ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2399973)

日記一覧

「パプリカ」にきまってよかったレコード大賞。やっぱりその年もっとも親しまれた曲でないと。そして来年は英語版が世界中でヒットしてほしいなと。「プロ野球戦力外通告」、このところ登場選手の知名度がいまひとつ、さらに今回は物語としても盛り上がりにか

続きを読む

きのうは午後からラジオをつけっぱなし、FM各局をサーフィンしながらいろいろ片付けもの。この調子で5時からは「ワールドロックナウ 年末スペシャル」、6時からテレビで「大相撲2019 新時代の息吹」と続けようと思ったが、「ワールドロックナウ」のほうがふだ

続きを読む

今回は不要なCDを処分。トータル59枚、買取金額はシメて6455円。なんと1枚あたり110円近くの値段がついていたのでビックリ。そしてさらにその内訳、CD一枚ごとの買取価格を見たときはもっとビックリした。以下は買取価格の上位4枚、これらより以下は一気にぐ

続きを読む

アジア人監督による、格差社会を背景とした貧困家庭のサバイバル模様をテーマにした作品が、カンヌ映画祭の最高賞であるパルムドールを獲得する〜ここまでなら昨年の是枝裕和監督「万引き家族」とまったく同じ。ところがこのポン・ジュノ監督最新作は、くわえ

続きを読む

国民的喜劇シリーズとはいうけれど、劇場とテレビ放映、合わせて10作見てるかどうか〜案外同じようなスタンスのひとは多いはず。でもある年齢以上の日本人なら、誰でも寅さんのことをけっこう詳しく知っている。たしかにあのころふだん映画はほとんど観ないく

続きを読む

モツ鍋のクリスマス
2019年12月26日18:00

きのうは動物園前駅改札でM西君と待ち合わせて新世界の入口「たつ屋」へ。いつもは寒空の下けっこう待たされるこのお店も、さすがに平日は空いている。というかこんなに空いているこのお店は初めて、余裕でテーブル席に。制限時間は2時間、品切れになるとたと

続きを読む

恩を売るならBOOK OFF 2019
2019年12月25日15:00

年末のルーティーン、ことしも文庫・新書合わせて53冊を売却。もちろん読了後4年間寝かせたものから厳選してという自分勝手にきめたルールにのっとって。査定の結果、買取価格は計1375円つまり1冊あたり約26円。昨年の一冊平均がたしか24円だったからそれほど

続きを読む

いろいろあって一心寺
2019年12月24日15:00

まずはこのお寺に眠るオフリのマスター(桝田琢介さん)、この21日が命日ということで手を合わせる。亡くなってから3年つまり四回忌、あっという間という感覚があるけど、そのあいだに自分の母親を亡くしているから、彼の永眠はずいぶんと前のような気もする。

続きを読む

グランプリの日曜日
2019年12月23日15:30

有馬記念、残念ながら馬券は獲れず。う〜ん、ダントツの1番人気が沈んだレースこそ獲りたかったんだけど…。5馬身も差をつけてぶっちぎった優勝馬をさっさと切ってしまったのだから惜しいもクソもないけれど、せめて馬連の買い目をワイドにしてたら…。まあよ

続きを読む

風邪をひいたせいで一週遅れの墓参り。どんよりとした曇り空の午後遅く、ウチのお墓周辺を見渡すかぎり、ほとんどの供花は枯れたまま、おそらくみなさん年明けになってから親族連れ持って墓参されるということだろう、この時期の瓜破霊園はホント人っ子ひとり

続きを読む

1970年代アメリカ、30人以上の女性を殺害した残忍極まりない男テッド・バンディの物語。この実在した殺人鬼を演じるのはザック・エフロン。実際のテッドもかなりのイケメンで、周囲の女性すべてを惑わせに違いないと、エンドロールで流れる現存フィルムでも確

続きを読む

初夏のライブハウスあるいは秋のコンサートホール、どちらかのツアーにはほぼ毎年お邪魔しているけれど、毎回チケット争奪戦となるXマス恒例BBLでのライブは今回まったくの初体験。ラッキーにもチケットは獲れたけど、その代償として100回をはるかにこえるリ

続きを読む

ことしの日本映画、トップ3はすんなりときまって順位も鉄板固定。感覚的な作品と社会派が混在する4位以下はわりと流動的、もう一度ならべるとたぶん違う順位に。やっぱり現代社会に生きる等身大の人間模様を描いた作品が一番興味深く、あとはスクリーンからあ

続きを読む

ことしは10本選ぶのにけっこう苦労しました。おそらく例年より多くの本数を観ていると思うのですが、それがかえって悩ませることになったのでは。同じようなレベルの感動を得た作品がけっこう多く、ひとつ選んだら数珠つなぎ的にあれもこれもという状態になり

続きを読む

先日の検診では大豆アレルギーだけでなく、ずっと前から気になっていたりんごにたいするアレルギーの数値も知ることができた。そして出てきた数字は、基準値0.00〜0.34にたいし、予想をはるかに上回る2.78という破格のものだった。ちなみに今回いろいろと騒い

続きを読む

風邪がつらくて寝込んでいるときはテレビなんか見る気がしないと書いたけど、やや身体が回復してくると、とりあえずはリモコンに手を伸ばすことになる。そしてふだんは外出したりしてあまり見たことのない番組にふれたりも。そもそも寝込んだ日の日記は、こと

続きを読む

風邪で寝込んだ日の前日は月イチの定期検診、行きつけのクリニックにお邪魔した日だった。混み合う待合室でえんえん待つあいだに罹病したなどという話はよく聞くが、たまたま今回はガラ空き、ほとんど待つことなく私は診察室に入った。季節ごとの血液検査の結

続きを読む

とはいえ、いま起きてきたばかり。ただこのあとは布団に入ることなくずっと起きたままでいようと。熱はずっと平熱のまま、頭痛はすっかりなくなった。ただ、身体の節々はときどき痛くなり、鼻はグズグズと(まあこれはいつものことだけど)。どうやら食欲も出

続きを読む

きのうの日記には多くのお見舞いコメントありがとうございました。熱はずっと37℃台のまま、ようやく痛み止めのEVEが効いてきたみたいで、いまのところは断続的にやってくる頭痛はほぼなくなっています。最初のうちはまったく効かず、きのうの夜中も痛みが襲

続きを読む

きょうは寝込んでいます
2019年12月12日18:20

きょうは一日寝込んでいます。たぶんこれは単なる風邪、インフルエンザではないと思うけど。きのうの夜半から身体がギクシャクしてきて、明け方の4時にトイレに立ったら恐ろしい寒気がして、あわてて布団の上から毛布を一枚かけて寝た次第。体温のほうはずっ

続きを読む

豆乳をさがす日々最後の切り札、マイミクのRンスさんから教えていたいただいたイタリア製の豆乳をもとめるべく、そこにしか置いてないというikariスーパーに向かった。大阪南部(といっても市内中心部だけど)初の出店、南海なんば店は駅ホーム階から直結。す

続きを読む

大晦日におせち持参で父親宅に向かうことを考えれば、自宅すぐ目の前のイズミヤで予約したほうが何かと便利ではないかと。スーパーのおせちかいなと思われるかもしれないけど、イズミヤは単なる受け渡し窓口、今回予約した「割烹料亭千賀 彩華千」という商品

続きを読む

グランフロントやステーションシティができてから梅田遊泳の中心軸がいつのまにかズレてしまい、かっては代表的待ち合わせポイントだった泉の広場にはこのところさっぱりごぶさた。今回過去最大のリニューアルとか、ウリモノのオブジェは正直たいしたことなく

続きを読む

4番人気ー6番人気で決まって馬連ちょうど100倍。100円買ってたのできっちり10000円の払い戻し、これぞ美しき”ザ・万馬券“。阪神競馬場で行われたばかりのG1ジュベナイルフィリーズ。個人的馬券の勝ち負けで言えば、この秋競馬は菊花賞を獲ったきりその後は

続きを読む

副題が「電鉄会社の傭兵たちが作った夢の棲家」、著者は(株)阪神コンテンツリンク代表取締役社長兼Billboard Japan CEO。"石橋を叩いても渡らない”と言われたお固い電鉄会社の音楽ビジネス導入、しかも当初は水商売かと揶揄された"クラブ&レストラン”開業

続きを読む

舞台は鹿児島県長島町、しばらくはこの豊かな自然に恵まれた町とそこに住まう人々の様子を映し出し、スクリーンの色合いも相まってなにやら「新日本紀行」を見るような場面が続く。ところが漁港沿いの食堂でマメに働き、ただひとり標準語で話す茜(貫地谷しほ

続きを読む

わざわざ遠くまで電車賃使って往復してたら、せっかくの「映画の日」の意味がないことぐらいはわかっている。そう、映画よりもむしろひさびさに八尾の街まで行ってみたいという気持ちを優先させたのが先日の日曜日。80年代初め、大阪の大学生にとって西武セゾ

続きを読む

タクシーも冬支度
2019年12月04日17:50

父親がインフルエンザの予防接種そして年一度の後期高齢者向け健康診断につきあってくれと言ってきた。向かうは長年お世話になっている近所のかかりつけS医院、院長はいかにも町医者"南河内のケーシー高峰”というべきおとぼけキャラ。この季節は一年でもっと

続きを読む

京都ぶらぶら冬景色
2019年12月03日17:00

相国寺をあとにして近くのベタな相席あり定食屋「松乃家」で昼食。「バター明太子釜玉ぶっかけうどん」というメニューに惹かれ、美味かったけどいささかヘヴィー、腹にもたれる。まあわざわざ京都でいただくものではなし、ふつうの日替わり定食にでもしておけ

続きを読む

fm cocolo朝の番組「Ciao!」でDJ野村雅夫が「相国寺の紅葉は美しい」みたいなことを言ってた。ところが「るるぶ」とか「まっぷる」とか、2019年秋・最新の紅葉を特集したガイドブックではほとんど無視されている。こういうのを穴場というのだろう。さっそく

続きを読む