mixiユーザー(id:2399973)

2020年10月10日15:30

93 view

「82年生まれ、キム・ジヨン」〜共感あるいは身に覚え

周囲との軋轢に悩む現代女性の生きづらさを描いて韓国で大ベストセラー、日本でも話題を集めたチョ・ナムジュによる同名小説の映画化。チョン・ユミとコン・ユ、「新感染 ファイナル・エクスプレス」に出演していたふたりが夫婦役。原作との違いをあれこれ言われているけど、さほど気にならなかった。それともこちらが読み足らなかったのかも。

主人公ジヨンの言動にある変調が生じること以外は、それほどの起伏が待っていることもなく、食事の場面を中心にごくごく日常的な韓国の習慣を織りまぜつつ物語は進んでいく。もちろんこれは現代女性の誰もに起こりうることという意味。彼女たちが直面する辛さや痛みやいらだちが、まるでカタログのページをめくるかのように次々と呈示される。

国の彼我を問わず、女性なら共感できる部分は多々。さらに7〜80年代生まれであれば、物語は何度となく過去にさかのぼるので、自らのたどってきた日々と重ねあわせてみるのも一興。61年生まれ男性の私としては、少しの反省をふくめつつ思い当たるフシがいくつか。とりわけオフィス生活における男性同士のちょっとしたやりとりとか。

それにしてもこのご主人、ちょっと優しすぎないか…などと感じてしまう時点でもう現代男性としては失格なのかも。そしてこのところ観た「チィファの手紙」しかり「フェアウェル」しかり、日・中・韓、東アジア各国の生活環境にほとんど差がなくなってきたような。まあそれぞれある特定の階層だけをとらえた作品だと言われればそれまでだけど。
21 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月10日 15:58
    わたしも昨日、見てきました。
    原作は「あるある」感が満載、父親から「女に学問はいらない」と言われて育ったわたしには、まるで自分のことが書かれているようでした。
    映画は、思っていた以上に原作を生かして、エピソードもほぼ原作通り。
    男性が育児休暇を取ると昇進に響く、なんてとこなど日韓は同様です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月11日 08:31
    > mixiユーザー 観られましたか!そう、いまの女性がずっと言われ続けてきたいくつかの言葉を巧く整理してならべたような印象ですね。実母・義母、それぞれとの距離感の違いなんかも日本と変わらないですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月12日 07:53
    読みました本現代韓国小説って初めてかも。日本以上に儒教縛りだなぁ。と。

    ウチも「女に教育不要」家庭で、勉強よりお手伝い大事。受験期は妹と当番年としてやり過ごしました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月13日 00:37
    > mixiユーザー 読まれましたか。男尊女卑に関しても韓国のほうがキツいと思っていたので、この映画におけるご主人の優しさには意外な感じを受けました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年10月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031