mixiユーザー(id:2399973)

2016年07月30日15:15

300 view

【真夏の名作再訪 1】 地球に落ちて来た男(1976)

40年前は道頓堀の「浪花座」で観た。パンフレットもしっかり買った。ただ高校生になったばかりの男子にはちょっと荷が重かった。物語中盤からは眠気との戦いをくりかえし、同行の友人は途中からグーグー寝ていた。映画そのものが難解でやっかいだったわけだけど、企業買収がどうとか株価がどうとかいうこともさっぱりわからなかったわけです。

だからといってわからない部分は、40年の月日を経てこちらが大人になったところでさっぱりわからない。今回観たのは139分の完全版ということだけど、ニコラス・ローグ監督が思いつくまま撮ったような感じをあたえる各シーンを、ランダムにつないでいくような作品全体のギクシャクした感触は、長尺になってさらに増幅したように思える。

40年間寝かせておくということは、登場人物のファッションや大道具・小道具の色彩、ツトム・ヤマシタの音楽等、ちょうどいまこの21世紀の時代にカッコよく映ってしまうレトロ・フューチャー感覚がそこかしこにあふれてしまうということです。まあいまタランティーノ監督なんかが確信犯的に多用する、ズーム機能などはやっぱり古くさく思ってしまいますが。

ことボウイに関していうと、宇宙人の役を演じるにはもっともふさわしい時期がこのときだったような。ジギーのころよりはずっとエキセントリックな雰囲気があるし(薬物依存のピークだったということもあるけど)、ごくごくふつうのプリントシャツを着たボウイが醸し出す妖気にくらべれば、「戦メリ」の彼などはとても健康的に見えてしかたないというところです。
24 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月30日 17:02
     レトロ・フューチャー感覚というのとはちょっと違うのかもしれないけど、以前、再放送されていた実写版の昔のSF番組を見たハイティーンのマイミクさんが、「最新メカと呼ばれる機械に古さを感じる」とコメントしてたのが笑えましたわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月30日 18:12
    ステステ、ロウのジャケットはこの映画からですね〜♫
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月31日 01:24
    > mixiユーザー 時代によって未来的感覚というのが変わってくるのが面白いですね。「バック・トゥ・ザ・フューチャーPartII」を再び観たばかりなんですが、そこで描かれている未来と実際の2015年との相違うんぬんより、そこにはやはり1980年代的色彩がちりばめられていたことが面白かったですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月31日 01:24
    > mixiユーザー その場面が出てくると、やっぱりニヤリとしてしまいました(笑)。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年07月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

最近の日記