mixiユーザー(id:2399973)

2016年12月03日15:30

283 view

路面電車ルネッサンス

■線路に芝生、ナニワの新名所に? 大阪・阪堺電車
(朝日新聞デジタル - 12月01日 20:40)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4321622

もし昭和の世にもどることができて、あべの界隈のひとたちに「21世紀に入ってしばらくしたら、このチンチン電車が見直されて、せまくるしい天王寺駅前の駅舎&ホームもすっかりキレイに新築される!」なんてこと言っても、おそらく誰も信じてくれないだろう。まさに“いまアメリカの大統領はドナルド・トランプ”に匹敵する大ボラとされてしまうことまちがいなし。

あべの圏で生まれ育ったかたにはご理解いただけると思うけど、これはけっしておおげさではない話。路面電車なんて交通マヒを生む諸悪の根源みたいに言われていたのは、昭和の時代に生まれたかたなら誰にも記憶にあるはず。この阪堺電車・上町線もあべの再開発のあおりを食って、天王寺駅前=阿倍野のひと駅間が廃線になる直前だったみたい。

とにもかくにもあべの筋は道幅がグッと広くなり、チンチン電車はど真ん中を堂々と走ることになりました。おとといには記念式典もあり大阪市長がお越しになられたとか。そういえば数日前から、ハルカス下からキューズモール前に渡る横断歩道周辺に“撮り鉄”というのかカメラ小僧が何人もウロウロしていたなと。まあ彼らなりの撮影ポイントみたいなものがあるんでしょう。

そして今回は関西初の芝生軌道というのがウリみたいだけど、これって見た目の優しさ、景観に配慮したこと以外に何かメリットがあるのだろうか。たしか路面電車が発達したドイツの街なんかでは同じようになってたと思うけど。もちろん殺風景な軌道よりはずっといいんだけど、思わずその上を歩いたりして危ないことにならないかという老婆心もややあり。


26 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月03日 16:36
    偶然ですが今、関川夏央さんという方の鉄道エッセイを読んでいるところなのですが、
    都電荒川線に乗車された項で、ことのほか年配の方が多く乗り込んでられるのに驚かれたと。
    著者の推測では、地下鉄や高架鉄道に比べると登り下りしなくてもいいし、駅自体も解りやすい。すごく「優しい」交通機関なんですね。
    これは他にもたくさん本が出て指摘されてますが、路面電車は街を活性化してくれるのです。
    車両の乗り降りに負担のかからない、しかも見た目がモダンでカッコいい新型の低床車も各地の鉄道会社で続々導入されてます。

    「市電が交通渋滞の原因」と言われたのも濡れ衣も甚だしく、要するに両者が共存できるような交通法規が出来てなかっただけだと思います。米国などは自動車メーカーの圧力で潰されたと言われる路面電車が復活しつつありますし。

    線路の芝生も契機のひとつになってもっと見直されてほしいですね。 経営面でいろいろ大変らしいですが頑張ってほしいです。
    阪堺電車は自分もたまに乗りますが、やっぱりいいものだと思いますよ表情(嬉しい)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月03日 18:38
     チンチン電車はどう見ても電車なんですが、法律上は一般の鉄道とは扱われていないらしいですね。 
     一般の鉄道は鉄道事業法の管轄下にあるのですが、路面電車は軌道法の管轄下にあるのです。そのうえ、道路交通法は、チンチン電車のことを「レールにより運転する車」などとわざわざ奇妙な定義をしています。
     まぁ、レールの上を自動車が通ってもよかったりするので、一般の鉄道とは別扱いする必要があるのでしょうね。
     
     ところで、なんと路面電車の日というのがあるんですね。6月10日だそうです。
     でも、この日は三日前にチンチン電車に轢かれた建築家のガウディが命を落とした命日なので、どうしてこんな日をわざわざ路面電車の日に定めたのか、甚だ疑問です。
     調べてみたら、1995年に広島市で開かれた第2回路面電車サミット(←こんなサミットがあったんですね)で決まったことらしいのですが、その理由というのが、6=ろ(路面)、10=英語でテン(電車)という(いささか苦しい上、つまらない)語呂合わせによるのだそうです。 その程度の軽いノリなら、何もガウディの命日を選ばなくてもよさそうなものですが(もっとも、よりによってチンチン電車に轢かれたガウディも相当うっかりしていたとも言えそうですが)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月03日 23:32
    ほんと、見た目には、立派になりましたね。 ただし阪堺電軌が起点となる阿部野橋の付近だけです。南の方に乗っていくと、次第に道がせまくなり、ついには路面電車でなくなります。 これがほんとの竜頭蛇尾? 阿部野橋駅が立派になったからと言って、赤字が解消されるわけでもないのでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月04日 09:52
    南海電鉄の傘下にあった頃、私の父は運転士をしておりました。
    主に(今は無き)平野線を担当していましたが、頻繁に天王寺へ乗り入れる車両に乗務していました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月04日 14:05
    > mixiユーザー そういえば日本の高度成長期にはあらゆる分野において“共存”という意識があまりなかったように思いますね。
    たしか70年万博の開催も視野に入れていた60年代初頭のある日、大阪市内の幹線道路が一斉に大渋滞〜交通マヒを引き起こし、その主犯格として市電と市バスがでっちあげられ、地下鉄路線拡大と市電全面廃止が促されることになったのだと記憶してます。

    堺市内を東西にトラムが走る計画が中止になったのは残念ですね。まあ政治的な匂いも多分に感じられる決定ですが、シャープの工場撤退なんかも関係しているのではないかと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月04日 14:16
    > mixiユーザー 路面電車に轢かれて…ということではスタルヒンを思いだしました(笑)。
    あと誰だったか忘れましたが、昭和の芸人あるいは役者も路面電車がらみで事故をおこしていたように思います。まあ言ってみればそれだけ日々の生活に近いところに路面電車があったということですね。
    さらに野球がらみでは大リーグ・ドジャースのチーム名の由来が、球団創設時の地元ブルックリンの路面電車をよける(Dodge)から来ていますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月04日 14:21
    > mixiユーザー あの松虫駅手前の、軌道が路面から普通の線路に変わるところは撮り鉄にとって格好の撮影ポイントらしく、南から北に向かってカメラを構えると車両のバックにちょうどうまくハルカスが入るアングルになるので、ふだんからけっこうカメラをかかえたひとのすがたを見かけますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月04日 14:25
    > mixiユーザー そうだったんですか!それは衝撃の事実です。
    ずっと針中野で育った私は、あべのへ行くのに駒川町=天王寺駅前間をよく利用していました。お父上にもけっこうお世話になったはずです。
    中野=西平野間で線路に置き石をしたことは、もう時効ということでお許しください(笑)。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年12月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の日記