mixiユーザー(id:2399973)

2019年12月19日15:10

195 view

【2019年 今年の10本 日本映画】

ことしの日本映画、トップ3はすんなりときまって順位も鉄板固定。感覚的な作品と社会派が混在する4位以下はわりと流動的、もう一度ならべるとたぶん違う順位に。やっぱり現代社会に生きる等身大の人間模様を描いた作品が一番興味深く、あとはスクリーンからあふれ出るみずみずしさみたいなものを尊重したいかな。このスタンスはここ何年も同じ。

1.アイネクライネナハトムジーク
2.さよならくちびる
3.宮本から君へ
4.新聞記者
5.夕陽のあと
6.チワワちゃん
7.解放区
8.ウィーアーリトルゾンビーズ
9.i新聞記者ドキュメント
10.岬の兄妹

次点は順不同で「半世界」「愛がなんだ」「町田くんの世界」「よこがお」「火口のふたり」「ひとよ」「カツベン!」等。

主演男優賞=成田凌 「さよならくちびる」「愛がなんだ」「チワワちゃん」「カツベン!」
主演女優賞=門脇麦 「さよならくちびる」「チワワちゃん」
助演男優賞=松坂桃李 「新聞記者」「蜜蜂と遠雷」
助演女優賞=桜井ユキ 「マチネの終わりに」
新人賞=古舘佑太郎 「いちごの唄」

いくつかの映画賞では、成田凌は助演男優として評価されていて、松坂桃李と入れ替えても別に構わないのだけれど、春先の時点でことしは彼の年になるだろうと確信したのであえて主演に。桜井ユキ、後半見事に物語をひっくり返すこれぞ助演、サリー・ホーキンスに初めて出会ったときのような印象。古舘佑太郎は親譲りのウザいキャラ作りが見事。

10本選ぶのにけっこう苦労した外国映画にくらべると、実に楽しかった日本映画選出。公開当時、これはたぶんことしのトップ10入りやなと思った作品が最終的にはトップ20にも入らなかったり。あくまで個人的基準ながら、それだけことしは層が厚かった、豊作だったということでしょうか。来年もまた多くの傑作との出会いに期待!


32 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月19日 20:57
     トップの『アイネクライネナハトムジーク』からは誰も入っていないというのは面白いですね(^^♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月19日 22:03
    完成度では「ひとよ」がNo.1ですが、愛おしさでは「宮本から君へ」がNo.1です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月20日 00:39
    > mixiユーザー 「解放区」、貴評論拝読しました。まあ西成という土地を実際どれだけ知るかで、印象は様々に変わってくるでしょうね。東住吉生まれ育ち阿倍野在住の私はたぶん中途半端な距離感で。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月20日 00:41
    > mixiユーザー それは鋭い指摘です。この作品はいわゆる群像劇で、突出した存在がいないぶん登場人物すべてが魅力的でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月20日 00:44
    > mixiユーザー なるほど。どちらもスクリーンから受ける圧力みたいなものが凄かったですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031