mixiユーザー(id:2399973)

2021年01月22日16:30

135 view

夢がかなった砂かぶり

平成4年(1992年)初場所八日目、貴花田の寄りを必死でこらえる舞の海。そしてそのすぐ後ろ、向正面西寄り砂かぶり3列目に座る、ブルーのシャツでメガネの男が当時30歳の私です。YouTube映像のスクショなのでちょっと見づらいかもしれないけど。砂かぶりでの生観戦、子どものころからの夢がよわい三十にしてかなった一日ということ。

当時19歳の貴花田が史上最年少で初賜杯、若貴フィーバーが頂点に達したメモリアルな場所。バブルの名残りに重ねて空前の相撲ブーム、入手困難を極めたチケットは、会社のまったく別分野の取引先のエライさんに、英国紳士服地をお安く提供したお礼という名目、もちろんそうなることを周到に画策した完璧なる確信犯なり。

もちろんこの日の私はお昼前からしっかり座布団の上。これが長年憧れていた眺めかとしみじみ、土俵は思ったよりずっと小さく、力士は思ったよりずっと大きいなと。あまりの嬉しさに館内の公衆電話から大阪の実家に電話、テレビに映りまくるから見ておけと。そしてこの当時屈指の好取組は翌日のスポーツ新聞1面、もちろん私の姿もバッチリ。

そういえば子どものころ、相撲取りになるなんてのは絶対ムリだから、せめて横綱審議委員会の一員になりたいとか思っていた。そうすれば毎場所相撲が良い席で見れるから。実際は委員会に名を連ねるのはある意味横綱になるのと同じくらい難しいことなんだけど、子どもの目にはスーツを着ているおっさん連中としか映りませんからね。


32 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月22日 17:00
     30歳当時の凛々しきお姿、しっかりと拝見いたしました(^^♪
     私はもっとガキっぽかったのか、無謀にも力士そのものになることを夢見ていた時期が結構長い期間ありました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月22日 17:21
    YouTubeに動画が残ってる んですね。あの席ならば、テレビにもバッチリ映っちゃいます。
    わたしは椅子席で、二度九州場所を見たことがあります。
    そのうちの一回は、友人が、琴欧州の出演してた、ブルガリアヨーグルトの懸賞で当たったチケットをプレゼントしてくれました。
    わたしは左足に障害があって正座ができないので、砂かぶり席は無理ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月22日 18:02
    凄い記録が残っていますね。数日前、たまたま、矢野顕子さんのTwitterで「NYにもファンがいる〜」ということで知ったのですが、「溜席の妖精」と呼ばれている方が話題になってるみたいですね。相撲ファンの方々にはお馴染みなのかも知れませんが。コロナで東京ばかりになり、余計に目立ったのでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月23日 01:07
    > mixiユーザー こちら体格的には大きくて、いわゆる草相撲では強かったけど、運動神経も根性もないし、何をおいてもあの股割りを見て即座にあきらめました(笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月23日 01:09
    > mixiユーザー ああ、その琴欧州がらみの懸賞なんとなく憶えてます。
    入門当初の彼はちゃんこになじめず、白ご飯にヨーグルトをかけて食べていた話は有名ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月23日 01:11
    > mixiユーザー 彼女に関してはこのmixi内の大相撲コミュでも力士とならぶくらい話題に上っています。いまだ正体不明で場所を追うごとに相撲ファンの好奇心を刺激しているようです。NYCまで飛び火してましたか!

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31