mixiユーザー(id:2399973)

日記一覧

全部で5曲のミニアルバムはダニエル・タシアンとのコラボ名義。プロデュースを委ね、すべての楽曲の作詞とボーカルもお願いしているのだから、タシアンのソロアルバム全曲の作曲をバカラックが請け負ったかと皮肉れないこともない。ところが1曲目のイントロが

続きを読む

牝馬の心と秋の空
2020年10月19日14:40

阪神の大山にかすかな二冠が見えてきたというこの日、こちらの若き女子はあっさり三冠達成。デビューから一度も負けなしでの達成は史上初。この時期の彼女たちはデリケートにできていて、コンディションを維持したままひと夏を過ごすのがむずかしい。たいがい

続きを読む

喪失感が続いたまま2007年に出た「筒美京平トリビュート the popular music」というCDを繰り返し聴いている。オリジナルをきっちり聴きたい気持ちもあるけれど、流行歌というものは、雑踏のなかやふとつけたラジオから聞こえてくる瞬間に、最大限に魅力を発揮

続きを読む

蒼井優と高橋一生共演、太平洋戦争の荒波にほんろうされる夫婦の物語。もともとはNHK-BS8Kで放映されたドラマを再構築したもの。欧州では現代における秀でた日本映画の作り手を、是枝・河瀬・北野とともに“4K“とくくられる黒沢清が監督。ベネチア国際映画祭

続きを読む

70年以上の年月を費やして刊行された「オックスフォード英語大辞典」。19世紀末、世界最高峰と言われる辞書の編纂に携わったふたりの男、孤高かつ異端の学者マレー(メル・ギブソン)と、人を殺め収監されたアメリカ人元軍医マイナー(ショーン・ペン)の固い絆を

続きを読む

都構想とはまったく関係なし。ネットで話題「東京の街を大阪でたとえたらMAP」、東京のかたにとってはどうかわからないけれど、大阪人は以前からよく交わしていたウダ話のひとつ。ただ、ここまで展開するにはよっぽど双方の街に通じてないと。ちなみに作者は

続きを読む

細身で華奢なイメージがある彼女だけれど、実際の見た目はけっこう大柄。まあ昨夜のお召し物が、濃紺ベースに白のポルカドットをちりばめた、まるでマタニティウェアのようなふわっとしたワンピースだったせいもあるけれど。男性ピアニストをひとり従えてのス

続きを読む

おとといの広島戦、3-7の劣勢から8回に代打ソロ弾。同じ追い上げの1発、ニュースバリューは21号を放った村上に軍配、どうもこのところは目立たない1発ばかりが続く。チーム構成のせいもあってベンチを温めることが多い今季はようやく4号(昨季最終10本)、ある

続きを読む

少年のころはヒット曲の作曲者なんていちいち気にして聴いていない。筒美氏のことを意識するようになったのは、やっぱり近田春夫の影響だとここは正直に告白します。高校のころ雑音まみれで聴いていたのが、TBS深夜ラジオの「電撃的東京」という番組。DJ近田

続きを読む

「ディアロークハインリッヒ」と題されたトークライブも14回目。道頓堀ZAZAでの前々回に初めてナマ体験、配信オンリーだった前回は残念ながら見逃した。そして今回、場内の密をさけるため漫才劇場に場所を移し、圧倒的に女性客が多い”信徒たち”は市松模様に

続きを読む

周囲との軋轢に悩む現代女性の生きづらさを描いて韓国で大ベストセラー、日本でも話題を集めたチョ・ナムジュによる同名小説の映画化。チョン・ユミとコン・ユ、「新感染 ファイナル・エクスプレス」に出演していたふたりが夫婦役。原作との違いをあれこれ言

続きを読む

「みなさん、きょうは特別な日です。もちろんご存じのはず、ジョンの誕生日。お元気ならちょうど60歳ですね」ちょっと太めのおばちゃんツアーガイドは、走り出したバスのなかでマイク片手に語り出した。ところが丸一日リバプールをウロウロしたこの日、10月9

続きを読む

噂には聞いていたけど、実際に歩いてみて予想以上。ミナミ各商店街のシャッター通り化。インバウンドを相手にしていたお店がここにきて一気に閉店、その主役はもちろんドラッグストア。いくつかの老舗銘店を追い出して各店波状攻撃のように進出するも、コロナ

続きを読む

GO TO EATキャンペーンをこのチェーンでセコく活用した輩のニュースが流れたばかり、なんだか乗っかったようでタイミングが悪いんだけど、こないだの甲子園帰りに同行したKーる君と野田阪神の「鳥貴族」へ。なぜ野田阪神かというと、キタやミナミの密はやはり

続きを読む

子どものころ、初めて知ったデザイナーの名前、それがピエール・カルダンだったような。たぶんディオールやサンローランよりも早く。なによりもこの事実が、モードをセレブの占有物から大衆的なものへと拡げた彼の偉大なる功績を物語るのだと思う。ファッショ

続きを読む

阪神タイガースが勝っていたらなかったとは思うけど、なんとけさの日刊スポーツ1面に登場。マイミクたーくんさんのご長男(なおくんさん〜今年のプロ野球順位予想に参加)が現在在学中、公立の山田高校が履正社を破って堂々の秋季大会3位。おそらくきょうは学校

続きを読む

勝てば官軍オレンジ色
2020年10月04日15:15

厳密に言えば定められたルールよりちょっぴりオーバーの観衆20046人。左右前後にきっちりひとりおき、見事な市松模様を描くスタンド風景。いや、ライトスタンドに関してはほぼ満席という印象。観衆5000人のときからたどってきているせいか、気持ち的にはもう

続きを読む

あのころは定期的にドイツへ。急速に円高が進み、あまりオシャレとは言えない質実剛健なドイツものでもかなりお安くなっていたので。毎年ケルンで開催される素材展、1990年は10月3日をまたいでいた。デュッセルドルフに泊まり、ケルンまで鉄道で往復する日々

続きを読む

幼いころ両親とともに中国を離れ、ニューヨークで暮らすビリー(オークワフィナ)。長春にいる祖母ナイナイが癌を患い、余命数週間と聞いた彼女は急いで祖国へと旅立つ。癌の事実はナイナイ本人に告知されておらず、いとこの結婚を祝うという口実のもとに、彼女

続きを読む

天高く馬駆ける秋
2020年10月01日15:10

そしてヒトが馬に賭ける秋でもあります。他のプロスポーツに遅れることしばし、JRAもようやく観客入場再開を決定。いまさらだけど馬券収入が大きな財源となる組織、入場料収入の多寡なんてのはささいなこと。そんなことよりも、どんなライブハウスより密にな

続きを読む

きのうL.A.にて78歳。原因はいまのところわからないけど、最近は認知症と闘っていたとのこと。健康的なたたずまい、女性の自立を歌った代表曲いくつかのイメージで、どちらかといえば”ええもん”にカテゴライズされたシンガーだった。日本で言えば森山良子の

続きを読む

ことしいっぱいで70年近くの歴史に幕とか。はす向かいが551蓬莱本店、なんばの超一等地にある老舗の服地屋。お店の前を通るたびに、いつまでもがんばるなあという思いと、もっと他におカネが動く商売あるんちゃうのという気持、そして小学生のときたった一度

続きを読む

この年末がくるとmixiを始めてちょうど15年。このところ新たにマイミクになられたみなさんは関東方面にお住まいのかたが多く、こちらの日記等も以前よりは関西色を出しているような。そういえばマイミクがまだ50人程度だったころは、そのほとんどが当時の行き

続きを読む

くまモン正代、初優勝!
2020年09月27日18:00

熊本県出身力士では初めての優勝とか。意外な気がしたので調べてみたら、いまの優勝制度が制定される以前、江戸時代までさかのぼると不知火という力士が優勝していた。そう、横綱土俵入りの型に名を残すほとんど伝説の存在。ついでに過去の熊本県出身力士も調

続きを読む

両横綱はじめ十両以上でなんと13名の力士が休場、これは10年ぶりの多さだとか、ただあのときはほとんどが野球賭博にからむ謹慎休場だったし。やっぱり出稽古禁止の影響なのか、身体が仕上がらないまま本場所にのぞみ、それがケガにつながるのかと。たしかにコ

続きを読む

独身アラフォーOLのなにげない日常。主人公の川嶋佳子はもともとお笑いのじろう(シソンヌ)が舞台で演じていたキャラ。彼自身の手になる小説を映画化、監督は「勝手にふるえてろ」の大九明子。たしか彼女も最初はお笑い芸人を目指していたはず。原作者じろうが

続きを読む

けさのこと、あるマイミクのかたが「平野区の高齢者宅に不審な電話、この手のアポ電は同じエリアに連続するので注意してください」とのつぶやき。絶えることない振り込め詐欺。なのでふだんから父親にはもう固定電話には一切出るなと言ってある。親戚やご近所

続きを読む

余裕をもって球場に着いたつもりだったけど、売店に残る選手弁当は、球児・梅ちゃん・大山・糸井・原口・北條の6種のみ。うち前3つは今季すでに味わっていたので、残りの3つからは糸井弁当を選んだ。前回の球児弁当同様に、ひょっとしたらこの弁当はことしで

続きを読む

【東住吉 ● 3−5 浪速】3年生が引退し、新チームでの初公式戦となるのが秋季大会。ここを勝ち抜いて近畿大会に臨み、その結果が来年のセンバツ出場に大きく影響する…などということにはまったく縁のないウチの高校。組み合わせのクジ運にも左右されるけ

続きを読む

「ミュージック・マガジン」最新号の特集は”Perfume ベスト・ソングス50”。姉妹誌の「レコード・コレクターズ」もあわせ、”〜のベスト100曲”などと楽曲にランキングをつけた特集はこのところの大定番、クイーンもポール・マッカートニーも立ち読みで済ま

続きを読む