ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2399973)

日記一覧

地元民の私がきっちり一番乗り。かぶりつきの席でリハーサルからたっぷり楽しませていただきました。「どっぷり昭和町」プログラムのひとつD-wifeライブ。場所はランチタイムに何度かお邪魔したパブ「ウィステリア」。ここの音響機材は素晴らしいとずっと前か

続きを読む

昭和の日に昭和町で昭和の時代を再現・体験・再発見。この町おこしイベントも早いものでもう10回目。つまり昭和90年にあたる今年は10周年の節目、地元民としてはふだんからいろいろと裏話を聞いておりますが、かならずしも順風満帆だったわけではないこの10年

続きを読む

いや、カフェというものは基本的に女子率高いですよ。まあ喫茶店という雰囲気のものをふくめるとその割合はいくぶん変わってくるけど。ターミナル商業施設の昼下がり、階上のオシャレなカフェではマダムたちがのんびりお茶してて、地下街に面したベタ喫茶では

続きを読む

いうてる間に夏や
2015年04月27日16:00

春と秋の季節が年々短くなっているというネタは、もう耳にタコ状態となってきました。地球温暖化や甚大な自然災害の増加をからめて、昨今ではこのネタを語り合うことそのものが季節の風物詩となっているのでは。行楽・外出による消費行動が活発となり、冷暖房

続きを読む

北野武監督最新作、こんどのヤクザはユーモラスなジジイたち。くすぶっていた元組長がかっての仲間を呼び寄せて組を再発進、街にのさばるチンピラたちとの一大抗争。藤竜也・近藤正臣・中尾彬・小野寺昭ら、平均年齢72歳の超ベテランコワモテ俳優たちによる、

続きを読む

ゲイもレズも炭坑夫もおばちゃんたちも、すべての登場人物が愛おしい!イギリス映画のお家芸、これぞハートウォーミング・ストーリー。1984年サッチャー政権下、炭坑閉鎖の危機を救うために立ち上がったのはゲイの活動家たち。ロンドンのヒップなゲイ・カルチ

続きを読む

♪There was a time when I was…私が一番聴きたかった「そよ風の誘惑」でライブが始まることはうすうす知っていたけれど、まさか私のすぐ目の前で、しかも私だけに(と思いたい)手をふりながらオリビアが歌いはじめるとは思ってもみなかった。あるかたのご

続きを読む

「ドローン?どんな代物か説明してくれよ」などと、まことにタイムリーすぎるセリフも登場したりするけれど、不死身の男たちを前にするとそんなものはごくごくちっぽけなツールにすぎない。ド派手なカーアクション満載、ジェームズ・ワン監督、人気シリーズ「

続きを読む

岩田は6回までパーフェクト・ピッチングを続けていた。阪神タイガース80年の歴史で完全試合を達成した投手はひとりもいない。ざまあみろ、いまごろ京セラドームでポールの歌声に酔っている、少なからずいるであろう阪神ファンはこの歴史的瞬間に立ち会うこと

続きを読む

春眠、暁を覚えずなどということはまったくなく、早朝に目を覚ますと1度トイレに向かったあと朝刊を取ってくるのがずっと習慣になっている。トイレに向かうのはどう考えても年齢のせいで、同年輩の男性誰しも同じようなものだからしかたないとして、問題はそ

続きを読む

20000を記録したのはきのうの夜9時半ごろ。やっぱり19999に到達したんとたんドキドキしてきますね。いまのところだいたい一日100とちょっとのアクセスで推移しており、マイミクの数(IT用語でユニークってやつですね)は一日50足らずだから、おおざっぱに言っ

続きを読む

54歳はスロースタート
2015年04月19日16:00

アルプススタンドの冷気がよっぽどこたえたのか、ちょっとカゼ気味のままきのうはめでたく60回の節目をむかえた「ポップス出前寄席」に参加しました。実はどうもカラダが重く直前ギリギリまで行こうかやめとこうかけっこう迷っていたんです。私自身は何とかも

続きを読む

きのうの誕生日には数多くのメッセージをいただきほんとうにありがとうございました。この温かいお言葉の数々で54歳の1年間もがんばれるってなもの、本当にいくつになっても誕生日というのはうれしいものです。できるだけひとつひとつに返事していきたいとこ

続きを読む

観終わったあと心地よい疲労感。なぜなら全編100分あまりずっと緊張しっぱなしだったから。ハイテンションが続く物語は後半にはいっていったん落ち着きを見せるものの、そこから予想外に二転三転、そしてクライマックスに向かって怒涛の勢いの再発進。名門音

続きを読む

80周年の30周年
2015年04月16日16:30

16試合終わって6勝10敗、借金4の5位。想定外の日々が続くなか、気持ちは早くも明日の試合に飛んでおります(ゴメス&マートンの打球は飛ばないけど)。なぜなら明日は1985年巨人戦、あの伝説のバックスクリーン3連発からちょうど30年目。このメモリアルな日に

続きを読む

「申し訳ございません!本日の住民説明会はすでに定員オーバーとなっています!これ以上のご入場はお断りしております!」 そぼ降る雨の中、わざわざ余裕を持って開始45分前に阿倍野区民センターまで足を運んだ私の目の前に突きつけられた言葉は無情にも門前

続きを読む

さてこんどはYES or NO
2015年04月14日12:30

またまたわが阿倍野区がトップだったな。これは今回の統一地方選、大阪府下各選挙区投票率の話。まあトップと言ってもその数値はほぼ55%、半分をちょっと上回っただけなんだけど(ちなみに大阪府全体では46.1%)。とにかくこちらが注目するようになってから(

続きを読む

波乱の桜花賞も終わり、さああとは藤浪のピッチングをじっくり楽しもうかと思っていたところに母親からのメール。えらい早いやん。ミナミに用事がある母親、堺市立博物館に行くという父親、そして私の3人があべので落ち合って晩ご飯という予定だったきのうの

続きを読む

今回のウディ・アレンは一見ストレートのようでいて手元にきてちょっと曲がる変化球。「ブルージャスミン」「ミッドナイト・イン・パリ」といった最近の秀作とくらべると、万人受けからやや離れ、おそらく観る側を選んでしまう一本なんてことになるかも。1920

続きを読む

スターダム直前のジミヘンinロンドン、長らく伝説として語り継がれている有名なシーン、つまりロックの歴史が刻まれた瞬間が出てくるたびに、ジミヘン初心者(すいません、ホントほとんど聴いてないんです)のこちらでさえもわくわくしてくる。つぎつぎとスク

続きを読む

う〜ん、これは一風変わったオスカー作品だなと。アカデミー賞よりはどこか別の国の映画賞がふさわしいのではと思ったり。少なくとも伝記物や難病物にあらず、リアルを追究しつつもCGふんだんの超常現象も登場。かってはヒーロー映画のスターだった男がブロー

続きを読む

「50(歳)そこそこでこんな(病気のこと)のになっちゃったの?!そりゃ大変だよな」執刀医の先生が3月で病院を去り、新たに私の担当となった先生は完璧なまでに関東の人間だった。関東のひとが親しみをこめてくだけたものの言いかたをしたとき、往々にして関

続きを読む

本来ならところ狭しとならぶ当時の海外ツアーで使用したライブセットの前にもっとたたずんで、あのころの最新機材のディテールをとことん味わうべきなんだろうけど、こちら楽器類にはまったくうといものだから「ああ、この山のような機材はいま両手で抱えるこ

続きを読む

野球のある毎日は楽しい
2015年04月07日11:30

マー君は打たれたそしてイチローは代打で登場した…メジャーリーグも開幕。やっぱり野球のある毎日は楽しい。これからすくなくとも半年のあいだ一喜一憂できるかと思うとわくわくする。そして話をぐっと近くに引き寄せてわが東住吉高校野球部も春季大会の組み

続きを読む

この週末公開される後篇の特別先行上映があると聞いて、いてもたってもおられず劇場に駆けつけてしまった。犯人捜しなどはどうでもよく、校内裁判を断行するという中学生たちを応援したいという気持ちが大きくなったから。いや厳密にいうと中学生役を演じた個

続きを読む

「御社は英国製の生地が得意と聞いてお電話したんですが…」私のところにいきなり見ず知らずのひとから電話。90年代終わりごろの話。「つんくさんのあるプロジェクトでタータンチェックの生地が要るんです。ひとたび当たればけっこうな量が動くビジネスになる

続きを読む

Nothing Lasts Forever
2015年04月04日11:00

いま書店にならんでいる「Kansai Walker」最新号から、公開中映画の映画館別スケジュールが載らなくなってしまった。まあ細かい上映時間はとっくに載ってなかったけれど。大げさかもしれないけど、関西においては「プレイガイドジャーナル」の創刊以来40年以

続きを読む

満開の桜をもとめて上町台地を縦断。まずは天満橋・八軒家浜から大川の向こう南天満公園に咲く花びらをながめ、さらに北大江公園・中大江公園・南大江公園と南下。ここらは街なかの穴場的お花見スポット。桜の木の本数そのものはそれほどでもないけど、それぞ

続きを読む

邦楽のほうはまだいくらか残っているけれど、【今日の1枚だけ】洋楽に関してはきのうで終わり。CDを1枚しか持っていないアーチスト、バンドのアルバム紹介はひととおり終わりました。実は毎晩UPするなか、反響というほどたいしたものではないけど、「えっ、○

続きを読む

左がきのうまで使っていた長財布。そして右がきょうからお世話になる二つ折りの財布。このところはこのふたつを半年ごと交互に使っております。理由は明快、上着のいらないこれからの季節は長財布だとパンツのポケットに入らないから。20数年愛用した先代の長

続きを読む