mixiユーザー(id:2399973)

2021年01月17日15:30

154 view

1.17 この日を語り継ぐために 2021

あの日から25年の月日を重ねた昨年のきょうの日記には、『1945年の敗戦の年から25年後には大阪万博開催、そしてその25年後に阪神・淡路大震災。禍事(まがごと)・吉事(よごと)・禍事と交互にきたから、ことしは吉事の番、それはまさに東京オリンピックだ』みたいな、まことに能天気なことを書いていた。

ところが実際この節目にやってきたのは新型コロナウイルス、とんでもない大禍事だったということ。ことしも性懲りなく、あの日の個人的記憶を綴った2007年の拙日記を貼りつけます。そう、いつのまにか震災の日から下記の日記を書いた年月の長さより、貼りつけた後の年月のほうが長くなってしまいました。

2007年1月17日のmixi日記
======================================

12年も経つとだんだん風化していくのがわかりますね。ニュースの扱いも、関西ローカルでさえ以前ほどではないし。戦争を知らない我々は悲しみの共通体験みたいなものが少ないから、語り継いでいく必要があると思います。

その日前後の事をあえて感情的ではなくドライに書きます。もっと悲惨な目に遭っているかたがたくさんいるのは百も承知です。不謹慎かもしれません。でも事実を歪めたくないからそのまま書きます。

○三連休明けの朝だったので、その日はあまり眠れず、その瞬間も半分起きていた。マンションの12階に住んでいたので揺れは相当だったが“止まらぬ揺れはない”と妙に冷静でよつんばいのままじっとしていた。

○前夜、友人たちが遊びに来てすき焼きをした。食器類をしっかり乾かすためにあえて食器棚の手前に置いたので、食器類は全滅した。

○鉄道が動いてないと聞いて、ほとんど寝れなかった私は“これでもうしばらく寝れる”と思った。

○当日夕刻のなんばWALK、テレビの地震報道をサカナに酒を飲もうとするおっさんたちで居酒屋は満杯だった。職場にいても仕事にならず、一杯ということだろう。

○その日の大阪新聞(夕刊紙)は4ページだけ。思いっきり引き伸ばした写真数点だけで記事はなかった。

○元同僚S君が犠牲となる。彼は約1年前、父親の会社を継ぐために退社し、修業の毎日だった。自宅の芦屋旧家が全壊、S君と父親(つまり社長)が犠牲となり、母親と妹は助かった。
彼の安否を彼の会社に確認し、その悲劇を聞いて、みんなに伝えたのが私だった。こういう時、ドラマなどでは受話器を持ったまま目をつぶってうなだれて首を左右に振るのがおきまりのパターンだが、そのとき私がどんな行動をとったか一切覚えていない。S君が退社前、若手だけでスキーに行った時の写真があり、日付をみるとちょうど1年前の1月17日だった!

以上、ありのままの事実です。
=======================================

私にとっては読みつくした拙文にもかかわらず、 毎年のように当時の光景がくっきりとよみがえってきます。毎回マイミクのかたから当時の記憶等をコメントのかたちでいただくのですが、非常に詳細で貴重な文章が多く、その重たさになかなかご返事ができません。あらかじめお許しいただき、ことしもよろしくお願いします。

27 13

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月17日 16:20
    知人が犠牲になったというのは、大きな衝撃と思います。私は直接の知人で死者はいません。しかし難儀な話は多数から山ほど聞いています。若い人は精神的ショックが大きい。生活上の障害、金銭的被害とは別に、大震災で人生観が変わった人は多いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月17日 16:24
     初場所のテレビ放送を見ながらこの日記を読んだせいもありますが、そういえばあの日も初場所の最中で、あの場所は貴乃花が優勝したのに優勝パレードができなかったことを思い出しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月17日 17:19
    当時25歳でパナソニックの茨木工場で大型ブラウン管テレビの梱包をしてました。確か3日以上は臨時休業になった覚えが!当然の如くテレビTVは倒れていたそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月17日 17:29
    今日も振り替えるニュースが報道されていました合掌お願い
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月17日 18:45
    わたしは当時、福岡市在住。東日本大震災は、東京にいて新宿区の会社で体験しました。
    わたしには「震災」といえば、東日本大震災のことですが、関西に住んで当地のかたと話していると、こちらでは「震災」は、阪神・淡路大震災のことなんだな、と実感してます。
    自宅が半壊し、人生が狂った、という人もいましたし、温泉に行った時、ご婦人二人連れが「震災のときは、ドラム缶のお風呂に入ったよね」と話しているのを聞いたことも。

    通ってる沖縄三線教室で「満月の夕」という曲を習いました。震災の時、神戸の人々を励まそうと、作られた曲です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月18日 00:39
    > mixiユーザー 私のまわりでは特に女性に顕著、本当にやりたいことがあるひとは仕事を辞め、ひとり暮らしだったひとはすぐに結婚しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月18日 00:41
    > mixiユーザー 初場所といえば最近は毎年話題になる、震災の日に淡路島で生まれた照強は負けましたね。力が入りすぎるのかこの日の勝率は低いはずです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月18日 00:44
    > mixiユーザー そうでしたか!あのころだと「画王」ですね。テレビ本体に奥行きがあり重量もかなりのもの、工場再生も大変だったと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月18日 00:45
    > mixiユーザー 以前よりはグッと少なくなったとは思いますが、関西ローカルニュースではまだまだ時間を割いてます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月18日 00:49
    > mixiユーザー 「満月の夕」!ソウル・フラワー・ユニオンですね。
    先日、この曲の作者のひとり中川敬がラジオに出演していて、作曲したきっかけを話してました。(たぶん以前にも聞いていて忘れていたんだろうけど)あの寒かった震災直後の日々がよみがえってきました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月18日 01:14
    > mixiユーザー 当時幼子に関西の状況話すと泣かれて「みんな、みんなお家に連れてきてあげようよ、お風呂入れてあげようよ」と言われ「ごめん、それ出来ない。お母さんの働いている所に寄付の袋は廻って来たから、それにお金は入れたのよ」と説明しましたが、納得できない様子でした。自分も被災していなくて、近くでいたら、被災していた場合してほしい支援どれだけお互い様だからとできるか、自信ないです。東日本の時再び同じ葛藤がありました。行動力ないなぁと。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月19日 00:22
    > mixiユーザー まあひとそれぞれができることを少しずつでも。
    東日本大震災のとき、こちら関西までが萎縮あるいは自粛してしまったらいけない、経済がまったく回らなくなると ふだんどおりにしているのが一番いいとみんなで言い合いましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月19日 17:37
    > mixiユーザー 電車少しで別世界の放映に驚いた覚えも。逆に廻りが平常であればそ支援可能なんだな、と。コロナでは全日本どころかほぼ全て医療体勢超逼迫。台湾が羨ましい冷や汗

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31