ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧 > ブライアン・フェリー「ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール1974」を聴く

mixiユーザー(id:2399973)

2020年02月13日16:20

103 view

ブライアン・フェリー「ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール1974」を聴く

まさかこのライブを聴ける日がくるとは。ロキシーと並行してソロ活動を開始したブライアン・フェリーは、カバー曲中心のソロ作品「愚かなり、わが恋」「いつか、どこかで」をリリース。さらに一夜限りのライブをロイヤル・アルバート・ホールで敢行。1974年12月19日、バックはマンザネラ・ウエットン・ジョブソン・トンプソン等、マッケイ抜きのほぼロキシー。まずは曲目から、収録順。

・悪魔を憐れむ歌(ローリング・ストーンズ)
・忘れたいのに(パリス・シスターズ/モコ・ビーバー・オリーブ)★
・ベイビー・アイ・ドント・ケア(エルヴィス・プレスリー)★
・涙のバースディー・パーティー(レスリー・ゴーア)★
・ドント・ウォーリー・ベイビー(ビーチ・ボーイズ)★
・いつか、どこかで(フェリーのソロ・オリジナル楽曲)
・フィンガーポッピン(アイク&ティナ・ターナー)★
・トラック・オブ・マイ・ティアーズ(ミラクルズ)★
・ユー・ウォント・シー・ミー(ビートルズ)
・煙が目にしみる(プラターズ)
・激しい雨が降る(ボブ・ディラン)★
・リアリー・グッド・タイム(ロキシー・ミュージック楽曲)
・ジ・イン・クラウド(ラムゼイ・ルイス・トリオ)★
・愚かなり、わが恋(These Foolish Things〜ジャズ・スタンダード)★

そして今回未収録ながら、フェリーは2枚のソロで「ユー・アー・マイ・サンシャイン」や「ワンダフル・ワールド」★等も歌唱。どちらにしてもこれぞ究極のベタ。そしてロック史を知るかたならすぐおわかりのはず、この時期にこういう曲をカバーすることって、自作自演を旨とした当時のロックからもっとも遠くてカッコ悪い、まるで昭和歌謡の唄い手のような行為だったはずだ。

ところが当時の私にとっては、この2枚がロック/ソウル名曲への入門盤として大いに機能した。上記★印は、このカバーによって初めて知った曲。ぶっちゃけビートルズとストーンズと超スタンダード以外すべてということ、いまとなってはお里が知れたみたいでちょっとはずかしいが、この2作は極東の島国の中学生にとってのバイブル的存在だったのだ。

なので後年ミルトン・ナシメント公演で初めてロイヤル・アルバート・ホールを訪れたときも、ああ、かってここでフェリーが…としみじみ(ここで大相撲ロンドン場所が…もちょっぴりあり)。今回の音源、さすがにあまり音抜けは良くなくフェリーの歌声も相変わらず安定しないけど、伝説のライブCD化は、私にとって思いがけないプレゼントとなったのであります。
27 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月13日 17:30
    「愚かなり、わが恋」は「These Foolish Things」のことなんですね。
    言われてみれば納得ですが、邦題があったことをを初めて知りました。汗
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月13日 21:38
    40年以上前のライブがねえ・・・。LPレコードもなかったんですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月13日 22:22
    モコ・ビーバー・オリーブに反応。めっちゃ場違いの3人が何故に?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月14日 01:10
    > mixiユーザー 長年歌い継がているスタンダードだけあって、邦題もいくつかあるみたいです。英語の歌詞が韻を踏むということをこの曲で始めて知りました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月14日 01:12
    > mixiユーザー LPとしても出ていません。1回きりのライブなので、音源が存在しているとは思いもよりませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月14日 01:14
    > mixiユーザー いくつかのカバーがある曲ですが、あえて日本でなじみのある名前を付記しました。というか、この邦題がついたのは彼女たちのバージョン以降です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年02月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829