mixiユーザー(id:2399973)

2021年01月19日15:30

140 view

オシャレなお年玉

末等の切手シートが1枚だけ当たった。もともとこのお年玉には縁がなく、子供のころから切手シートしか手にしたことがない。昭和のhayami家なんて毎年数百枚の年賀状が届いていたんだけど。そして母親が逝った年の喪中ハガキ以降、当方年賀状はきっぱり廃止。必然いま届くのはわずかな枚数、それで当たり1枚はかなりの高確率。

ただ切手を手に入れたところで日常的にほとんど使うことがない。自宅はす向かいが郵便局のせいか、たまに必要が生じても家の中の買い置きを探すことなく窓口に直行してしまう。こうなったら話のタネ、当たった切手シートを即金券ショップへ売却してやろうか、そしてその換金にてマクドのコーヒーでもいただくことにするか。

ところが受け取った切手シートは大入り袋を模したとてもオシャレな縦長カード状。いつの間にこんな風になってたんや。通常サイズの切手が何枚かならぶだけの単なるペラペラの紙かと思っていたら、切手もまん丸でかつシール状になっている。これを金券ショップ行きとするのはもったいないなあ…なんとなくそんな気分になってきた。

だからといってどうすればいいのか。借りていたものを返すときとか、どなたかへのささいなプレゼントにいいかもしれないけど、あきらかに横流しだとわかるし…まあそれはまた考えます。せっかくなので金券ショップで買取価格を訊いてみた。額面147円にたいして102円とか、とりあえずマクドのコーヒーはいただけますね。


30 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月19日 16:20
    喪中の我が家に届いた5枚のうちの1枚、末等が当たりました。
    今までのシートと全然違うんですね。
    もらうのが楽しみです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月19日 16:41
     私も1枚、姪から届いたのが当たりました。
     もし、外国人の友人がいらっしゃれば、差し上げると喜ばれますよ。日本の切手の美しさは世界的に評価が高いようです。また、この年賀切手のシートに見られるような小型シートでの発行も、日本は図抜けて多いと聞きました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月19日 18:51
    実はワタシ、1等賞が当たったコトありまするんるんえへん(^^)
    1982年、当時の貨幣価値で10万のラジカセがあたり、その後10年ほど使ってましたハート
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月20日 00:47
    > mixiユーザー 5枚のうちの1枚ってすごい確率じゃないですか!おめでとうございます、値打ちもんの末等ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月20日 00:49
    > mixiユーザー そうか、外国のかたに差し上げるという手がありますね。たしかに日本切手の繊細な美しさは定評がありますね。早く手渡せる日が来てほしいもんです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月20日 00:52
    > mixiユーザー それはスゴい!私の周りではいままで聞いたことないです。各組共通の6ケタズバリですよね。抽選日が1月15日だったころ。あのころ1等はラジカセでしたか。10万というとけっこう高級品のはず、10年は軽く使えますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月22日 00:06
    > mixiユーザー もっと早くからこんなふうにしてたらなんて思いますよね。まあそのあたりがお役所的ですね。今後は若手デザイナーによるコンペにするといいかも。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

最近の日記