ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2399973)

日記一覧

御堂筋のイチョウが黄色く染め上がったという新聞記事は、この季節の定番だったはずなのにことしはまだお目にかかってない。大きなニュースがあいついだからかと思っていたら、きのうF1カーが御堂筋を激走したというニュースがあり、その写真を見るとどうもイ

続きを読む

京阪三条駅をおりて地上に出たとたん、路面からぐっと押し上げられるような冷気が。これこれこれ、これが京都特有の底冷え。ことしは寒さが急にやってきたから、早くも11月に味わうことになるとは。はたしてこの冷気が紅葉にいかなる影響をもたらしているのか

続きを読む

第二次世界大戦中、ナチスに略奪されたクリムトの名画は伯母・アデーレの肖像画なり、自分のもとに返してほしいと、アメリカに暮らす82歳の女性マリアが、駆け出し弁護士ランディとともにオーストリア政府を訴えた。過去と現在が行き交い、ウイーンそしてロサ

続きを読む

自分が生まれてから1年=1曲、トータル54曲。なんとか本日最後までたどりつきました。とりあえず、54曲のなかからイイネ!の多かった順をベストテンにまとめてみました。毎日多くのイイネ!本当にありがとうございました。これがなかなか”同世代感覚”をきっ

続きを読む

後日談いろいろ
2015年11月26日17:00

◎ドトール期間限定メニュー「焼いてとろけるチーズケーキ」出し惜しみの件(11月11日付日記)このあと別のドトールに行く機会があり、ほぼ同じ時間帯だったので、ここはリベンジとばかり同じことをお願いしてみた。すると今度はチーズケーキ提供は申し訳ない

続きを読む

◎139 馬やど (ミナミ なんなんタウンB1)正式な店名ロゴは「馬」の字が裏返っております。タワレコに行くときとかにお店の前を通過していたので、かなり前からここの存在は知ってましたが、お邪魔するようになったのはごく最近のこと。だって近辺にこの

続きを読む

競馬のことを日記にしたときは、この上のタイトル部分をクリックしてなかを覗こうとするひとが、ふだんよりぐっと少なくなるから、好き勝手なことをダラダラ書かせてもらうけれど、どちらにしても自分の馬券下手さ加減にいいかげん嫌気がさしてきたきのうのレ

続きを読む

たぶんこれはよけいなお世話だし、そういうことを探るのはヤボだとわかってはいるけれど、このひとは今後の長い人生を、ショービジネス寄りのエンターテイナーとして成長していくのか、それともサウンド・プロダクションにこちらがいろいろとツッコミを入れた

続きを読む

早すぎる千秋楽
2015年11月21日14:10

ものごころがついてしばらくしたあたり、初めて大相撲の世界に興味を持ったころに土俵の王者として君臨していた横綱を、史上最強の力士としていつまでも信じてそのまま大人になるのは誰しも同じこと。私の周りではそれが北の湖だというひとが多かった。まあ私

続きを読む

来年初めにリリースされる新作「★(Blackstar)」から同名タイトルのリード・シングル。なんだか圧倒されたままトータル10分の力作が終わってしまって、はたして何を言っていいのやら。きょうの早朝に解禁と聞いてたから、この部分はかってのあの曲に似ている

続きを読む

とりあえずここは店名通り白ごはん最優先だと。おかずもすべて文句なく美味いが、一品減らしてでも白ごはんをおかわりしろと。友人からずっと勧められていた堺の大衆食堂「銀シャリ屋 ゲコ亭」。そうこうするうち「週刊ポスト」が巻頭グラビアでこのお店の大

続きを読む

I've Been Lovin' It
2015年11月18日15:45

近所のマクドナルドが閉店したというつぶやきをこのところ何度か見かけた。“ずっとお世話になってきた思い出の場所だった”みたいなニュアンスがすべてに共通している。業績不振で閉店があいついでいるのは知ってたけど、調べたらこの秋から年内に国内百数十

続きを読む

美しい街、それがパリ
2015年11月17日15:30

かって家族で欧州旅行をしたとき、パリ市内にはロンドンからユーロスターつまり陸路を利用して到着した。夜ふけのパリ北駅、まあこれは外国からいきなり上野駅に着くような感じです。ふだんの出張ならメトロを何度か乗り換えればたどり着いている、その日の宿

続きを読む

小春日和の野辺送り
2015年11月16日15:15

嫁ハンの叔母が金曜日の早朝に亡くなり、きのうはその葬儀参列のため一日奈良ヘ。女性特有のガンと長らく闘っていた叔母は私よりひと回り年上だから、ことしまだ66歳という早すぎる旅立ち。彼女は四人姉妹の下から2番目、末っ子のかたは52歳のときに亡くなっ

続きを読む

通り魔の犯行により妻を失いギリギリの生活を強いられている港湾労働者、退屈な日常をおくりながらも突然目の前に現れた男にときめく主婦、完璧主義そして同性愛者のエリート弁護士…。もがき苦しみながら不条理な日々を生きる三者三様の人生。あくまでオリジ

続きを読む

こういう日にパリを舞台にした映画を観るのはちょっと複雑な気分。まして狂乱の1920年代と言われる時代設定、華やかなパーティーのシーンがあったりしたから心が痛んだりもする。もちろんそこは小栗康平作品、抑制を効かせた表現が続いていたけど。フランスで

続きを読む

先日発売になった「ミシュランガイド 京都・大阪 2016」には、たこ焼きとお好み焼きのお店が合わせて20店も掲載されたと話題になっている。もちろん従来の“星の数”とは別枠扱いでの選出だけど、権威あるグルメガイドが庶民の味を載せたことには賛否両論。関

続きを読む

マンガ・アニメ・ゲーム。各ジャンルそれぞれふりかえるのは昭和の終わりあたりから現在にいたるまでのほぼ30年間。“巨星・手塚治虫亡き後の多様性”という表現を見かけ、なるほどなと思った次第。このあたりのジャンルにはまったく疎い私のような人間にも、

続きを読む

早いこと自慢しておきます。私はこの琴鎌谷17歳・185150kgと、彼がまだ赤ん坊だったときに千葉・浦安の行きつけの寿司屋にて遭遇しております。行きつけなどというとカッコつけてるようですが、浦安は元々漁師町、地元の人間はみなお安く味わえる“マイ寿司

続きを読む

直木賞作家・桜木紫乃原作、初の映画化。さいはての地・釧路でひっそりと暮らす男の物語。タイトル通りJR釧路駅は話の節目に何度となく登場、そこは登場人物それぞれの人生における“起終点駅 ターミナル”でもあり…。主人公に佐藤浩市、ヒロインは本田翼と

続きを読む

12人の戦う男 2016
2015年11月08日16:00

ことしの12球団監督は現役時代の守備位置がほどよく内外野にちらばっていて、きっちりと1チーム成立。打線を組み立ててみると、やや貧打な感じはあるものの、なかなか機動力のあるラインナップとなっていた。ところが来季の12人となるとそうはいかない。前に

続きを読む

年に一、二度招待券をいただいて、大阪・松竹座あるいは京都・南座に足を運んでいるわけですが、未来の松竹新喜劇を背負っていくであろう藤山扇治郎28歳に注目というか、彼を応援する気持ちがやっぱり大きいんです。そして回を重ねるごとに劇団のなかでの彼の

続きを読む

40000アクセスはきのう夕方のこと。いつもながらひとりでドキドキ。ふつう夕暮れのひとときはみなさんお忙しい時間、足あとがちょっと少なくなるんですが、なぜかきのうは立てつづけにアクセスが。なにやら追い立てられたようなあげくの40000アクセス目でした

続きを読む

スマホの料金プランを見直した話を各所でしたら、いくらなんでも保険をまったく外してしまったのはリスキーだとけっこう言われた。とりわけアップル社の製品は、いったん故障・修理となると持ち前の殿様商売ぶりがいかんなく発揮され、手間もおカネもかかるも

続きを読む

くどいようですが先日机の引き出しから出てきた“自分史メモ”みたいな資料は、音楽がらみの覚え書きのみならず、読書の記録つまり購入そして読了した文庫本もすべて一覧にしておりました。それは1980年から1990年の初めまで、ちょうど10年間におよぶものでし

続きを読む

日記をさかのぼってみると5月の終わりごろからスタートしていたから、ほぼ150本を日々UPしたってことになるのでしょうか。これは過去35年分を一気にということにもなります。たぶん保存することなく捨ててしまった前売券もいくつかあるだろうし、実際に35年間

続きを読む

結成15周年・メジャーデビュー10周年を機に敢行された海外ツアーを記録したドキュメンタリー。今回訪れたのは台北・シンガポール・ロサンゼルス・ロンドンそしてニューヨーク。各国それぞれの反応にお国柄があらわれる部分を面白く感じながら、マニアックなフ

続きを読む