mixiユーザー(id:2399973)

2016年12月06日16:30

163 view

クリスマス・ソングあれこれ

◎こないだの日曜日、山下達郎の「サンデー・ソングブック」を聴いていたら、いきなり1曲目に「クリスマス・イブ」。達郎氏は「ことし一発目の…」という枕詞のあと曲タイトルをコール〜そしてイントロが流れる〜この瞬間がめちゃくちゃカッコよかった。クリスマスが近づくといやというほど流れる国民的ソングだけど、私にとってもことしこの曲を耳にするのは一発目。それを歌唱ご本人の言葉のあとに聴く…これだけでいい年末を過ごせそうな気がしてくるから不思議なものだ。

◎ここ数年クリスマス・ソングといえば「ディス・クリスマス」ばかりが気になってしまう。もちろんダニー・ハサウェイ1970年の名曲。以前はそれほど街に流れていなかったと思うんだけど、いまはこの時期ふつうにお店とかで聞こえてきます。もちろん多くのシンガーがカバーしているのは知っているけど、誰か若手の歌手がリバイバル・ヒットさせて人気が復興したのか、それともオリジナルが映画のサントラにでも使われたのか。

◎そしてことしのクリスマスといえばやっぱりこの曲がしみじみと。ボウイとクリスマスということになると、ついつい“戦場の…”と言いたくなってくるけど、クロスビー逝去の数週間前に録音されたこの曲、ボウイの側から見れば「ロウ」と「ヒーローズ」のあいだ。“たぶんいまごろ天国でデュエットしてることでしょう”なんてベタな表現をしてしまいそうだけど、実際去年のいまごろはまさかそんなことを書くことになるとは夢にも思わなかったしなあ。
32 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月06日 17:10
    サンデー・ソング・ブック大好きですが・・・・
    選曲がマニアック過ぎ♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月06日 20:42
     以前は、クラシックの世界でも、クリスマス・シーズンに合わせてアルバムがリリースされるということが行われていて、エリック・カンゼルとか、ジョン・コステラネッツとか、ユージン・オーマンディとかの、この分野の達人みたいな指揮者がいたものでした。ところが、いつの頃からか、行われないようになり、これらの人々には、どことなく居心地の悪い世界になってしまいました。
     消費者の志向が、通俗的なポピュラー名曲から、大曲に移ったことが大きな原因なのでしょう。これは、クラシック、それもご立派な大曲でなければ音楽じゃないといった、お高くとまった一部のクラシック・ファンの志向が何となく感じられてしまう現象で、昔が懐かしくなってしまいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月07日 01:40
    > mixiユーザー たしかにマニアックですね。まあ番組で読まれるメールの内容などを聞いていると、あのレベルでも手ごたえのあるひとがけっこういるんでしょう。
    (部屋に流すだけでなく)意識的に聴く数少ないラジオ番組のひとつです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月07日 01:43
    > mixiユーザー はあ〜そういう部分に特化した指揮者っていたんですか。それは知りませんでした。たしかずっと以前はセミ・クラシックという言葉があったはずですが、それとは関係ありやなしやと思ったりします。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年12月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の日記