mixiユーザー(id:2399973)

2021年04月10日16:10

111 view

「パーム・スプリングス」〜おバカループ無限軌道

風力発電の本拠地としてもよく知られた西海岸の街、陽光きらめく砂漠のリゾート地を舞台にしたタイムループ・ラブコメディ。妹の結婚式に出席していたサラはパーティーの席上でお調子者のナイルズと出会う。いい雰囲気のままふたりきりになるも謎の老人(J.K.シモンズ)の襲撃に遭い、洞窟に逃げ込むやそこはタイムループの源泉だった…。

お互いの身に何が起きようと、かならず11月9日つまり結婚式の朝にもどってくる永遠の輪廻。けっこう何度もループが繰り返され、観ているこちらはやや退屈を覚えてしまった。何度同じ時間をたどろうとどうせおバカなことをくりかえすだけだろう、命の危険が迫っても結局はその直前で起点にもどるのだろうと、最後まで冷めた目のままだった。

ただ各映画評に目を通すかぎり、着地があいまいなまま終わることの多いタイムループもののなかでは、収束の切れ味が見事な作品などとあったから、まあこれはこちらの消化不足、観る側として完全に失格ということでしょう。そういえば昨年話題の同じく時空ネジリもの「TENET テネット」を観たときも同じようなことを感じたなと。

なのでカタルシスを感じるべきラストシーンにも残念ながらこちらはニブいまま、ただエンディングで流れたのが思いもよらぬ懐かしのメロディ、どこから引っぱってきたのだろう、これが長編初作品というマックス・バーバコウ監督の思い入れなんだろうか。この私的隠し玉楽曲にしみじみできたのがせめてもの慰めとなりました。
25 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月10日 16:30
     チラシに“バカンス満喫型タイムループ・ラブコメディ”とありますが、この言葉、あと20年もすれば(ひょっとしたら今ですら?)、ひどく時代を感じさせる時代遅れの言葉になっているような気がします。ワープで何度も時間を自在に移動する内容の作品にこんな時代を感じさせるコピーが付いているとは皮肉なものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月11日 00:31
    > mixiユーザー ひょっとしたら確信犯的なプレゼンテーションかもと思ったりします。もちろん現代の物語なんですが、映画全体の色彩感覚にやや古くさいものを感じましたから。上に書いた楽曲も70年代前半のものでしたし。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年04月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930