ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧 > 「ファントム・スレッド」〜存在のはかりしれない重さ

mixiユーザー(id:2399973)

2018年05月26日14:30

94 view

「ファントム・スレッド」〜存在のはかりしれない重さ

主人公レイノルズを演じたダニエル・デイ=ルイスが、今作をもって俳優業から引退すると宣言、オスカー主演男優賞ノミネートも重なって話題となっている一作。孤高の存在を演じるや現代随一の男優、月並みな感想ながらこれで幕引きだとは実にもったいない話。男61歳にして放つその色気は、今作でも失礼ながら共演の女優陣のそれをはるかに上回っていたような。

1950年代のロンドン、秀でたデザイナーとしてオートクチュール界で活躍するレイノルズは、ある日旅先でウエイトレスとして働く若い女性アルマと出会う。自身のアトリエのスタッフとして彼女を採用するもやがてふたりの距離は…。いわゆるシンプルなシンデレラ&年の差ラブ・ストーリーと思わせつつ、そこにはさまざまな心理的からみあいが重なっていく。

ほとんどがアトリエ内でのさほど起伏のない物語、観る側は多少の想像力を駆使しながら、ふたりの心理状態を淡々と追って行くことになる。しかし息づかいまで感じそうになるほど対象に接近し、ささいな表情の変化を映しだすカメラワーク、ちょっとしたセリフのワンフレーズ、さらに美しくも心地よい音楽などに作品全体が彩られ、退屈することはまったくない。

レイノルズの指先が、肌着一枚になった女性の身体に触れるか触れないかの距離まで接近して採寸を繰り返し、カメラはそれをねっとりと追っていく…この官能美こそが最大の見どころかも。カジュアルなアメリカ文化に侵食される直前の、伝統と品位を保ち続ける英国文化も美しい。繰り返すけどダニエル・デイ=ルイス、これで最後とは実にもったいない話ですね。
19 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月26日 16:54
    オートクチュール専門のハウスの繊細な仕事、格調高い音楽など、うっとりするような場面の連続。ふたりの心理的な力関係の変化というか、ある種の依存関係が面白かったですね。狂気ばしった愛の形は英国文学の系譜でもあって、意外と違和感はありませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月28日 22:18
    > mixiユーザー お返しコメント遅くなってすいません。
    ヒロインが超美人ではなく、いかにも英国的なイモっぽさを垣間見せる女性、一般的なシンデレラストーリーであればラストあたりには美しく変貌するのがふつうなのですが、今回は最後までさほど変わらなかったという(笑)、ここに妙なリアリティを感じました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する