ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2399973)

日記一覧

◎今年初めての“甲子園”での“阪神戦”。阪神の試合は京セラドームで2回観てるし、甲子園では大学野球を観たので。結果はご存知のとおり、ライトスタンドは終始殺気立っておりました。特に3度の好機に凡退した新井にたいするバッシングはすさまじく、ある意

続きを読む

日曜日は男の涙に涙
2012年05月28日12:00

「帝塚山音楽祭」へはムリすれば自宅から歩いていけるんだけども、このところ出ずっぱりでちょっと疲れ気味、きのうばかりは自宅でゴロゴロしていようと。あとからつぶやきなどでわかったことだけど、出る側も観る側もけっこう知り合いが帝塚山には駆けつけて

続きを読む

今回のウディ・アレンはタイムトリップもの。パリにやってきたアメリカ人の売れない小説家が夜毎に1920年代のパリへ時間旅行。するとそこにはいるわいるわ、フィッツジェラルド夫妻、ヘミングウェイ、コール・ポーター、ピカソやダリやルイス・ブニュエルまで

続きを読む

「吉本百年物語」を観てまいりました。場所はもちろん新装なったばかりのなんばグランド花月。吉本興業百年の歩みを月替わり、12回に渡ってキャストを代えつつたどっていくという壮大な試み、第2回5月公演は「キミとボクから始まった」と題して、エンタツ・ア

続きを読む

梅田の阪神百貨店B1のスナックパークはおカネと時間がないときには有意義な場所、私もちょくちょくお世話になっている。先日のこと、税込291円のカレーライスをかきこみながら、ふとラーメンカウンターに目をやると、そこには「15時〜17時のみの限定メニュー 

続きを読む

【今月のカフェ 3店】
2012年05月24日13:00

◎カフェソラーレ Tsumugi (JR大阪駅ルクア5F)モンシュシュの堂島ロールがいただけるというのがウリの“和”カフェ。駅ビル商業施設内のお店だからある程度しかたないんだけど、ひとりあたりの空間が少なすぎ。つまり隣りのテーブルが近すぎてお互いの会

続きを読む

おそらく阪神タイガースのみなさんは、さっさと試合を切り上げて、京セラドームに大集合した我々のために飲み会の時間を確保してくれたのに違いない。そうでないとあんなにあっさり無抵抗のままゲームセットになるものか。試合終了午後8時28分、まだ宵の口。J

続きを読む

結局のところ洗濯機はシャープの全自動6kgをほぼ35000円にてヤマダ電機で購入。支払やら配達の手配やら、一連の手続きをお客様カウンターで済ませやおら立ち上がったところ、いつのまにか真後ろに若いニーチャンがニコニコしながら立っていた。彼はEO光のセー

続きを読む

力士たちよ、空気を読め
2012年05月21日10:30

毎年書いているような気がするけれど、きのう5月の第3日曜はあくまで個人的レベルながらスポーツ観戦の特異日。つまり年に一度しかない、プロ野球と大相撲と競馬のG1レースがそろってある日。別名テレビにかじりつく日ですね。まあ最近はプロ野球のシーズン開

続きを読む

天王寺・あべの界隈をブラブラ歩くツアー、2月にひきつづいてリベンジ的要素も含みつつ2度目の開催でした。前回とほぼ同じ行程だったにもかかわらず再びご参加いただいたかたに加えて、未知の世界を味わうべく北摂・阪神間にお住まいのみなさんが今回参加、私

続きを読む

全編ハワイが舞台。青い海や色とりどりの花、緑濃く美しい山並み、ゆっくりとした時の流れ、のんびりとしたハワイアン音楽。しかしそこで起きることは人間同士のなまぐさくドロドロしたイザコザ。映画「ファミリー・ツリー」はこのふたつの要素の対比が実に興

続きを読む

事実は小説より西成
2012年05月18日10:51

西成・萩ノ茶屋のライブ・バー「オールド・グラフティ」のマスターFさんがようやくmixiの世界に入ってきた。近しいひとたちはFさんのことをSちゃんと呼ぶけれど、私は正直、まだFさんと呼ぶぐらいの間柄だ。それにしても世間はもうmixiは終りだFacebookだなん

続きを読む

◎ノラ・ジョーンズ11月の大阪公演、あるマイミクのかたの予約に乗っけていただいたおかげで、チケットは確保、他のマイミクのかたからも予約の枠がまだあるとお声をかけていただいたり、ホント持つべきものはマイミクですね。ライブ当日は先日のロジャー・ダ

続きを読む

CDコンポを買い換えたと思ったらつかの間、こんどは洗濯機の具合が悪くなったと。次から次へと落ち着くことがない家電トラブルの連鎖。まあ健康で文化的な最低限度の生活というのはこういうもんなのでしょう。風呂に入るときの着替え&メガネ置き場としてしか

続きを読む

私が管理人を努める「昭和の阪神タイガースを愛する会」コミュニティがきょうで発足5周年をむかえました。5年なんてあっというまですね。光陰矢野ごとし、などと以前に使ったシャレをリサイクルするほどほったらかし、はて最新トピックがアップされたのはいつ

続きを読む

◎夜はしばらくテレビ大阪(テレビ東京系)の下町探訪的な番組をたてつづけに見る。前半はさまぁ〜ずのブラブラもの、後半こちらは東京下町とは限らなかったが、路地裏の隠れ家名店をタレントが訪問する企画。この手の番組を見るのってホントひさしぶりだなあ

続きを読む

我が母校・関学は2−8で惨敗…。関西学院大学vs関西大学、通称“関関戦”は、東の“早慶戦”に対抗すべく特別に甲子園球場で行われる。観客が座れるのは大銀傘がカバーする部分のみそしてすべて自由席。このときとばかり、テレビ中継でもあれば映りまくりの

続きを読む

音楽好きの内外価格差
2012年05月12日11:00

ノラ・ジョーンズの来日がきまったとあるマイミクのかたのつぶやきで知った。ひさびさに嬉しい来日のお知らせ、その日にそなえてムダな出費はさけましょう。チケットは最低でも万札一枚ってことになるのだろうなあ。一方いま聴きまくっている彼女の新譜といえ

続きを読む

きのうの日記で新しい財布のデビューを秋口にするとしたのは、上着を着ない夏の季節はいつも財布を無造作にパンツのポケットに突っこんだまま外出しているからで、二つ折りの財布ならともかく、長財布にとってそれは多少ムリがあるというもの、せっかくの新品

続きを読む

この1月に亡くなった叔母の香典返しは、「タカシマヤローズセレクション」という商品カタログから希望の品をひとつチョイスするものだった。残念ながら絶対的に欲しいものが見つからず、嫁ハンも「好きなの選んだら」などとこちらにゲタを預けてきたから、こ

続きを読む

前に書いたネタかもしれないけれど、きのう日記をアップしたあとかってのmixiのことをいろいろ思い出していたら、けっこういろんな有名人(というほどでもないけど)が私のページを覗きに来たなとしみじみ。まあこれも足あとそして日記キーワード検索の両機能

続きを読む

きのうの私の日記には、お互い見知らぬ同士であるおふたりのマイミクさんによる、ひとつのテーマに沿ったコメントのやりとりがあって、このスタイルがいかにもかってのmixiでよく交わされていた、非常に丁寧かつ配慮の行きとどいた文面でのキャッチボールだっ

続きを読む

(この日記はポップス出前寄席つながりのマイミクのみなさんのみに限定して公開しています)来週末、出前寄席の前の午後のひととき、天王寺・あべのツアーを催します。ツアーといっても天王寺・あべの界隈をブラブラダラダラ歩くだけです。この2月、トライア

続きを読む

訪問者表示がデイリーなったことを喜んだ日記を書いたその日から、表示がさっぱりなくなってしまい、それが5日以上も続いたのでたまりかねてmixi事務局にその旨メッセージを送った。2日ばかり無反応が続き、ようやく返事がかえってきたのは表示が復活したあと

続きを読む

原作であるコミックは読んでいなし、兄弟役を演じた小栗旬と岡田将生にも興味がない。でも宇宙にあこがれる少年というのはよくわかる。人類が初めて月に降り立ったとき8歳だった私のまわりに「宇宙兄弟」は多くいたような記憶がある。私自身はそれほどでもな

続きを読む

またまたお昼前までグッスリ、目が覚めたらすでに父親は外出していた。なんでも母校市岡高校の同期会だという。82歳にして、いや82歳だからか、月1回のペースで同期会は催され、コアなメンバー10数人は毎回出席していると。もちろん父親はコアなメンバーのひ

続きを読む

両親宅のDVDプレーヤーが直面している諸問題は、すべて取扱説明書を少し読めば解決するものばかりだった。分厚い説明書を読むこと自体が両親にとってはめんどうでやっかいなことのなのだろう。自宅には再生専用のシンプルなDVDプレーヤーが一台あるだけで、し

続きを読む

藤川球児が打たれた瞬間、ショックのあまり友人は急ブレーキをかけた。思わず前につんのめる助手席の私。このところ続く悲惨なクルマの事故が目に浮かんでヒヤリとする。理解に苦しむ友人の行動にも問題があるが、くだらない試合ばかり続けるタイガースにも非

続きを読む

文豪・井上靖の自伝的小説を映画化、主人公の作家(役所広司)と母(樹木希林)と娘(宮崎あおい)、そして彼らをとりまく大家族それぞれのふれあいが話の主軸。主役級も脇を固める俳優たちも、セリフのやりとりがとても自然、しかもそれは昭和30年代の上流社

続きを読む

阿倍野の自宅近辺が一年で一番にぎわう昭和の日、「どっぷり、昭和町。」なるイベントに多くのマイミクのみなさんが詰めかけていたにもかかわらず、それを振り切って出かけたのは、同じ大阪下町でも阿倍野から遠く離れた天六界隈しかも路地裏ばかり。同世代の

続きを読む