ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧 > 「国家が破産する日」〜対岸の火事・他山の石

mixiユーザー(id:2399973)

2019年11月10日13:30

92 view

「国家が破産する日」〜対岸の火事・他山の石

1997年に韓国で起きた通貨危機を真正面からとらえた骨太の社会派ドラマ。この現代韓国史に残る大激震を、韓国銀行の通貨政策チーム・経営コンサルタント・町工場経営者の3つの視点から描いていく。いちおうフィクションとされているが破たんした大企業の名称などはすべて実名で登場。IMF理事に扮するのが、なんとフランスの個性派俳優ヴァンサン・カッセル。

ドキュメンタリータッチで進められるツカミの部分では、いやがうえでも日本のバブル崩壊を想起してしまう。そしてそれ以上のシリアスな事が隣の国には起きたのだとわかると、だんだんと重苦しい気持ちになってくる。事実がゆえにごまかしが効かず、そのぶんリアルに徹していて、美人ながら色気も艶もないヒロイン(キム・ヘス)のふるまいにもそれを感じたりする。

通貨政策チームと財務局の丁々発止のやりとりなど、韓国経済・金融関連の知識に長けていたほうがより楽しめるとは思うけど、「マネー・ショート」等、ハリウッド製でたまに公開されるその手の作品ほど観る側が置いてきぼりを食うこともない。むしろ同じ東アジア人としての近しさを感じることのほうが多かった。おカネにまつわる良きことも悪しきこともふくめて。

そう、ネタバレになるからあまりツッコメないけど、“世の中カネがすべてではなく、もっと大切なものもある”という視点がこの作品にはほとんど存在しない。せいぜい町工場経営者の妻の心情描写ぐらいか。あくまでもリアルに徹していて、ある意味そのスタンスは潔いのかもしれないけど、ふつうならわずかでも盛り込もうとするのでは。そこがちょっと気になりました。

【あまり関係ない話。当時の韓国でこの通貨危機脱出に貢献した中心世代を“386(サムパルユッ)と言って、30代・80年代に大学を卒業・60年代生まれ世代を指す流行語でした。当時私はまさに386、よく韓国のひとたち相手に「私は386世代です」と言ってウケてました】
24 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月10日 13:50
    わたしも見ようと思ってる映画です。あの通貨危機冴え映画のネタにしてしまうとは、韓国の映画人はタフだよなあ、と予告を見ながら思わされました。
    ちなみにわたしもまさに韓国でいうところの「386世代」、ただ、日本でこの世代は、団塊の政治闘争の少し後とと言うこともあり、政治的無関心層が多い世代であるのが、韓国と対照的です。
    むしろ日本の団塊世代が韓国の「386世代」のメンタリティーに近いような気がします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月10日 14:45
     あの通貨危機が韓国に与えた影響は筆舌には尽くしがたいものがあったようですね。
     うろ覚えの知識で申しわけないのですが、何しろ外貨というものがほとんど稼げなくなったので、あの通貨危機が韓国の芸能界が国際的に進出する契機になったというようなことを聞いたことがあります。
     芸能界の国際進出というと派手に稼いでいるかのようなイメージがありますが、外貨獲得の目立った手段があれくらいしかなかったとなると、いわゆる韓流ブームも、その語感とは裏腹に切実なニーズに基づくものだったのだなぁと感じます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月11日 14:37
    経済映画とは変わってますね。政治の映画は多いですが・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月12日 01:25
    > mixiユーザー こういう作品や欧米の近過去実録ものを観ると、日本で同様の作品を制作するはなかなか難しいなあと思ってしまいます。おそらく当時の中心団体・人物による作品への介入がいろいろあるのではと。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月12日 01:31
    > mixiユーザー おっしゃるとおり、通貨危機なくして韓国エンタメ世界進出はなかったでしょうね。90年代に国費で多くの若手映画人をハリウッドに送り込んで勉強させ、それが2000年代になり優れた作品をいくつも生み出したことにつながりますし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月12日 01:32
    > mixiユーザー 日本ではなかなかここまでリアルに描けないと思います。スポンサーがらみの厄介事がすぐ顔を出してきますし。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する