mixiユーザー(id:2399973)

2020年08月19日17:20

106 view

エンタメ危機一髪

常備している喫茶店にお邪魔したときにはたいがい手に取っているけど、あとは特集によって立ち読みで済ます程度のつきあいの経済誌「週刊ダイヤモンド」、さすがにいま書店に並んでいる最新号からは目が離せない。コロナショックに直面したエンタメ&スポーツ業界が置かれている状況を徹底取材、かなりのボリュームで大特集。

特集書き出しの一文が『スポーツとエンタメは、最もコロナに弱いビジネスといえる。ほとんどのジャンルで「多くの観客が来ること=密」を前提としているからだ』と的確な表現。豊富なデータの数々や各ジャンルのキーマンへのインタビューも数多く、サマソニ仕掛け人、あの名物社長もしっかりと自論を展開していた。

そして株式会社ミクシィ代表取締役社長も登場。ミニインタビューによると、アフターコロナにはなんと競輪事業に手を拡げるとか。最初はバーチャルなゲームのことかと思ったら、ギャンブルとしてのリアルな競輪、スマホを利用した車券販売や実況観戦に着手、まだまだ潜在的なマーケットはあると社長の弁。はたしてどうなることやら。

今回の特集、とりあえずコロナうんぬんを抜きにして、各エンタメの現状を俯瞰するにはうってつけの資料となるのでは。実際のところ、ほとんどのジャンルが“やっぱりナマが一番”というキーワードを基に、このところほぼ順調に推移してきたところのコロナショック。経済誌ならではのクールな視点が興味深い一冊だと思います。
24 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月19日 17:27
    久々に買いたくなる雑誌です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月19日 18:49
    面白そうですね。まれにしか手を取らない、買わない雑誌です。近くの図書館にあったかしらん?日頃充実している、病院の雑誌は「コロナですから」と軒並み引き上げられています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月19日 21:43
    まずなぜ貴兄がダイヤのような経済誌を手にとったのか?またなぜmixiが取り上げられていたのか?昨年、あるハローワーク系のイベントで聴講したシンポジウムでは「『家族の写真』というアプリを運営している、いぜんmixiというSNSを運営していたミクシィ社」の社員さんの一人が登壇して話していました。帰りのエレベーターで呼び止めて聞いてみましたが、その人自身はmixiのアカウントはないとのことでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月20日 10:09
    > mixiユーザー まあよっぽどの特集でないかぎり購入までは至らない雑誌ですね。それが今回来たという感じですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月20日 10:13
    > mixiユーザー 病院の雑誌引き上げられてますか、残念だけどしかたないですね。そういえばこのごろ銀行も雑誌置いてないなあ。まあとりあえず書店でごらんください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月20日 10:18
    > mixiユーザー 日記冒頭にあるように、この雑誌と東洋経済はふだんからある程度目を通しています。で、こういう特集になると飛びつくわけです。
    いまや株式会社ミクシィは4分の3がスマホゲームアプリ関連の収益で成り立っていますので、そちらへの取材アプローチです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年08月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最近の日記