ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧 > ヤングマン、さあ立ち上がれよ

mixiユーザー(id:2399973)

2018年05月17日14:30

254 view

ヤングマン、さあ立ち上がれよ

初めて買った「平凡」の表紙が西城秀樹だった。女性歌手のほうは忘れてしまったけど。新御三家のうちで誰が一番好きかと聞かれたら、西城秀樹と答えていた時期があった、それはもちろん小学生のころ、そういえば平凡付録、彼の長い足がさらに長く見える縦長ポスターを部屋に貼ってたっけ。まあ裏面が森昌子で、それだったらヒデキのほうが…ぐらいの気持ちだけど。

なので“カッコいい兄ちゃん”ぐらいの距離感、青春歌謡を歌っていた初期のころの彼に一番親しみを抱いていたような。ジュリーの後を追うかのようにショーアップされドラマティックな歌を歌っていた時期にはもう距離を感じていたし、やがて海外のヒット曲の日本語カバーを重ねていたころになると、イージーな引用ばかりしやがってみたいな気持ちになっていた。

なので彼の楽曲マイ・ベスト5となるとこんな感じになります。

1.青春に賭けよう
2.激しい恋
3.薔薇の鎖
4.情熱の嵐
5.眠れぬ夜

1.はまさに「平凡ソング」片手によく口ずさんでました。5.のメロディラインの美しさは彼によって世間一般に知れ渡ったようなもの。

“ヒデキ、還暦!”からわずか3年、同世代の歌い手はまだまだ現役感バリバリで活躍しているというのに。2度の脳梗塞からのリハビリも順調だった聞いていたんだけど。車イスのままでもいいから「ヤングマン」を熱唱するすがたをもう一度見たかった。そう、熱唱という言葉が彼にはもっともふさわしいと思います。謹んでお悔やみ申し上げます。R.I.P.

30 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月17日 14:44
    やっぱり「青春に賭けよう」ですよね!そして「薔薇の鎖」。
    こういう同世代の方と懐かしさで盛り上がるきっかけが彼の訃報だというのはあまりにも悲しいことです...
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月17日 16:21
    既に自分も呟きましたが、携帯にニュースがあがった時、訃報にびっくりしました。速水さんのベスト5の1と3はまさにカラオケでよく歌う曲ですわ。でもオンタイムで絶対聴いてる同じ年代の人は、ほとんど忘れてるのか反応ないのが残念。先に逝った早乙女愛と天国で「愛と誠」を演じてるかもしれませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月17日 19:08
    「眠れぬ夜」って小田和正の曲なんですね! https://youtu.be/B_BJ3sbaABM

    さっきからヒデキのヒット曲を聴いていますが、
    「傷だらけのローラ」とか今更ながら上手いなぁと。
    呼ぶたび表情を変える「ローラ!」の色気は、10代と思えない。
    思えば、今は彼のような絶唱ができる若手歌手はいないですね。

    寂しいです。ヒデキのご冥福を心からお祈りします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月17日 21:22
    先日また例の(スズメの子事件の)先輩とカラオケに行って『傷だらけのローラ』を聞かされた(笑)ところでした。
    私は『薔薇の鎖』しか歌ったことないし、レコードも『愛の園』しか持ってませんし、小中学時代は男性アイドルには興味なかったのですが、生まれ変わるんやったら西城秀樹みたいな男がええな〜とか思ってましたわ。
    朝ドラ「つばさ」以来テレビで見かけなくなってずっと心の何処かで心配していた最中でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月17日 22:13
     新御三家の中で、一番エネルギッシュな歌い方をされていただけに、脳梗塞は本当にイタかったですね。あの病気は、発症箇所、医療的処置の速さ等で、予後が全然違いますが、かなり運にも恵まれていなかったように見受けられます。
     それでも、あきらめずに現役にこだわり続けた姿には、同じ病気になった自分も、どこかで刺激を受けていたような気がします。なんで自分が…と思いがちな発症後間もない頃には、自分だけじゃないんだ、と思えるだけでも、少しばかり慰められるものです。
     もっとも、これでは、まるで他人の不幸を自分の励みにしているかのようですが、そうではなく、同じ病気、それも自分よりもずっと重い症状の人でも頑張っているその姿には救われるものがあったということです。
     私の好きな海外ドラマ『アボンリーへの道』の中に出てくる言葉に、「人生で大切なことは、何をしたかではなく、どう生きたかだ」というものがあるのですが、秀樹さんの生き方は、久しぶりにこの言葉を思い出させてくれました。R.I.P.
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月18日 11:19
    野口五郎さんが好きでしたが、いままで親友だったからショックが激しいでしょうね。子供さんも小学生くらいでしょうか、

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する