ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2399973)

日記一覧

あけましておめでとうございますって言ってたのがついこないだのこと。あっという間に明日から4月であります。2013年、早くも4分の1がすぎてしまいました。まあことしは年明けからいろいろとありましたからね、いつもの年より早く感じるのはそのせいなのか、

続きを読む

試験運用中だった訪問者≒足あとのリアルタイム表示機能が、正式に今後も継続することになったというお知らせがあって、ちょっとホッとしながらニヤリと喜んでおります。リアルタイムな足あとが復活した1月からこちら、やっぱりmixiの楽しさがアップしました

続きを読む

また一喜一憂する日々が始まるなあ。いや昨年は一喜二憂だったか。きょうから10月あるいは11月まで、目が離せない日々がまた始まるのです。人気低迷・凋落いろいろ言われておりますが、やっぱりプロ野球は〜少なくとも我々世代の男性にとっては〜DNA(って弱

続きを読む

◎digmeout ART&DINER (ミナミ・アメリカ村)「お相撲展 大阪場所2013」が開催されていた、アメ村どまんなかサンボウルならびの空間。やや外食産業的な匂いはただよいますが、フードメニューの無国籍感(ランチビュッフェはお得かも)とか、山積みになった

続きを読む

「特定健康診査」の期限が年度末、つまりあと5日たらずなんですね。自治体による年1回の無料の健康診断のことであります。私は毎年これをサボっていたから、いわゆる“サイレント・キラー”にやられたわけで…。ということで毎月の検診も兼ねていきつけのクリ

続きを読む

あべの界隈にいるときはもちろんのこと、ミナミにいてもそれは日常の延長なんだけど、梅田ってやっぱり非日常のエリアなのかも。このごろは以前ほど梅田には行かなくなってしまったからなあ。いや、行くには行ってるんだけど映画とかビルボードライブとか目的

続きを読む

セリフいっさいなし。すべてパワフルな歌とアクロバティックなダンス、そしてあまりにも美しくきらめくライティング。日本初上陸のフレンチミュージカル・スペクタキュラー「ノートルダム・ド・パリ」大阪公演最終日@梅田芸術劇場。映画「レ・ミゼラブル」に

続きを読む

SMAPのメンバーになっている夢をたまに見る。目の前にはキムタクと中居くんと慎吾ちゃんがいるから、私は吾郎ちゃんか草なぎくんってことだ。でもそのどちらかはわからないまま。ステージで唄ったり踊ったりしてる場面ではなく、たいがいがオフタイム。みんな

続きを読む

WBCの興奮もさめやらぬまま、ペナントレース開幕まで一週間を切りました。そこで恒例のマイミク参加企画、回を重ねて今年で5回目の順位予想大会をくりひろげたいと思います。・今年もセ・パまとめて。・ポストシーズンはさておき、あくまでレギュラーシーズン

続きを読む

たしかにビンボーくさい作品です。でも“おカネがなくても、アタマさえ使えばこんな面白い映画ができる”という典型的なお手本。昨年「鍵泥棒のメソッド」で脚本関係の賞を総なめにした内田けんじ監督2005年のメジャーデビュー作。ロードショー時に観た私はこ

続きを読む

やっぱりここは大阪場所
2013年03月21日12:20

幕内土俵入り。丸い土俵の周囲を力士たちがゆったりと歩むナマ観戦の見どころ。まさにそのタイミング、我々の興味はすぐ目の前のマス席に奪われてしまったのです。某大阪市長とその家族あるいは維新の会のメンバーがそこに。よく見ればSPが周囲にチラホラと。

続きを読む

私を春場所に連れてって
2013年03月20日12:00

総勢12人で相撲を観る日がくるとは夢にも思わなかったなあ。ほぼ毎年のように春場所にはお邪魔してますが、いままでは多くてもせいぜい3〜4人一緒での観戦、いや中学のときにヤンチャ仲間連れだって6人ぐらいで押しかけたことがあったっけ。デブの奴がある親

続きを読む

この一週間ボウイ漬け!
2013年03月19日12:00

オフ会で初めてその力強い音に耳をかたむけてから一週間。その間、自宅CDコンポのスピーカーからはデヴィッド・ボウイ「ザ・ネクスト・デイ」以外の音源がまったく流れておりません(まあラジオはちょっぴり聴いたけど)。たぶん20回以上はリピートしているの

続きを読む

1−3、サンフランシスコに散る。そういえばテーマ曲を歌うジャーニーってシスコのバンドだったなあ。シスコまで旅(ジャーニー)をして結局そこが別れ道(セパレート・ウェイズ)ってシャレにならんなあ。まあきょうの試合はともかく、大会を通してよくがん

続きを読む

両親が駒川中野の叔母の家に行くので、そのついでにランチだけでも一緒にしようと連絡してくる。きょうはゆっくり競馬と相撲を観たかったけど、まあその時間には間に合いそうだから文の里駅の改札口で待ち合わせる。あいにく自然食の「萌木星」は日曜日お休み

続きを読む

ふ〜う、疲れたあ〜。19世紀から24世紀、そして遥か未来まで。6つの時代を舞台に6つのストーリーがパラレルに流れていく。大いなる自動ザッピング作品「クラウド アトラス」、トータル172分の長丁場。トム・ハンクスやハル・ベリーはじめ主要キャストはキャラ

続きを読む

大相撲春場所もたけなわであります。“荒れる春場所”の名そのままに、序盤戦から横綱・大関がバタバタと破れる展開、今回はトータル10数名での観戦となった来週十一日目には、果たしてどのような様相を呈しているのでしょうか。いまからその日が楽しみでなり

続きを読む

“ムーンライダーズ絵師”としてファンのあいだでは有名なイラストレーター・眼福ユウコさんの個展「音楽百景3」に行ってきました。会場は大阪天満宮すぐそばの喫茶&酒場「音凪」。当初はせいぜい20点ぐらいの展示だろうと思っていたら“百景”の名そのまま1

続きを読む

“今夜ばかりはたったひとりでボウイの新作に浸りたい…”ということで、昨夜の記念すべきオフ会に参加されなかったかたもいらっしゃったんですよ。誰にも邪魔されず10年ぶりに届いた贈り物をじっくりと味わいたい、その気持ちもよくわかるなあ。“阪神タイガ

続きを読む

この日まであえて両耳をふさいでおりました。今月の初めにはiTunesでのフライング的音源解禁という予期せぬことがありました。しかしここはガマンのしどころと。まあこちらがiTunesがらみに疎いというのもチョッピリあるけれど。きょうの朝からは10年ぶりの新

続きを読む

あれから2年ですね
2013年03月11日14:46

「あの日を忘れない」という言葉がよく連呼されてますが、昨年末の政権交代以降、誰もかれも何だか忘れよう忘れようとしているみたいで。いや、けっして政府自民党がそういう方向にコントロールしているとは思いたくはないけれど、やたら景気上昇のことばかり

続きを読む

つらい映画でした。いや、つらいだけの映画ならいままでいくらでもあったけど、人生の終末を描いたこの作品、ありきたりな言いかたをすれば“身につまされる”というか、とてもやるせなく悲しいものでした。春の日差しあふれる週末の午後に観ておいてよかった

続きを読む

鳥谷、えらい楽しそうやな。まあ阪神やったらあんなとこで盗塁のサイン出ませんわ。しかしこんなのが続いたらアメリカに行くまでカラダ持たんぞ。選手らも、見てるわれわれのほうも。いや、実は昨夜は外出していて、テレビの前にはいなかったんです。もちろん

続きを読む

きたきたきたきた。春の便りとともに今年もきた。きのうはコートがいらないポカポカ陽気。とたんに視界すべてがモヤモヤと。まるで霞がかかったようで視線が落ち着かない。はて、メガネが曇ってるのかなと何度もぬぐうが治まらず、しだいにクシャミを連発。は

続きを読む

ポップ・アートを通して相撲の世界にふれる〜明日からアメ村のアートスペース兼カフェ「digmeout ART&DINNER」ではじまるこのイベント、春場所が中止になった一昨年にもお邪魔したのです(なぜか昨年は開催なし)。安斎肇画伯はじめ十数名のアーチストが思い

続きを読む

30年以上も待たせやがって。ついに我が母校、大阪府立東住吉高校に野球部ができるそうです。そう、ウチの高校は創立以来半世紀以上、野球部がなかったんですね。めずらしいと思いませんか。一昨年あたり同好会ができたってことはチラッと聞いてたんですが、た

続きを読む

しかしエラいチカラ入ってますな、ソニーさんも。いや、もちろん嬉しいことなんですよ。銀座ソニービル内「パブ・カーディナル」で期間限定ながら「DAVID BOWIE CAFE」がオープン。このお店、ふつうにブリティッシュ・パブ利用として何度かお邪魔したような記

続きを読む

先週の火曜日、あびこ筋沿い、地下鉄駅出口を出てすぐのところにスーパー「ライフ」が(“スーパーフライ”ちゃうよ)ついにオープンしました。先月には自宅目の前に「デイリーカナート イズミヤ」がオープンしたばかり。これで既存の「KOHYO」「阪急OASIS」

続きを読む

両横綱の土俵入り、合わせて5分そこそこのために3000人も集まってたのか!「辻調フェスティバル」で“ハシゴ食い”をしたあと、阪堺電軌上町線に飛びのり一気に住吉大社へ。春場所の成功を祈願して、両横綱の奉納土俵入りがおごそかに行われたのです。住吉大

続きを読む

西部劇に黒人奴隷を重ねる〜今回のタランティーノ作品はどこまで史実に基づいたのやら、アメリカの歴史に詳しくないこちらとしてはなんとも言いようがありません。またまた彼得意の突飛な思いつきかも…カタブツの歴史学者なら怒り心頭だったりして…。さらに

続きを読む