mixiユーザー(id:2399973)

2021年04月16日16:30

106 view

「水を抱く女」〜現代ベルリンの幻想譚

ギリシャ神話「水の精:ウンディーネ」をモチーフにした、現代ドイツに生きる男女のはかない愛の物語。都市開発が専門、ベルリンの博物館でガイドとして働くウンディーネ(パウラ・ベーア)そして潜水作業員クリストフ(フランツ・ロゴフスキ)。ふたりは思わぬところで運命的な出会いを果たし、すぐさま愛しあう仲となるが…。

物語が動き出すのは予告編でも最もインパクトのあったシーン。さあここからは現代のおとぎ話、ふたりの身に何が起きようと、リアリティの追及ならずという作り手のメッセージのような。男の側が潜水作業員なのだから当然と言えば当然だが、とにかく重要な場面にはすべて水が絡んでくる。なのでこの邦題は悪くないなと思う。
 
このギリシャ神話をあらかじめ知っていたほうが、より深く味わえるのは明白。チラシの裏に過去この神話をモチーフとした作品が、ゲーテから山岸涼子までずらっと列記。こちらはずかしながらまったく縁がなく、これって西洋人が「竹取物語」を知らないようなものか。“オンディーヌ”と同一ということさえ今回初めて知った次第。

ヒロインが都市開発の研究者しかもガイド職なので、ベルリンがたどった歴史をけっこう詳しく知ることができる。バッハの旋律が印象的とあるが、こちらはあるシーンで引用された有名なポップソングに注目。あの状況、日本では「もしもしかめよ」だったっけ。話が進むほどファンタジー要素がだんだんと強くなる愛憎の物語でした。
21 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月16日 18:43
     “オンディーヌ”は、クラシック音楽、とくにピアノ曲ではよくみられます。例えば、ラヴェルの「夜のガスパール」の第1曲(https://www.youtube.com/watch?v=TF8TVjHDeCM)や、ドビュッシーの「前奏曲集」第2巻の第8曲(https://www.youtube.com/watch?v=KuW7QlPx4wY)など。イメージしやすいものがあるんでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月17日 00:19
    > mixiユーザー わざわざリンクありがとうございます。そのあたりもチラシの裏に列記してあったように思います。アンデルセン「人魚姫」もこれをモチーフにしているみたいだし、欧州では広く浸透している寓話なんですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月17日 08:52
    hayamiうじ、お誕生日(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)わーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月17日 11:55
    「予告編でも最もインパクトのあったシーン」を見たくてググりました。
    水槽のシーンですね。
    https://youtu.be/L8YDdJ62dgg

    「水がモチーフ」「色調」のせいで、『シェイプ・オブ・ウォーター』を思い出しました。あれは本当に大好きな作品です。こっちはどうかしら…。
    上映館がテアトル梅田かアップリンク京都とは。泣
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 00:10
    > mixiユーザー ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。お元気でお過ごしください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 00:13
    > mixiユーザー こちらはまさに現代の物語、あえていまの大都会ベルリンを舞台にすることによって、寓話性を引き立たせているように思いました。
     

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年04月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930