ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2399973)

日記一覧

この春、京阪枚方市駅前にオープンしたT-SITE。店内をウロウロするぶんにはとても面白く、何時間でも過ごせると思う。ただ梅田ルクア「蔦屋書店」と同じく、どこまで小売店としてうまくいくのかと。ウロウロするだけで結局何も買わないのではということ。ただ

続きを読む

あれから4年
2016年05月30日10:50

入院・手術とドタバタしたあの日からきょうでちょうど4年。ちょっとカッコよく言えば、このごろは夏の空気を感じるようになるとあの病棟での日々を思いだすようになってきた。気温はGWのころからすっかり夏のものになっているけど、そこへムシムシとした湿っ

続きを読む

よっぽどのことがないかぎり売り切れなんてことはないけれど、この週末のタワレコ店頭発売で買っておくと手数料がかからないと教えていただいたので、さっそくあべのHoopへ行ってきた。カード払いにするつもりだったけど、現金しかダメとのこと。今月はビルボ

続きを読む

主演ティム・ロスが演じたのは終末期の患者をケアする看護師デヴィッド。彼は終始伏し目がちで暗い表情ばかり浮かべている寡黙な男。患者相手にジョークを飛ばすこともあるけれど、そのとき口も目も笑っていない。もちろん仕事が仕事だけにそうならざるをえな

続きを読む

今回のマイケル・ムーアはアポなし突撃取材にあらず。ひとことで言えばヨーロッパ諸国ルポルタージュ。伊仏独その他、ヨーロッパ各国がもつ素晴らしい社会制度に光を当てることによって、アメリカ社会の未熟さを浮き彫りにするという趣向。我々がふだん“欧米

続きを読む

サミットの余波話は続く
2016年05月26日15:30

あれは京都からの帰りだったから先週の土曜日のこと。京阪特急内で飲みほした空きペットボトルを終点の淀屋橋駅で捨てようとしたら、いつもの場所にゴミ箱が見当たらない。そこで自動販売機備え付けの空きカン入れに捨てようと探したら、いつもはパックリと開

続きを読む

「あべのハルカス近鉄本店」はサミット期間のあすとあさって、テロ警戒のため臨時休業だとか。開催の地、伊勢志摩とは100キロ以上離れているけど、会場である志摩観光ホテルは近鉄グループのため、あべのハルカスは“テロのターゲットになりえる大規模施設”

続きを読む

15年前に1度獲っただけの文学賞にすがり、探偵事務所で適当に働きながら作家の夢を捨てきれないダメダメ男。元・妻は息子とともに去ってしまい、唯一頼りにできる相手は団地に住む母親だけ。主役にイケメン阿部寛を起用したのは、もしいかにもなダメ男俳優だ

続きを読む

きのうの甲子園観戦はご招待にあずかって1塁側アイビーシート。ファーストベースやや後方前から20列目あたり。あたりまえながら、ふだんライトスタンドからながめている光景とはまったくの別モン、やっぱり視界が広いというか余裕があるというか、5月のさわや

続きを読む

京都の伝統的な服飾文化を世界へ発信、初夏の古都を彩るファッションショー「ファッションカンタータ from KYOTO」に行ってきました。あるところから招待券をいただき、というかすべて応募抽選での3000名招待、2時間おき4回のショーの最終回。場内は9割がたさ

続きを読む

えらく殴られたこの男、柳楽優弥くんの現在形。誰も知らなかったあの14歳からひと回り、いまや26歳の立派な青年と言いたいところだけど、今回の役柄は路上でいきなり見知らぬ人間にケンカを仕掛けていくチンピラ野郎。愛媛・松山を舞台にした若者たちの青春群

続きを読む

「東住吉 三駅物語 バル」、友人のkurobeさんが駒川商店街近くのパン屋さんで歌うというから、かっての地元民としてはぜひともお邪魔しないと。そこは「ブーランジェリー ムッシュ シゲ」という清潔感あふれた立派なお店。けっしていいとはいえない立地にこん

続きを読む

鳩が啼くとき
2016年05月19日15:00

あれからほぼ一か月。偶然のできごとにきまっているので、フンと鼻で笑ってくれてもぜんぜんかまわない話。あの二日ほど前のこと、自宅マンションのベランダの手すりに、急に二羽の鳩がやってきてクークーと啼きはじめた。いままでこんなこと一度もなかったの

続きを読む

もはやいまさら感というか、食傷気味みたいな感じさえあるイベント“街バル”だけど、この週末に遅ればせながらようやく自分が生まれ育った東住吉区内各所で開催、冷やかし気味ながらちょっとだけのぞいておこうかなと。実は参加店舗のひとつで友人がミニ・ラ

続きを読む

まだ映像は見てないけど、なにやらすごい相撲を取ったらしい。きまり手は6年ぶりに出た「腰投げ」だったと。これで新十両ながら8勝2敗、ここまでやるとは。初日あたりの相撲を見てたら、ああやっぱり相撲そのものがグッと厳しくなる十両ではちょっと家賃が高

続きを読む

2012年のこと、織田作之助が戦中に書いたとされる脚本が中之島図書館で発見されたという。そこでそのセリフを一字一句変えることなく山本一郎監督により映画化。しかもスクリーンサイズはスタンダード(4:3)そして全編モノクロ。メインキャストは京都の「劇

続きを読む

熊本地震から1か月、大阪都構想住民投票からほぼ1年。どちらも忘れてはならない大切なことだけど、それらとはまったく関係なくきょう5月15日はこのおふたりの誕生日。しかも同じ1948年生まれときた。どのくらいのひとがこの奇遇にニヤリとするのだろう。こう

続きを読む

ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の新作は1950年代のハリウッドが舞台。超大作映画「ヘイル、シーザー!」撮影中に主演男優ベアード(ジョージ・クルーニー)が何者かに誘拐され、撮影スタジオは大混乱。“何でも屋”のエディ(ジョシュ・ブローリン)が解決

続きを読む

大阪狭山にある両親宅の門扉に、バックしてきたトラックがハンドルを切りそこねて激突した。なんでも早朝のこと、そのとき両親はまだグーグー寝ていて、そこそこの衝撃音にも、あわてて外に出てきたご近所のかたが知らせてくれるまでぜんぜん気がつかなかった

続きを読む

超豪華オールスターキャスト。やっぱり東宝映画はこれでなくては。かって時代劇で怪獣パニック映画で政界もので、何度となく胸をときめかせてきたこれこそが東宝いちばんのアドバンテージ。今回もじっくり堪能しました。たった1週間しかなかった昭和64年、そ

続きを読む

「あすの12時にネットで重大発表があります!」終盤あたりで鈴木慶一氏は思わせぶりなことを言った。まあだいたい見当はついたけど。今回は“はちみつぱい結成45周年記念ライブ”。このところのライダーズがらみイベントはほぼ大阪スルーだったから、まさかす

続きを読む

その瞬間はバックスクリーン裏「CoCo Park」で「江越のジェラートマンゴーミルクかき氷」と格闘していた。ここのメニューも超変革していて、昨年までのお気に入り「上本の抹茶アイス」はすがたを消し、かき氷系メニューは急造っぽかったが、高山のいちご味と

続きを読む

なんとアルバム収録6曲すべてをプレイ。しかも曲順そのまま。もう大満足。生まれてはじめて小遣いを貯めて買ったLPレコード、おそらく生涯の一枚にも選ぶだろう作品が目の前でそっくりそのまま再現される、こんな僥倖に恵まれる人間ってどのくらいいるだろう

続きを読む

過去・現在・未来、3つの時代をまたぐ母と子の物語。意外な楽曲が流れそのままエンドロールへとなだれこむラストシーンには、思わずジャ・ジャンクー上手い!と唸らされてしまった。さすがは現代中国を描かせたら第一人者たる監督。そして彼の作品のミューズ

続きを読む

「私の歌はどちらかといえばHappyよりUnhappyなものが多いのですが、きょうここにいらっしゃったみなさんはもう十分に人生経験を積んでおられるかたばかりと思うので、私の歌でみなさんそれぞれの思い出に浸っていただければうれしく思います」…ライブが始ま

続きを読む

ことしはGyoza Weekです
2016年05月05日16:20

このGWはなぜかぎょうざを食する機会がいつになく多く、しかも王将や551蓬莱のそれではなくけっこうバリエーションに富んでいたりしたから面白い。実はきょうのお昼ごはんも、いま昭和町界隈で話題の飲茶のお店「S201」に両親を連れていくつもりだったけど、

続きを読む

嫁ハンがきのう、ライブスポットのひとつJKカフェでプレイしてたからあえてそれをさけて…とうわけでなく、きょうになったのは同行連中のあいだとの総意みたいなもの。まあ個人的にはきのうのプログラムのほうが興味深かったんだけど、きょうは天気のほうも回

続きを読む

私が選んだ5頭のサラブレッド。入線(ゴール)順に3着・4着・6着・8着・9着。全部で18頭立て、なかなかいいところいってるとは思うけど、これは1着と2着を当てる馬券、やっぱり負けは負けなのであります。優勝したキタサンブラックはともかく、2着に13番人気

続きを読む

18世紀・江戸中期の画僧。つまり僧侶であって画家。鶴亭というのは画号、wikipediaでは海眼浄光という僧名のほうが項目になっている。このポスターだけを見ていると、けっこうポップな感覚の画風に思えるし、展覧会HPをのぞいても色彩感覚にあふれた作品ばか

続きを読む