mixiユーザー(id:2399973)

2016年12月09日15:45

308 view

追悼する年の瀬 2016

なんだか著名人の訃報を聞くために日々すごしているかように思えてくるきょうこのごろ。そして毎年のように“ことしほど多くの著名人が天に召された年はない”と感じていることも事実。残念ながらこういう気持ちはたぶん来年以降も続くのだろう。ことし2016年も数多くのかたがあの世に旅立たれた。そこでことしもまた、その訃報に接したとき一日あるいはそれ以上の回数を費やして、その思いを日記にしたためた故人を調べてみた。

デヴィッド・ボウイ (1月)
プリンス (4月)
千代の富士 (7月)
りりィ (11月)

去年のいまごろは、こんなことを書くなんて思ってもみなかった存在ばかりだ。ボウイに関しては翌月に出る新譜を心待ちにしていたころだし、プリンスには逆に出たばかりの新譜にたいして好き勝手なことばかりほざいてた。千代の富士はもう理事長の座は遠のいたかなあ、あとは弟子育成かなんてことを思ってたし、りりィのライブには一度お邪魔しないととずっと考えていたし…(ちなみに昨年は貴ノ浪・花紀京・中村勝広・北の湖のことを日記に書いていた)。

そして年の瀬というものは、なぜか訃報を耳にすることが多いように思えるのも毎年のこと。まあこれは自分自身が若かったころの、ジョン・レノンと田宮二郎のそれがあまりにも衝撃だったので、強い刷りこみが残っているのかもしれない。あと身内・親族でいうと、このところ毎年のように両親あるいは叔父叔母の世代のどなたかが亡くなっている。まあひとというものは、こういうふうに年を重ねていくものなのか、などというとカッコよくまとめすぎかもしれないけど。

29 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月09日 18:52
     そう云えば、hayamiさんが12月6日の【今日の70’s】で取り上げておられた恐怖の頭脳改革(Brain Salad Surgery)を発表したエマーソン・レイク&パーマーのグレッグ・レイクも、その翌日亡くなりましたね。
     本当に、今年は、まさか、あの人が、と思う訃報が多いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月09日 21:02
    学生時代に熱狂したロックアーティストが消えていきます。涙
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月10日 00:46
    > mixiユーザー プリンスの急逝は【今日の80’s】で「パープル・レイン」をとりあげた夜の、日付変わった明け方だったので本当にびっくりしました。
    まあ単なる偶然だけど、ちょっとコワいものがありますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月10日 00:49
    > mixiユーザー 我々とミュージシャン、お互いの年齢のことを考えるとしかたないことなんですが、それでも彼らの若いころを知っているだけにつらくて、政治家や実業家の逝去などとはまったくの別モンですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年12月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の日記

もっと見る