ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧 > 東京行きはボツでも液晶テレビがある

mixiユーザー(id:2399973)

2018年11月12日16:30

174 view

東京行きはボツでも液晶テレビがある

本当ならちょうどいまごろは、今夜渋谷で観るスティーヴ・ハーレイ公演への期待に胸をふくらませながら、東京の街をぶらぶらとうろついていたはず。いや、ぶらぶらうろつくなんていうのは真っ赤なウソ、そのライブ以外にもけっこう綿密にいろいろとスケジュールをきめていたもんだから、とにかく今回の来日延期は残念なことこのうえなし。

そして昨夜は東京ドームで日米野球を観戦する予定だった。発売即購入したチケットは転売サイトにUP、定価以下の設定でも結局買い手はつかず紙切れに。自分が座るはずだったあたりがテレビに映るたびに、ああ本当ならあそこにいたんやけどなあ、と悔しい思い(けっこう周囲にも空席あり)。岩貞のメジャー3三振斬りをナマで見れず、なんてのはどうでもいいけれど。

そう、テレビを買いかえて初めての週末だったこの土日、以前であればそんな日々はずっとテレビにかじりついていたのに…。我が家に初めてカラーテレビがやってきた日は、週末かどうかは忘れてしまったけどよく記憶している。たしかあのときも場所中、初めて光を放ったブラウン管は相撲中継を映しだし、力士の肌つやや化粧回しがとても美しく思えたことを覚えている。

世間ではとっくに薄型テレビが浸透、さほど目新しいことではないけれど、それでも日常的な空間に新奇なものがやってくると嬉しく(まあゴロ寝したときの視野が変わっただけですが)、競馬=大相撲=プロ野球という日曜日午後からの黄金3本立てを、くっきりとした画面で存分に堪能。ちょっとは東京行き中止の悔しさが紛れたかも、なんて思っています。
26 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年11月12日 21:18
     私も、子どもの頃、家にカラーテレビが来た日のことは覚えています。最初に映ったのは何かのドラマだったと思いますが、当時のテレビドラマ等で頻繁に目にしていた【カラー】の表示を、初めて嫌みを感じずに見られたことを覚えています(笑)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年11月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930