ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2399973)

日記一覧

…というわけには、残念ながら私自身はちょっと今回いかなかったんですけどね。ウチのご近所が一年で一番にぎやかになる日。たぶん2番目は大阪国際女子マラソン当日かな。《“昭和の日”に“昭和町”で“昭和”を味わう》というこのイベントもことし昭和91年

続きを読む

広瀬すずってたしかまだ17歳でしょう。なんだかすでに主役を何本もこなしているかのような堂々たる安定感。それでいてみずみずしさも十分。とにかく昨年の「海街diary」におけるセンシティヴな女の子とはまったくの別人。まあこれが伸び盛りの女優ってことな

続きを読む

ついさきほど、昼下がりの60000アクセスでありました。このキリ番達成、おそらく本日の日記をUPしたあとぐらいになると思って、日記には別のネタを用意してました。ところが【おはようポップス】がさすがのポール・マッカートニー御大、これが効いたおかげで

続きを読む

◎153 スターバックス コーヒー人生初スタバは六本木。調べたら日本上陸1号店は1996年銀座とあるから、その翌年か翌々年のこと。交差点からロアビルのほうに向かってしばらく行った外苑東通り沿い(いまは存在せず)。近くであった取引先(ランバン・ジャ

続きを読む

30年ぶりのキャピキャピ
2016年04月26日15:30

かって勤めていた会社で1年後輩だった友人女性が、ひさしぶりに当時の同期ばかりで一同に会したと、女性8名がならんだ集合写真をfacebookにUPしていた。あくまでフォト上ながら、この友人女性以外の7名とはほぼ30年ぶりのご対面。さすがにお名前は2〜3名はっ

続きを読む

毎年のように感じることだけど、夏場所はあっという間にやってくる。たぶん春場所をいつもナマで観るから、その興奮の余韻をしばらくひきずるのと、そのふたつの場所のあいだにプロ野球が開幕したり、競馬のGIシーズンが始まったり、さらにゴールデンウイーク

続きを読む

昨夜はふだんの「ポップス出前寄席」とは別モン、上柴とおる師匠のブログ「ポップス再前線」開設5周年を祝したスペシャルエディション。そのせいかいつもより早い目の8時半にお開きとなり(それでもきっちり当初の予定より1時間押し…)、そこで2次会とばかり

続きを読む

レオナルド・ディカプリオがノミネート5回目にしてついに悲願のオスカーを手にした作品。太くて頑強な樹の幹をこちらに向かってズシンとブチこめられ、真正面で受けとめたこちらはクラクラしたまま…。そんな重たい感動が残る復讐に燃えたサバイバル劇。監督

続きを読む

I Would Die 4 U 《R.I.P.》
2016年04月22日05:45

自分が初めて“いい席でライブを観た”という感触を持ったのがプリンスの初来日だった。大阪城ホールのアリーナ前から数列目。ウドーの会員になっている知人をむりやりオドして、みたいな。もちろんその後、もっといい席で観て、対象のアーチストにもっと近づ

続きを読む

結果良好、まったく問題なし。造影剤とはよく言ったもの、診療デスクのPCスクリーンには私の心臓がなまなましくくっきりと、そしてその周囲にはさらにはっきりと3本の冠動脈。もし何かがあれば、問題個所がとぎれて映るとのこと。上のフォトの所見にあるpaten

続きを読む

週末に結婚45周年記念パーティーをひかえる老域の夫婦ジェフとケイト。月曜日、ジェフのもとに一通の手紙がとどき、そこには彼の過去に関する事実が記されていた。あきらかに動揺を見せるジェフ。しかしそのすべてがわからない妻ケイトのジェフにたいする不信

続きを読む

2002年米新聞「ボストン・グローブ」内〈スポットライト〉チームが暴いた、数十人にもおよぶカトリック神父たちによる児童への性虐待。その衝撃の真実はなぜ長らく封印されていたのか。タブーに挑んでいく記者たちの活躍ぶりを追う事実に基づいた力作。他の派

続きを読む

私と同世代のあるマイミクのかたが、今回のボブ・ディラン大阪公演にてライブ参戦通算1000回を達成されました。おめでとうございます!ちょうど1000回目がこの伝説的人物というのは、あきらかに意図的な着地だろうけど、とにかく1000回とはとほうもない数字。

続きを読む

この写真は自宅から歩いて数分、阿倍野・松崎町に咲く桜。もちろんいま花びらはすべて落ちている。というかこの写真はいまから4年前の4月10日のもの。後方に見えるのは建設中のあべのハルカス、そう、このころはちょうどこんな感じだったんです。残念ながら、

続きを読む

無事にCT検査終了、あとは精算だけと自動支払機のほうに向かったとき、すぐ目の前の待合い長椅子にやや大きめの男物の長財布がポツンと置かれてあるのに気がついた。おそらく支払いを終えたどなたかが、そのまま置きわすれて帰られたのだろう。とりあえずどこ

続きを読む

あの日からちょうど3か月になる昨夜はデヴィッド・ボウイオフ会。ありし日のボウイを偲ぶ気持ちは誰しも同じ、このところは毎月オフ会が開催されていたのです。ところがこういうときに限って私はいろいろと用事が重なりずっとお邪魔できず、昨年12月以来の参

続きを読む

われらCT仲間
2016年04月09日11:00

おとといの日記にCT検査のことを書いたら、何人かのマイミクのかたからやはり近々同じ検査を受けますとのコメントをいただきました。受けたばかりのかたも何人か知っているし、とにかく私の周辺には最近あの輪の中をくぐったひとがけっこういます。もちろんCT

続きを読む

7年間監禁生活を強いられた母子の物語などと聞くと、どうしても最近日本で起きたばかりの同様の事件に結びつけてしまい、観ていてあまりにもつらくなる箇所がいくつも出てきた。ちょっとタイミングの悪い公開かな。本年度アカデミー賞各部門にノミネートされ

続きを読む

ちょうど1年まえの日記を読み返したらまた気が重くなってきた。そう、CTの輪をくぐることよりもあの高飛車な先生と言葉をかわすことのほうがやっかいだったんだ。あのときは、ああとりあえずはこのひとと1年間会わずにすむと思ってムカつきの矛を収めたんだけ

続きを読む

◎こないだ【おはようポップス】にランディ・ヴァンウォーマーの曲をUPしたら、きょうは彼の誕生日ですねと、すぐさまマイミクのかたに教えていただいた。こういう偶然もあるのか、そういえば以前ビートルズの赤盤をあげた日がたまたまジョージの命日だったな

続きを読む

やっぱりこの曲順でないと。誰しもそういう一枚はあるとは思うけど、私にとってのボウイ楽曲はいつまでもこの曲順にて刷りこまれているのです。その後いくつか出たベスト盤ではどこか満たされず、これぞ待ちに待ったリイシュー。「魅せられし変容(Changesoneb

続きを読む

『ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い』『プリンス論』『新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書』…。音楽ライターとしての西寺郷太には、その著書の数々にて幾度となく接しているけれど、それではやっぱり片手落ち、ミュージシャンとしての彼にも触れないと。

続きを読む

昨年の多部未華子主演作品「ピース・オブ・ケイク」は、イマドキの20代女性を演じた彼女が実に魅力的、私は自分の年間ベスト10にこの作品をランクインさせたけど、評論家筋には相手にされずキネ旬ベストテンでは40位。ところが同じキネ旬の主演女優部門におけ

続きを読む

リビングのテーブルに今夜の嫁ハンのライブ告知フライヤーが何枚か置いてあって、よく見るとそこでの嫁ハンは自分のトシを24歳などと、実際の半分あたりのところに謳っていた。いくらエイプリル・フールだからといっても、ついていいウソといけないウソがある

続きを読む