mixiユーザー(id:2399973)

2020年11月20日16:30

104 view

「ばるぼら」〜すべては夢かまぼろしか

手塚治虫が70年代に発表した漫画作品を手塚眞監督により映画化。人気イケメン作家・美倉(稲垣吾郎)の前に現れた自堕落な酒呑みホームレス女性ばるぼら(二階堂ふみ)、あつかましくも勝手に同居を開始、まったくもってやっかいな存在だったが、やがて美倉はばるぼらの不思議な魅力に取りつかれ、創作活動にも拍手がかかる。

幕開けしばらくでいきなり非現実な出来事。それはここから後は何でもあり、細かい筋立てやつじつま合わせいっさいご法度というサイン。ことし話題の映画「ミッドサマー」っぽい奇妙な団体も登場したりの非日常な世界が続くなか、唯一現実をもたらす存在が編集者の加奈子(石橋静河)かと思ったが、結局さほど機能しなかった。

原作に寄り添ったせいか、登場人物設定、セリフまわし、カメラアングルや画面の色調、終始流れるフリーキーなジャズ(音楽担当は橋本一子!)、すべてから昭和の匂いがにじみ出ていて、ああ、あのころはこんな雰囲気の映画をけっこう観たなあという感慨にとらわれ、このあたりは映像作家という言葉が似合う手塚眞ならではだと思う。

こんな言いかた身もふたもないけど、男女の愛憎劇にいまさらハタから口を出すのも…なんて気持ちになったのも事実。さほど芸術方面に振れてはいないけど、やっぱり”観る者を選ぶ”作品ということになるかも。まあこの半年間、毎朝お茶の間で音ちゃんを見ていたひとにとっては、彼女の別ペルソナを楽しめる作品だと思います。
22 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月20日 18:47
    毎朝、と言うか録画もあるけど、音ちゃんを見ていたクチです。ドラマはあまり見ないわしですが、二階堂ふみは、タモリ倶楽部に出てたので知ってました。実は昨日、ザ・バンドの映画見てきましたが、ばるぼらのチラシ、ありましたよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月20日 20:20
    これ見たいんですよぉ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月20日 20:27
    明日観に行く予定です。

    観る者を選ぶ作品だろうなあ〜と思ったら、そのようですね。
    自分に合えば良いのですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 06:13
    > mixiユーザー そういうつながりがありましたか。橋本一子ってもともとけっこうジャンルをまたいだ仕事してましたしね。手塚監督とのつながりもなんとなくわかります。あと関係ないけど、以前彼女はけっこう本格的にmixiしてましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 06:16
    > mixiユーザー まあ以前から二階堂ふみを知っているひとにとっては音ちゃんやトヨタのCMのほうが違った一面というやつですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 06:17
    > mixiユーザー 手塚監督らしい独特の雰囲気を持った作品だと思います。ぜひご覧ください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 06:21
    > mixiユーザー まあ話のゆくえを追って楽しむ作品ではないようです。
    元SMAP3人の役者としてのこれからには興味が湧きますね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年11月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930