ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2399973)

日記一覧

冬が来る前に
2014年11月30日15:15

こないだの金曜日、御堂筋を歩いたらイチョウの葉は思ったほど”まっきっき”になってなかったな。そこかしこにまだ緑色が残っておりました。私の記憶のなかでは11月のあいだにすっかり黄色になるはずだったのに、”まっきっき”は12月にずれこむのでしょうか

続きを読む

スマホをめぐる冒険
2014年11月29日15:00

嫁ハンのiPhone5が購入後一年で壊れた。フォトやライブ音源のみならず、動画や楽譜つきメールのやりとり、FacebookやtwitterやLINEや個人ブログ、おそらくこのmixi以外のSNSをほとんど、そしてGPS機能も駆使しているから、私の何十倍もスマホをいじめていたこ

続きを読む

ブラッド・ピット主演・製作総指揮、アカデミー賞有力作品。第二次世界大戦末期、ドイツ軍に「フューリー(激怒)」という名の戦車で立ち向かった米軍兵士5人の物語。はてしなく惨状が続く戦場における、この5人の表情の変化が見どころのひとつです。5人5様、

続きを読む

◎ブルックリン・パーラー オオサカ (心斎橋)ライブもできる広い空間。ここって前は何だったんだろう、フィットネス・ジムだったっけか。御堂筋沿いというロケーションのよさ。客層はかなり若く、オシャレなみなさんはおしゃべりに熱心、正直静かに落ち着

続きを読む

紅白歌合戦の出場歌手がきまったようで。V6がデビュー20年目にして初出場とか。えっ、彼らっていままで一度も出てなかったの?…ってそんなことはとっくに知ってましたわ。だってこちら紅白マニアやもん。ちなみにKinki Kidsも一度も出てません。V6初出場、事

続きを読む

やっぱり京都は奥が深い
2014年11月25日15:30

そうそう宇治へ行ったときのことを書いておかないと。いわゆる”紅葉の名所”としてはそれほどでもないんですね、宇治周辺は。というかこの時期の京都には他にいくらでも紅葉を味わう場所がありますしね。だから真っ赤に染まる木々を平等院の片隅に見つけたり

続きを読む

1600m走ってわずか5センチ、文字通りハナの差決着。目の前でいくらデッドヒートが展開されようと馬券を獲らないと。この季節の京都競馬場は、レースが後半に進むにつれて最後の直線を駆ける馬の背中から西日が差すようになる。きのうのような好天だと、芝のみ

続きを読む

紅白戦、代打・西岡が告げられると今成ふんするニセ西岡が打席に。見事なまでの形態模写。ニセ西岡は内野へゴロをころがし、ファールラインのかなり内側を走って一塁ベースを駆け抜けた。守備妨害でアウト。ニセ西岡は必死で抗議するもむなしく…。やがて本物

続きを読む

先週の阪神=巨人OB戦は0対10で負けてたな。CSのお返しをこんなところでするのですか読売球団は。松井が出てきて4打数4安打ってそれはズルいわな。しかし阪神打線のほうも情けないな。江川のヘナチョコ球が打てんか。やっぱりバースがおらんとあかんのか

続きを読む

きのう到着しましたデヴィッド・ボウイの3枚組ベスト、国内盤タイトルは「ナッシング・ハズ・チェンジド〜オールタイム・グレイテスト・ヒッツ〈デラックス・エディション)」ということになっております。あと2枚組エディションや日本国内のみ1枚ものもリリ

続きを読む

そうだ宇治、行こう
2014年11月20日09:45

ふつうこういう日記というのは行ったあとに書くもんだけど、まあたまにはそうでないのもいいかなと思って。このところ偶然にも何名かのマイミクのかたが宇治方面にお出かけになられたみたいで、リニューアルされたばかりだという堂々たる平等院鳳凰堂のすがた

続きを読む

やっぱりこの役は宮沢りえにしかできないと思う。平凡な主婦兼銀行員が引き起こした巨額横領事件。彼女は絶えずクールな面持ちで、人間のもつはてしなき欲望と怖ろしさ、そしてもろさや弱さと真正面から向かい合う。このところずっと軸足を舞台においているよ

続きを読む

無口だったり不器用だったりした日本の男性はずいぶんこのひとに救われたのでは。遺作となった「あなたへ」が7年ぶりの主演でこの時81歳、劇中では50代男性も演じていたけれど、後ろ姿にすごく老いたものを感じて、ああ背中で演技し続けてきたひとだから、背

続きを読む

天才少年スピヴェット君のひとり旅、できることなら3Dで観るほうがよろしいかと。“3Dとは被写体が目の前まで飛び出してくるという視覚効果だけにはあらず”…かって「アメリ」を監督したジャン=ピエール・ジェネにそう教えられているような遊びごころが満

続きを読む

最近のラジオ・デイズ
2014年11月16日16:10

きのうは月1恒例の「ポップス出前寄席」。貴重な音源・映像をサカナに、いつもながらウダ話を続けるわれわれ参加者のあいだで、「クリス松村のザ・ヒットスタジオ〜レッツゴー・ヤンヤン〜」というMBSのラジオ番組が面白いと話題になった。金曜の夜11時40分か

続きを読む

普通ごみ・資源ごみ・容器包装プラスチック…いくつのパターンに分かれていて、さらにそれぞれ何曜日に出せばいいのか、私はまったく把握していない。大阪市はまだマシ、市町村によってはもっと複雑に分かれているところがあると聞いたけどどうなのか。ただし

続きを読む

藤山扇治郎が勢いよく舞台に飛び出してきたときの客席からの反応つまり拍手の大きさは、残念ながらこちらが想像していたほどではなかった。う〜ん、彼にたいする認知度はまだまだなんでしょうか。まちがいなく未来の松竹新喜劇を背負って立つべき存在。今回の

続きを読む

にぶんのいちのじょう
2014年11月13日10:15

まだ半分ぐらいしか実力を発揮してないな今場所は。モンスターにはまだちょっと遠い。懐に入られて速攻でこられるとダメみたいですね。初日の日馬富士戦もそうだったし、きのうの豪栄道戦だってそう。まあ豪栄道も連敗するわけにはいかんしなあ。あとカラダの

続きを読む

ポール来日公演から1年
2014年11月12日15:30

もう1年も経つのか、早いもんですね…というよりは、あの幸せな夜はもっともっと前だったような気がしているんです。5月の再来日/中止騒ぎをはさんでいるからそう感じるのでしょうか。どちらにしても単にライブそのものの思い出だけでなく、そこに至るまでに

続きを読む

11月11日に思うこと
2014年11月11日16:20

hayami家はやっぱりソッチ方面の才覚には縁遠いということがわかった。わずかずつながらバラバラとある手持ちの株を処分しておけと両親にアドバイスし、実行したもつかのま世の中は全面的な株高となってしまった。株主優待の乗り放題キップが年に何枚かもらえ

続きを読む

やらせいっさいなし。法則にしたがっただけ。【今日はこの1枚】、ボウイ・コステロ・プリンスと残ったあたりで、最後の展開は読めてたんですが、あまりにもできすぎたエンディングに自分でもビックリ。リリース順にUPしていたので最新盤が最後になるのは当然

続きを読む

スフレパンケーキばかりが有名なチェーン店だけど、チーズケーキもけっこうイケた。ほどよい柔らかさとほどよい甘さ、ちょっとした衝撃でした。まあその前に丸源ラーメンで油脂ギトギトの肉そばを食していたから、実際のお味以上にスッキリと感じたのかも。た

続きを読む

3年前の日記をさかのぼってのぞいたら、スタートしたのはくしくも11月9日!のべ1097日、そのあいだ20日間に及ぶ入院生活があったり、まれにサボって(≒帰宅が日付が変わってからになったりで)UPしなかったこともあるから、トータル1000枚とちょっとの作品を

続きを読む

LEDがやってきた
2014年11月07日15:45

あべのHoopの前を通ったらイルミネーション・ゲートが準備完了。ハルカスができる前はもう少しスペースに余裕があり、いまより多少ゴージャスだったから、勝手に“アベナリエ”と命名したりした呼びものだったんですけどね。へえ〜もうそんな季節かと思って調

続きを読む

守備妨害からちょうど一週間。鳥谷と新井がそろってチームをあとにすると表明、阪神タイガースはまた別のものになろうとしております。可能性はやや薄くなったようですが、成瀬や宮西が投げて藤井が受け、三遊間に西岡と中島がならんでいる光景は、少し前のオ

続きを読む

広い広いヤマダ電機、PCやデジカメ売場がそのほとんどを占めるIT関連フロアの、PC周辺機器売場のずっと向こうにFAX/固定電話売場はひっそりとたたずんでいた。PCやデジカメがクリーンアップを打つ主軸バッターだとしたら、FAX/固定電話はベンチ入りギリギリの

続きを読む

小春日和と年賀状
2014年11月04日15:40

秋深まりゆく季節、こちら室内ではTシャツ一枚そして素足、寝る時は厚めのタオルケットだけ、喫茶店ではアイスコーヒー。再び徐々に増えつつあるぜい肉が“ミートテック”と化しているのでありましょう。私自身のカラダはまだまだ夏が続いているのであります

続きを読む

ファクシミリ付き固定電話がついに壊れた。10年近くまえに嫁ハンがネットオークションにて、おそろしくお安い値段で落としたブラザー社のもの。十分すぎるぐらいモトはとっているので儲けもの感のほうが強くあきらめはつく。というかこのところはほとんど使っ

続きを読む

とりあえずはこの魅惑のセットリストをご覧いただきたい。見事なまでの選曲に感激のあまり何度も泣きそうになった私。今回のライブ、正式なタイトルは“野宮真貴、渋谷系を歌う−2014−。色合いはパールホワイト、フィフティーズ調のワンピースでお出ましの彼

続きを読む

南フランスの田舎町にあるミシュラン1つ星名門フレンチレストラン、その真ん前にムンバイからやってきたファミリー経営のインド料理店が居を構えてひと悶着…。邦題や宣伝媒体を見ているかぎりでは、いかにもヘレン・ミレンの映画のようだけどけっしてそうじ

続きを読む