ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2399973)

日記一覧

まったく予備知識がないのもマズいから、とりあえずYouTubeをひとつまみすると、3年ほど前にダリル・ホールの番組に出てR&Bナンバーをハモったりしていた。テネシー州ナッシュビル出身の27歳、すでにアルバム2枚リリース。プリンスが絶賛したことばかりが話題

続きを読む

胃カメラを止めるな!
2018年11月29日16:30

きょうは母親85歳の誕生日、もちろん元気であればの話。そして一年前のきょうは母親が癌細胞の摘出手術を受けた日でもあり。午前9時半、元気よく歩いて手術病棟自動ドアの向こうに消えて行った母親、そして手術は無事すべて終了と我々が聞かされたのが夜の10

続きを読む

ファミリーマート阪南町二丁目店が今月末閉店。まあそれでも自宅から半径数百メートルにまだ4〜5店は点在するコンビニ密集地帯。これで急に困るようなことはないだろうし、このお店の消滅も、しばらくすれば忘れてしまうかもしれない。それでもふだんの買い物

続きを読む

墓前に舞う一匹の蝶
2018年11月27日15:30

日曜日の百か日法要は、澄みきった空のもと暖かい空気に包まれながらのひととき。寒空で震えながらなんてことになったらエラいことだと思っていたから本当によかった。ふだんの日曜日ってこんなものか、読経のあいだ墓前に立って視界に入ってきた墓参りの家族

続きを読む

六甲おろしで鍛えた力士
2018年11月26日15:00

2年前のこと。新入幕をきめた佐藤が貴景勝と改名したとき、そのしこ名は当時の親方の“貴”に、部屋のおかみさん花田景子の“景”そして花田勝(虎上)の“勝”をあわせたものなどと勝手なことを言われた。いろいろと波風が立つ花田家、これからの結束を願っ

続きを読む

きのうの日中はグッと冷えこんだから、屋外吹きっさらしの小一時間は、父親はじめ何名かの老齢の身体にマズイなあと思っていたら、なんとかきょうは持ち直したようでいい天気。大阪マラソンを走るひとにはちょっとキツいかもしれない晩秋の陽射しも、墓前でた

続きを読む

甲府盆地やトスカーナ地方では、ワイナリーにお邪魔して美味しいワインをいただいたことはあるけど、残念ながらブルゴーニュの地は未体験。四季の移ろいとともに美しく映える、フランスの田園風景がふんだんに描かれたこの作品、熟成したワインがやたらと飲み

続きを読む

クイーンの映画にふれたとき、伝記作品もようやく我々の時代にたどり着いたと書いたけど、そういう意味では自分にとってエリック・クラプトンは“過去の偉人”的存在かも。初めて聴いたのはレイドバックしたあとの彼だし、CDは一枚も持ってない。まあ90年代に

続きを読む

母親の遺した思いやり
2018年11月22日17:00

母親がかけていた生命保険の手続きに追われる日々。リスクヘッジと税金対策を兼ねたのか、保険の種類も多種多様、郵貯簡保から大手生保、外資系まで4機関7口におよび、米ドルや豪ドル建てがあると思えば、受取人のほうも父親だけでなく、私と弟半々とか、とに

続きを読む

この週末は2day pass
2018年11月21日14:20

こちら大阪マラソンとはまったく縁がない。旧知の友人は毎年エントリーに当たった外れたと一喜一憂しているみたいだけど。メインスポンサーであるミズノにコネがあったら当たりやすいと聞いたけどホンマか。そういえば以前トミーズ雅がナイキかアディダスの帽

続きを読む

競馬の帰りに京阪枚方市駅で下車したのは、地元民のM西君と晩ごはんの約束をしていたから。待ち合わせまで時間があったので駅周辺をうろつきやがて日曜の夕刻混みあうマクドへ。スマホに充電が必要となり、コンセント対応のカフェということ。ところがプラグ

続きを読む

めずらしいことに、きのうのマイルチャンピオンシップは馬番1・2・3の順にきっちりゴールした。G1レースでは初めてのことだという。そして表彰式のプレゼンターを務めたのは、紅白出場をきめたばかりの5人組ボーカルユニット純烈。純烈=順列ってことか…。ど

続きを読む

ひとり暮らしの大学生トオル(村上虹郎)は、ある雨の日、偶然に河川敷で一丁の拳銃を拾う。常に銃とともにある日々、そのスリルと緊張に酔いしれたトオルは、やがて周辺の女性たちにも興味を失くしていき…。中村文則のデビュー小説作品が原作、監督は「百円の

続きを読む

片田舎の一軒家に住む若い夫婦、交通事故で突然の死を迎えた夫(ケイシー・アフレック)は、病院で覆われたシーツのまま他者には見えない幽霊となってよみがえる。ひとり暮らす妻(ルーニー・マーラ)を見守ろうと一軒家に戻ってきた幽霊、やがてふたりは…。はは

続きを読む

ひきこもりの長男・浩一(加瀬亮)の死に出くわした母親(原日出子)はショックで記憶をなくし、そのまま昏睡状態に。やがて目を覚ました彼女に浩一の死を告げられない家族は、彼はすっかり元気になっていまアルゼンチンで働いていると嘘をつく…。最近の話題作い

続きを読む

家電買いかえの連鎖はまたしても。テレビを買いかえたと思ったら、すぐさま今度はプリンターがイカれてしまった。こういうのって本当に続くから不思議。そしてプリンターに関しては嫁ハンの領域。自身のライブ告知フライヤーやら何やらで日々けっこうな量をプ

続きを読む

結成35周年記念ライブとか。まあふたりとも途中にいろいろあったから実働35年ではないと思うけど。ペア招待に当選、Cーる君を誘う。我々招待客をふくめても400名に満たない集客。彼らもコール&レスポンスのさいに「少人数!」と自虐的に煽っていた。なので一

続きを読む

大谷翔平、懐かしい未来
2018年11月13日15:40

『泣くな、花巻東の大谷君。阪神タイガースに入ったら毎日でも甲子園で投げれるぞ!』 これは6年前の夏、【今日の阪神】の最後にその日地方大会の決勝で敗れて甲子園行きが果たせなかった大谷をはげました一文。エラそうなこと書いて本当にすいませんでした

続きを読む

本当ならちょうどいまごろは、今夜渋谷で観るスティーヴ・ハーレイ公演への期待に胸をふくらませながら、東京の街をぶらぶらとうろついていたはず。いや、ぶらぶらうろつくなんていうのは真っ赤なウソ、そのライブ以外にもけっこう綿密にいろいろとスケジュー

続きを読む

気がつけば優勝候補
2018年11月11日15:30

毎年書いていると思うけど、もっとも早く年の瀬を感じる瞬間というのは九州場所の千秋楽が終わろうとしているとき。画面には初場所の日程が映し出され、アナウンサーは「それではみなさん、来年までさようなら」とシメ、エンディングテーマ“THE 千秋楽”が流

続きを読む

ダメダメ女の再生物語と言ってしまえばそれまでだけど、観終わったあとこれほどタイトルが心に響いてくる作品もそうはないのでは。もう10年以上前になる「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」や「乱暴と待機」、映画化作品は傑作がならぶ本谷有希子の小説が原作

続きを読む

ロック・ミュージシャンを描いた伝記映画も、ようやく我々の時代にたどり着いたかという感慨あり。ジミヘンやJBやB・ウィルソンの物語を観ていても、どこか“過去の偉人のお話”みたいな部分があったから。ケレン味たっぷり、ドラマティックな楽曲で世界を魅

続きを読む

…ということで、さきほど我が家にやってきたのはシャープAQUOS32型、この7月に発売された最新モデル。ビックカメラの店頭でほぼ同じスペックの各社機種をくらべたんだけど、音質がいいというソニーは他よりお高く却下、パナソニックは電気代がシャープの倍か

続きを読む

液晶テレビの省エネ能力は年々進化、消費電力あるいは月々の電気代は、ついに同サイズのブラウン管テレビの半分になったという。さすがにこれは買いかえどきかと思っていたら、さすが13年間連れ添った間柄、こちらの気持ちを察したのかテレビのほうから勝手に

続きを読む

パンタ外交に花が咲く
2018年11月06日15:45

先日のPANTA&HALライブはサービスエリアに座った。同じテーブルを囲んだのは同世代ばかり4名(男3・女1)、誰からともなく会話がはじまり、やがてそれはみなそろって初対面とは思えないくらいに弾んでいった。その大きな要因は男性3名ともに今回のステージ監

続きを読む

つかみはやっぱりジュリー騒動、お笑いライブにはいま格好のネタかも。ちなみにきのうは400席のキャパに70人…なんてことはなく見事に完売、立ち見もあり。いや、これは今回の全国ツアー12か所15公演すべてにおいてのこと、地元東京では追加公演も決定。ツア

続きを読む

いやな予感がきっちり的中。待望の東京公演10日前になって悪名高きプロモーターからメール。しかもそれは迷惑メールに振り分けられて。スティーヴ・ハーレイ来日公演は諸般の事情により延期になったと。ご本人のHPにも”due to unforeseen circumstances beyo

続きを読む

ツカミはOK、わかりやすさそして切れ味のよさはあいかわらず。今回はドナルド・トランプという、ターゲットとしてはこのうえなくふさわしい存在に向かって突撃。ただし単に彼の愚かさを暴くだけでなく、いまの立場を譲ってしまった民主党のダメダメぶりにも追

続きを読む

1stステージで1979年の「マラッカ」、2ndステージで1980年の「1980X」をコンプリート再現、高3から予備校時代にかけて、この2枚を聴き狂ったこちらとしては夢のようなライブ。しかもバックには当時のメンバーが再集結、さらにライブ監督としてこの2枚のプロデ

続きを読む

150000といえばキリ番のなかでもさらにキリのいい数字、同じように大きな節目だった100000を踏まれたのは残念ながらマイミクのかたではなく、ちょっとシラケてしまったという前例あり。今回こそはぜひマイミクのかたでと楽しみにしておりました。きのうの午後

続きを読む