mixiユーザー(id:2399973)

日記一覧

店名のとおりたった一日だけのオープン。かしこまったプログラムがあるわけではなく、今回のオーガナイザーMappyさんがセレクトしたボウイのサウンドとヴィジョンにどっぷり浸りながら、ボウイを語り合い、ボウイを偲ぶイベント。場所は関西在住の音楽評論家

続きを読む

きのうはいつもの「ポップス出前寄席」ならず50周年スペシャル・エディション。いや、なにも出前寄席が50年目を迎えたのではなく、MC上柴とおる師匠がポップ・ミュージックの世界に魅せられて、ことしが50年目になるということで。そしてきのうは師匠64回目の

続きを読む

沖縄の孤島で独り生活する盲目の貝類学者、演じるのはリリー・フランキー。彼の出現以前はいったい誰がこのポジションを受け持っていたのかと、不思議に思うくらい強烈な個性でこのところの日本映画を引き締めているマルチな才人。その彼にとって15年ぶりの単

続きを読む

梅田の暴走事故のせいでどこかへ飛んでしまったけど、こちらも関西人いや阿倍野区民にとってはけっして小さくはないニュース。きのうの午後、大いなる決断が下されたまさにその時間あたり、私はたまたまこの本社の前を歩いていたと思うんだけど、騒ぎは東京で

続きを読む

早いもので、あさってが四十九日。その逝去がいまだに信じられないという気持ちは誰しもあるのでは。追悼の意をこめて毎日一枚ずつボウイが遺した作品をUPしてきた【ありがとうボウイ】も「★」の各曲をふくめてきょうで終了。そこで日々マイミクのかたからい

続きを読む

◎147 PAUL 大丸心斎橋店 (北館B2F)地下鉄心斎橋改札あるいは大丸地下入口付近で待ち合わせるときの時間つぶしに格好、人気ベーカリー併設のあまり目立たないカフェだったんだけど、このたびの本館改装で北館(旧そごう)B2に移転。パン屋さんだけになる

続きを読む

このところ相撲女子の代表として、いたるところで名前を見る市川紗椰29歳。本職のモデルという立場を活かして女性向け相撲雑誌「相撲ファン」の表紙は創刊以来独占、さらに年末恒例のNHK「大相撲この一年」にもしっかりと出演。いまやようやく相撲女子クイー

続きを読む

お相撲さんがやってくる
2016年02月22日16:30

浪速の春はお相撲さんが運んでくる、と毎年書いてるこのフレーズ。“相撲列車”が大阪にやってくるのはたぶんこんどの日曜。それでも先日地下鉄昭和町駅でのこと、ホームに降り立ってまもなく鬢付け油のいい香りがほのかに。たぶんいま乗ってた車両に先発隊の

続きを読む

大阪狭山の実家からPL教団の敷地までは直線距離で2kmとちょっと。けっこう近い。大平和祈念塔はいつだって大きくそびえているし、毎年8月1日の花火大会には実家2階が絶好の観賞ポイント。子供のころはPLランドのプールに行くのが夏休みの楽しみだったし、とに

続きを読む

リーマンショック以降のアメリカの現実と真正面から向き合った、切実なる社会派サスペンスと重要視されているのだろうか、思っていた以上に各方面で紹介されているこの作品、ネタバレにはならないと思うから一言で集約すると、“被害者転じて加害者となる話”

続きを読む

わかりやすく言えば松竹新喜劇より吉本新喜劇。というかアメリカンなドタバタの一歩手前。せっかくならもっと踏みこんで、コメディとしてとことん突き抜けてしまうか、あるいはもうすこし手前にとどまって粋なセンスで勝負したほうがよかったのか、そのあたり

続きを読む

とりあえず1か月で3kgやせた。ややギクシャクしつつも右肩下がりを見せる体重グラフ@ヘルスケア・アプリ。葵の御紋が描かれた印籠のように、スマホの画面をお医者さんの目の前にジャジャーンと見せつけてやるぞと勢いこんで診療室に入ったものの、残念ながら

続きを読む

先日の鈴木慶一@磔磔ライブにて、オープニング・アクトを務めたのが本日休演という名の男性ばかり5人組のバンド。全員京都大学在学中そして軽音楽部所属だそうな。これがまたなんというか奇妙な連中、本人たちは京都のバンドというだけでくるり、京大軽音楽

続きを読む

しばらくは圧倒されたまま、やがてジワジワと泣けてきた。ありがとうレディー・ガガ、まずは彼女に感謝。まさかここまでやるとは思わなかった。第58回グラミー賞、デヴィッド・ボウイ・トリビュート。ボウイ逝去翌々日のアダム・ランバート大阪公演に始まり、

続きを読む

北野天満宮に参拝するのはおそらく初めて。受験のおりに願掛けするような柄ではなかったし、そもそも京都のこのあたりはいままであまり縁がなかったし。この日、梅はまだ五分咲き。まあ桜の樹ほどはその下でえんえん愛で続けるわけではないから、開花しようと

続きを読む

「歩いて、車で、スプートニクで」!!もう30年も前になるムーンライダーズの緊張感あふれるこの曲を京都・磔磔で聴けたなんて喜ぶことは、若きミュージシャンたちを率いて新たな出発をした鈴木慶一氏にはいまさらなことかもしれない。でも好きなものは好き。

続きを読む

とにかく日々あふれ出てくる情報の洪水を目の前にして、はたしてどう消化していったらいいものやらと面食らっているというのがいまの正直な気持ち。音楽情報サイトamassなんかにも毎日平均2〜3件はボウイ関連のニュースがUPされてくるし、このmixi内ボウイコ

続きを読む

ほとんどが熱いセリフのやりとり、というか口論の場面ばかり。そのすべてが彼を語るうえでもっともおなじみなシーン、新製品発表会スタート直前の(文字通りの)舞台裏だというのだから、観ているこちらの側の緊張感もヒートアップ。そしてそのテンションはラ

続きを読む

1950年代初頭のニューヨーク。この時代に女性同士が愛し合うというのはどういうことなんだろう。デパート店員テレーズ(ルーニー・マーラ)は、ある日売場にやってきた美しい女性キャロル(ケイト・ブランシェット)に惹かれてしまう。やがてふたりの距離は縮

続きを読む

まずは畠山美由紀。やっぱりこのひと歌がうまいなあと。そしていかなる永遠のスタンダードをカバーしたときよりも、オリジナル曲を歌う彼女の艶やかさが絶品。最新作となるカバー集から唯一のオリジナル「歌で逢いましょう」そして「くちづけ」を披露。「くち

続きを読む

未練がましいと言われたらそれまでだけど、昨夜、日付が変わるあたりでチケットキャンプを覗くと、「公演名 大相撲三月場所」が早くも大量にあふれていてこれには正直ムカついた。なるほど山下達郎氏がわざわざステージで文句を言うわけだ。一夜明けた現時点

続きを読む

「選ばれし者だけの空間。」というキャッチコピーがなんとも皮肉。ここにきて急速に復活してきた大相撲人気にがぶり寄られた感じ。ことしで4回目となるはずだった春場所観戦ツアー、すべて私の不徳のいたすところ、けさ10時から発売となったチケット14名分は

続きを読む

2008年10月1日。当時をふりかえるより、翌日の日記を貼りつけたほうが生々しいかと思って。西武・巨人・オリックス、どこのファンでもない私が、必死こいてチケットを獲り、それなりの対価を支払ったのだから、やっぱりこのひとには自分なりに魅力を感じてい

続きを読む

マット・デイモン演じる宇宙飛行士ワトニーは、探査中の事故により火星にひとり取り残される。次の救助は4年後そして食料はひと月分。もちろん水はなし酸素はわずか。 ところが宇宙飛行士はやっぱりスーパーマン、極限状況においても発狂することもなくへこた

続きを読む

炊飯器を買いかえる
2016年02月04日16:20

結婚して22年あまり、一度も買いかえてなかったってマジか。しかしよりによって旧正月のお休み、中国のひとが大挙してやってくるこの時期に、爆買い商品のベストスリーに常にランクインされる炊飯器がイカレるとは。爆買いのせいで在庫が底をついていたりしな

続きを読む

喜んでいいのやらどうやら、ボウイのことがあった直後は急激にアクセスが増え、その後の日々も以前のほぼ2割増しにて推移しておりました。まあそろそろ落ち着いてくるとは思いますが。ともあれ予測よりいくぶん早い目の50000アクセス到達はきのうの夜19時台。

続きを読む

薄毛オールバックのハゲヅラメイクをしたジョニー・デップにまずはミーハー目線。もともとカメレオン役者みたいな彼だから、いつの日にかはこんなのもありとは思ってたけど。一歩踏みこめば、これはマーロン・ブランドやジャック・ニコルソンなど過去のギャン

続きを読む

母親が大阪国際女子マラソンを沿道で見たいと言ってきた。長居スタジアムのスタートから6km地点、そして折り返してきてからは毎回終盤のかけひきのポイントとなる、昭和町交差点はウチから目と鼻の先だ。そのせいで自宅前の道路〜庚申街道は交通規制のあおり

続きを読む