクションなし、この変化球ぶりはフランス人監督(ジャック・オーディアール)がゆえの成せる技か。原題「The Sisters

続きを読む

ことしのアカデミー賞で主演女優・助演男優・脚色の3部門にノミネートされるも、残念ながら日本では劇場公開なし、デジタル配信を経たあとこのたびDVDリリース。セレブの手紙を偽造した女流作家リー・イスラエル2008年の自伝を映画化、ということはまたまた実

続きを読む

◎タピオカを味わっているとき、たまにストローの直径より大きな球体に出くわすのだが、みなさんどうやって対処されておられるのだろうか。気持ちよく吸い込んでいるとふいに"プチ呼吸困難”のような状況に陥り、よく見るとストローの向こう口では大タピオカ

続きを読む

よもやまさかの原点回帰
2019年07月02日15:00

「ポップス出前寄席」が「出前講座」と名前を変えてこのたびリニューアル、今月の27日土曜日に第1回開講とのこと。従来の出前寄席が持っていた賑わいはそのまま残しながら、MC上柴とおる師匠が長らく講師をされていた「NHK講座」の匂いをちょろっとブレンドし

続きを読む